吉本の給料(ギャラ)が異常に安い理由は多すぎる芸人の数だった!設備投資ももう一つの理由?

吉本 給料 安い 理由

スポンサーリンク
 

お笑い界のドンとも言える吉本興業。

今やダウンタウンや明石家さんまなど、数多くの大御所を抱えるモンスター事務所。

しかし、そんな吉本興業で噂されていること。
それは、「給料(ギャラ)がめちゃくちゃ安い」ということです。

特に、若手芸人対する給料はほぼ無給に近い状態。
そんな吉本ですが、では一体吉本はなぜそんなに給料(ギャラ)が安いのでしょうか?

今回は、そんな吉本の給料(ギャラ)が安い理由。
こちらについてお伝えしていきたいと思います。

吉本の社長・岡本昭彦の経歴は?ヘタレマネージャーからパワハラ社長に大変貌・・・

2019.07.20

宮迫博之のフライデー画像と内容まとめ!金塊強盗事件の犯人と親交が暴露される!

2019.07.19

スポンサーリンク

ギャラの取り分は「1対9」と言われる。
法外に安い吉本興業のギャラ

 

ギャラは1ライブ50円という破格の給料

こちらは、吉本所属のキートンさんが過去にツイッターで発言した内容。
なんと「1ライブのギャラが50円」とのこと(笑)

もはや無給・・・

事務所に所属してるけど、月収1000円以下って芸人も沢山いるみたいです。
しかし、これは吉本では当たり前のようで・・・

多くのタレント事務所の給料(ギャラ)の取り分は4:6、または5:5。

そんな事務所が多いと言われる中、吉本ギャラの取り分は破格の「1対9」
もはやヤクザレベルの搾取のしようです….笑

 

そこそこ売れてもその取り分は変わらない


しかし、このギャラの安さは無名の芸人だけではありません。

そこそこテレビで活躍している売れっ子と呼ばれる芸人たちも同じように「9:1」

ある程度売れっ子になればそのギャラが上がるのは分かります。
しかし、いつもテレビで見ているこんな人まで?

と言うような人たちまで「9:1」の取り分で行っているということです。

「比較的、売れている若手、例えば、ゆりやんレトリィバァ(27)や、銀シャリ(鰻和博[34]/橋本直[37])、和牛(水田信二[38]/川西賢志郎[34])といったレベルですと、バラエティのロケ収録で、だいたい10万円です。1割の取り分は本当の話ですから、芸人側は1万円で、銀シャリや和牛だと2人で割るでしょうから5000円ということになります」

https://www.dailyshincho.jpより引用

過去にある番組でFUJIWARAの藤本さんの妻である木下優樹菜さん。
「給料明細を見てあまりの少なさにそっと抱きしめた」そんな逸話があるぐらいですw

というよりも中途半端に売れるほうがキツイ吉本のシステム

吉本 給料 安い なぜ

吉本の現在の給料体系では、全く売れていないよりむしろ「中途半端に売れるほうがキツイ」
という現状。

中途半端に売れてしまうことで、手取りわずかな仕事にたくさん時間を取られてしまうことになります。そして、それはアルバイトができないことを意味します。

もちろん、芸を磨くという意味では良いかもしれませんが…..
肝心の生活を成り立たせることが非常に難しくなります。

だからころ、吉本の芸人は中途半端に売れだしてからがある意味勝負なのです。

「一番大変なのが、劇場で人気が出て、ちょこちょこテレビに出るようになった若手芸人。まだギャラはそこまで高くもないのに、毎月かなりの額がギャラから引かれ、アルバイトする時間もない。

そうすると、短時間で稼げる直営業しか方法がなくなるんです。吉本が直営業を奨励しているわけではないけれど、そうせざるを得ない状況に追い込んでいるという実態はある」(前出・中堅芸人)

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65381?page=4より引用

吉本の給料(ギャラ) 安い理由2つの理由

さて、そんな破格の給料(ギャラ)安さの吉本。
一体なぜ?そんなに給料(ギャラ)が安いのでしょうか?

