川田祐美アナのスキップは実はわざとではない!?不器用な性格が一番の証拠

川田祐美アナ スキップ
スポンサーリンク
 

スキップができないことで有名な川田祐美アナ。

色んな番組で「スキップできない」ことでいじられまくっていますね(笑)

しかし・・・
一部の人からは、テレビで目立ちたいからわざとやってるんじゃ?

なんて疑いもかけられているようですね。

今回は、そんな川田祐美アナのスキップはわざとなのか?
こちらを徹底検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

スキップができないことで有名な川田祐美アナ

川田祐美アナ スキップ

川田祐美アナの簡単なプロフィール


名前:川田 裕美(かわた ひろみ)
生年月日:1983年6月22日(2019年現在35歳)
血液型:B型
出身地:大阪市住之江区生まれ泉大津市育ち
最終学歴 和歌山大学経済学部

もともと大阪で活動していたアナウンサーです。

2006年に大学卒業と同時に読売テレビ入社
その後に『情報ライブ ミヤネ屋』などで活躍されました。

2015年からフリーに転身。
東京進出して現在は司会業だけでなくCM・女優など多岐に渡る活躍をされています。

このバリバリの関西人。
というイメージも「笑いを取りに行ってる」と思われる一つの理由でしょうね。

川田祐美アナがスキップができないことが世間にバレてしまった瞬間

こちらが、川田祐美アナがスキップができないことが世間にバレた瞬間です。

もはや周りの人も驚きを通り過ぎて焦ってますね…(笑)

川田祐美アナのスキップがアメトークでもいじられまくるw

アメトークではサザエさんの曲に乗せて川田祐美アナのスキップで全国を旅する。

そんないじられまくりの映像が披露されていましたね(笑)

世間では川田祐美アナのスキップはわざとだと言う声が続出

放送を見た視聴者からは「絶対わざとでしょ!」

そんな川田祐美アナに対しての声が非常に多いように思います。

確かに、どう考えてもこんな簡単な動きをできない方がおかしいですもんね。

微妙にスキップができないならまだしも・・・
逆にそっちの方が難しいだろ!

って言うぐらいおかしな動きをしてますもんね….

世間が疑ってしまうのも無理はありません。

川田祐美アナのスキップはわざとではない!?
スキップができない人は意外と世の中にたくさんいる

川田祐美アナ スキップ

しかし、結論からお伝えします。
川田祐美アナのスキップはわざとではないでしょう。

今からその根拠をお伝えしていきます。

身の回りにも意外とたくさんいるスキップできない人たち

スキップをなんて簡単にできるあなたは信じられないかもしれませんが・・・

意外と身の回りには川田アナのようにスキップができない人はたくさんいます。

見てください?

川田祐美アナとめっちゃ似た動きになりませんか?笑

どうやらこれがスキップができない人のスタンダードな動きのようですね。

といいますか、逆に出来る人はあのように出来ない風に装うことの方が難しいです。

子供の頃に練習して脳にそういう動作の回路が出来ていれば問題無いです。
しかし、そうした機会が無いまま大人になってしまうと・・・

この様に頭で考えて身体を動かすために微妙に全体が調和しない動作。
そんな動作になってしまうのでしょうね。

大人でも10人に一人はできないと言われるスキップ

実は、スキップができない大人は「10人に1人」
そう言われているようですね。

スキップをする機会。なんて機会は普段ありません。
なので、知らないだけでもしかしたらあなたの友達、職場の人・・・

あなたの周りの人にスキップをしてもらったら一人は川田祐美さんみたいな人が見つかる。
ということですね。

同じ芸能界にもいた!?スキップができない伊野尾慧

こちらはある番組でHey! Say! JUMPの伊野尾慧さんがスキップを披露した時の映像です。

かなり川田祐美アナと同じ匂いがしますね…(笑)

それぐらいかなりの確率でスキップができない人はいる。
ということです。

他にも芸能界を見渡しても同じようにスキップができない人は見つかるでしょうね(笑)

川田祐美アナはそんなわざと笑いを取れるほど器用な性格ではない!

川田祐美アナ スキップ

不器用でがむしゃらな性格の川田祐美アナ

川田祐美アナのスキップがわざとではない。

そんなことを言えるもう一つの理由。
それは、川田祐美アナのキャラクターです。

川田祐美アナは関西のミヤネ屋時代から、そんなわざと面白おかしく笑いを取る。
そんな器用なことができるキャラクターではありません。

川田祐美アナ スキップ

不器用だけど頑張る姿を周りから応援される。
そんなキャラクターで知られていました。

実際に、雑誌のインタビューでは自身の仕事に取り組む姿勢について。
以下のように語っています。

――普段どんな気持ちで仕事に臨んでいますか?

私は、家族が喜んでくれる仕事、家族が反対しないお仕事は全部やりたいと思っています。そして、いただいたお仕事は一つ一つ一生懸命、誠心誠意やるという気持ちは、局アナの時から変わっていません。番組の中で、自分自身の弱い部分、恥ずかしい部分を見せることもあるけれど、両親が結構楽しんで見てくれているから、「じゃあ、それで良かったんだな」と思えるんです。

https://otekomachi.yomiuri.co.jp/enta/20170830-OKT8T32397/より引用

家族のために恥ずかしい姿も我慢できると語る川田祐美アナ

川田祐美アナ スキップ

自分の心の拠り所は家族。

そう語るほど家族思いの川田祐美アナ。

わざと恥ずかしいスキップ姿を見せて笑いを取るなんていう行動。
そんな家族が見たら恥ずかしいと思うような行動は絶対にしないでしょう。

「自分自身の弱い部分、恥ずかしい部分を見せることもあるけれど、両親が結構楽しんで見てくれているから」

そう語っているように、家族が喜んでくれるからこんな恥ずかしい姿を見せても我慢できる。

そんな思いで恥ずかしいお仕事でも引き受けているのでしょうね。

スポンサーリンク

川田祐美アナのスキップは絶対わざとではない!

川田祐美アナ スキップ

確かに、わざとやってる?
と思ってしまうほどかなりひどいスキップをする川田祐美アナ。

決してオーバーにやっているのではなく、本人はいたって真面目でしょう。

何度も言いますが、わざと誇張して笑いを取りに行くような真似。
そんな真似はキャラ的に絶対するような人ではありません。

しかし、ご本人も「恥ずかしいお仕事でも全力でやる」
語っているように、、自身の運動神経にもコンプレックスをもっているぐらいです。

しかし、そんなコンプレックスにも周りが面白いと思ってくれるならやる。
そんなサービス精神が川田祐美アナらしさなんだと思います。

これからもスキップ関連のお仕事が増えると思いますが…(笑)

これも自身の一つのセールスポイントだと捉えてガンガン押し出していって欲しいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です