その2つの理由をお伝えしましょう。

吉本の給料(ギャラ) 安い理由①芸人の数が多すぎる

吉本 給料 安い 理由
吉本の給料(ギャラ) 安い理由。

その決定的な理由は「芸人の人数が多さ」
これが最も直接的な理由でしょう。

吉本に所属しているタレントの人数は約6000人とも言われています。
もちろん、その中でもお笑い以外のタレントもいますが、その8割方はお笑い芸人。そんな状態です。

そういうことから、吉本興業のタレントはほとんどは研修生のようなもので、また、人数が多いとそれだけ維持費とかも掛かります。

だからこそ、そんなに高いギャラを最初から出すことができずに、給料が上がるようになるには非常に慎重になってしまうのでしょう。

それがあの異常な給料設定(ギャラ)に繋がっているのだと思います。

吉本 給料 安い 理由

一旦ギャラを上げてしまうと、下げるのは難しいです。
ただでさえ、芸人という浮き沈みの激しい職業。

給料で赤字にするわけには、行かないので、充分収入を得た人にしか給料は出しません。
吉本は給料から芸人の厳しさを教えてるのでしょう。

また、吉本がこのような取り分にしているもう一つの理由として積極的にいろんなところに「投資」しているから、芸人から多くその取り分をもらわざるを得ない。

そういった理由もあります。その具体的な理由がこちらです。

吉本の給料(ギャラ) 安い理由②お笑い文化を広めるための設備投資

吉本 給料 安い 理由
そもそも、吉本がここまで多くの芸人を抱え込める理由。
それは腕を磨く機会を与えられる吉本独自が持っている充実した環境にあります。

吉本は大阪、京都、東京、沖縄など各地に劇場を持っており、全国各地でその活躍の機会が与えられます。

そうすることで、全国各地に吉本芸人の知名度を広げたり、その土地でのお笑い文化の普及に一役買っているのです。

また、テレビ番組というのはテレビ局が作ったり、その下請けの制作会社が作ったりしています。

しかし、吉本はテレビ局の株式も保有しているため番組制作にも携わっており、吉本制作の番組というものが存在したりもします。

吉本 給料 安い 理由

つまり、事務所がリスクを冒して「お笑い文化の普及」のために劇場経営や番組制作をしている分、それに事務所の運営や人件費で消えるので芸人の配当は少なくなるという訳です。

業界の雄であるが故の責任と言えましょうか。

所属タレントよりもお笑い業界の発展に尽力している。
そのために所属芸人にはある程度「安いギャラ」という犠牲を払ってもらう。

それが故のギャラの安さなのでしょうね。

ただし!古い企業体質感は否めない

中村倫也 恋愛観

これは決定的な理由ではないですが、吉本だけが「旧態依然」
の古い企業体質であることは否めません。

上の二つは目に見える給料が少ない理由ではあります。
しかし、その裏には「芸人は売れてない下積みは貧乏であるべき」

そんな昔からの古いしきたりだけで異常に安い給料がまかり通ってしまっていること。

そんな業界大手がゆえの悪しき慣習であることは否定できないでしょう。

また、このご時世に契約を交わさない」
という企業としてなあなあな関係を芸人と結んでいるという点など・・・

「芸能界が特殊な世界だから」
という理屈はもはや現代社会では通用しなくなってきています。

吉本の社長・岡本昭彦の経歴は?ヘタレマネージャーからパワハラ社長に大変貌・・・

2019.07.20

安い給料(ギャラ)でも吉本にみんなが入りたがる理由

しかし、ここで疑問に思うのが
「なぜ?ここまで生活できないほどの給料なのにみんな吉本に入りたがるの?」
ということでしょうか?

しかし、吉本にはそんな薄給に我慢できるほどのメリットが盛りだくさんなのです。
その吉本に入ることで得られるメリットをご紹介しましょう。

他のお笑い事務所と圧倒的に違う「チャンスの数」が違う吉本

吉本 給料 安い 理由

吉本が自前の劇場を持っていたり、テレビ番組の制作をしている。

それらは裏返すと、「吉本に所属して入ることで圧倒的なチャンスに恵まれる」
ということなのです。

吉本興業自身が製作会社を持って、さらに吉本制作の番組を作る場合、当たり前ですがその出演者というのは、吉本所属の芸人で固めるのが通常の流れでしょう。

その番組のメインには吉本芸人が使われ、さらにはその周りも吉本芸人で固められる。
そんな輪の中に入ることができるのです。

吉本 給料 安い 理由

「吉本なくして番組はできない」
そう言われるほど、吉本はお笑い界では圧倒的な政治力を誇るのです。

さらに吉本は先ほどお伝えしたように全国各地に劇場を持っています。

そこでは毎日、昼から夜まで何公演も行われており、超若手から師匠クラスの大ベテランまで数多くの芸人が出演。

公演の種類はネタのライブから大喜利などの企画ライブや単独ライブまでバリエーションが豊富

つまり、若手にとってはそれだけ舞台に立てるチャンスがあり、そこで他事務所の芸人と実力の差がつく。ということなのです。

つまり、「圧倒的な場数も踏める機会」「その場数を踏む環境」
この2つが揃っているのが吉本なのです。

目先のお金だけ見れば、それを凌駕する芸人としての腕前を磨く環境。

それを得ることができるので、多くの人は目先のお金は度外視してみんな吉本に入りたがるのです。

スポンサーリンク

大物になると普通の事務所並みに給料(ギャラ)が上がる吉本

吉本 給料 安い 理由
また、吉本の給料(ギャラ)は一度売れれば、ある程度の収入は確保されます。

いわゆる冠番組を持ったり、長年テレビに出続けている大物の芸人になると、他の事務所と同じぐらいの給料(ギャラ)がもらえるのです。

「藤本敏史さんといった中堅クラスでも8対2、7対3です。小籔千豊さん(44)は吉本新喜劇の座長ですし、テレビのバラエティでも活躍しています。これぐらいのレベルで、やっと5対5の折半です。それより上の人となると、具体的な人名は割愛しますが、それこそ吉本に所属しながら個人事務所の設立を認めるなど、様々な配慮を行います」(同・プロデューサー)

https://www.dailyshincho.jp/article/2018/06120700/?all=1&page=4

つまり、上には篤く、下には厳しい。完成された弱肉強食のシステム。
それが吉本興業の給料システムなのです。

最初のチャンスは多いが、最初安いギャラでも仕事がたくさん来る事務所を選ぶのか?

最初からチャンスは少ないが、一度ちょっとでも売れたら結構稼げるけど余程人気にならない限り、収入は少ない事務所が良いか?

それを天秤にかけた結果、吉本の芸人は吉本に居る訳です。

売れている先輩芸人が多い

吉本 給料 安い 理由
また、吉本の隠れたメリットは「売れている先輩芸人」から間近で学べる。
そんなメリットがあります。

吉本以外の事務所だと、売れていない若手と売れている先輩が交わる機会。
そんな機会は滅多にありません。

しかし吉本では番組や映画を作っており、エキストラや前説。

そんな機会が数多くあるのでそこで先輩との絡みが少なからずあります。

吉本 給料 安い 理由

さらに舞台では楽屋で先輩芸人と会って話をする機会がある。
売れるためのお手本がすぐ近くにいるので、これほど勉強になることはない。

また吉本は劇場も芸人さんも多いので収入の少ない芸人さんでも劇場に出入りしていれば(仕事がなくても)、先輩芸人が食事をご馳走してくれるので食べる事には困らなかったもするのです。

芸人さんが多いので芸を勉強する環境としても他事務所よりも恵まれていたりもしますね。

 新宿にある吉本の東京本部には夜中の0時を過ぎると若手芸人が毎日のように集まってくる。何をするのかと言ったら朝までそこでネタ作りやネタ合わせをしているのだ。他事務所のとある超売れっ子芸人が打ち合わせで東京本部に行き、たまたまその状況を見て「あんなことされたらウチの事務所の若手が勝てるわけないよ。凄い環境だよ。みんな頑張っているよ」と言って愕然としていたほどである。

https://abematimes.com/posts/2112204より引用

 

吉本ブランドは安い給料(ギャラ)でも価値はある

吉本 給料 安い 理由

吉本興業は「ブラック企業」
お金の面だけで見ると多くの人はそう思うかもしれません。

しかし、吉本に入ることで他のお笑い事務所で得られないことをたくさん得れることもたしかです。

売れればその分しっかりと最終的にお金は入ってきますし、最終的には「実力」「人脈」「お金」
全てを手にできるまさに吉本ドリーム。

そんな吉本ドリームがあるからこそ、最初のお金は度外視してでも吉本に入る価値があるのでしょうね。

宮迫博之のフライデー画像と内容まとめ!金塊強盗事件の犯人と親交が暴露される!

2019.07.19

【動画】宮迫の闇営業の当日の様子がついに流出!引退・解雇の決定打になるか・・・

2019.06.16
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • まあだからといって詐欺グループをスポンサーにつけたり暴力団とずぶずぶだったり、問題起こした芸人をつぶすのは違うと思う
    今はネットもあるからそこでネタをいっぱいだしてそこで売れて事務所と契約するなどのシステムを構築する必要もあると思う。
    正直今と昔は環境も違うから吉本が劇場をたくさん持っている理由はない。一発屋と呼ばれる短期間しか売れない面白くない人も多いし
    このままだと吉本も未来が危ないね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です