与田祐希の志賀島の実家は旅館の浜幸屋?ヤギがペットの規格外の環境w

与田祐希 実家 浜幸家

今乃木坂46でも大注目の与田祐希さん。

小さくてピュアな男子受け抜群の小動物みたいな彼女ですが・・・

そんな彼女のもう一つの特徴は「志賀島出身」ということ。

都会のお嬢様のような雰囲気の与田祐希さん。
実はバリバリの自然大好き女子だったのです!

今回は、そんな与田祐希さんの志賀島での様子と噂されている実家について。
こちらをお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

与田祐希は福岡県にある志賀島出身

与田祐希 志賀島 実家 

与田祐希の地元の志賀島とは?
志賀島とは福岡市の北西部、博多湾に浮かぶ人口は1500人ほどのかなり小さな島です。

与田祐希 実家 浜幸家

日本でも数が少ない完全な独立した島ではない、本土と繋がってる島=陸繋島(りくけいとう)
ということでも有名です。

また、江戸時代に金印が発掘されたことでも知られていますね。

歴史の教科書にも載っている歴史の要所。
それがゆえ、名前だけは聞いたことはあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

与田祐希の志賀島暮らしが規格外過ぎるw

 

与田祐希は志賀島でヤギを飼っている

志賀島といえば、自然溢れる島。
そんな島暮らしを象徴するように・・

与田祐希の家ではヤギを飼っているみたいです。
都会ではありえない光景ですよね….

上の動画は以前にある番組で与田祐希さんに志賀島で密着した時の様子です。

与田祐希 実家 浜幸家

もともと飼っていたヤギ(メープルorぶんぞう←呼び方がバラバラみたいです)

このメープルは2016年12月29日。
飼い始めてから数か月で息を引き取ったみたいです。

しかし、その後新たなヤギ(シロップ。あだ名はごんぞう)を飼い始めたみたいですね。
このごんぞうはテレビでもかなり発言しているので有名です。

ヤギとの出会いについては、
「庭に草がたくさん生えていて、お母さんが『ヤギに食べてもらえたらいいね』

そう言っていたら、ある日突然家にヤギがいた。と語っています(笑)

ヤギってそんな簡単に見つかるものなんですかねw

この島では猫のノリでヤギが生息しているのでしょうか(笑)

与田祐希 実家 浜幸家

こんな与田祐希さんを見せられたら好感度上がるしか無いですね(笑)

ちなみに与田家では、このヤギ以外のにも・・・

犬のたろう、猫のちび、ウサギのどん&ぐり
といった様々なペットを飼っているみたいです。

与田祐希の志賀島での鶏泥棒の唐揚げ話がリアル・・・

こちらも、過去にある番組で話した与田祐希さんの鶏泥棒のお話です。

自分の飼ってた鶏たちがある日いなくなった。

そして、その次の日友達のお弁当に大量の鶏料理が作られてきた。

なんでそんなに鶏がが入ってるの?と聞いたら「おじいちゃんが昨日たくさん取ってきた」

そんなキテレツなエピソード・・・笑

田舎だったらありえそうですが…..作り話のようでしたねw

ただ、志賀島というド田舎に住んでいたからこそ思いつくエピソードだと思います(笑)

与田祐希の志賀島の実家は旅館の浜幸家!?

与田祐希 実家 浜幸家

さて、そんな志賀島育ちの与田祐希さん。

かなり狭い島であること。
そして、ヤギを飼っているなどなど…..

そんなちょっとしたプライベートな情報を話していることから・・・
ファンの方の間ではこんなことが囁かれています。

それが、実家が志賀島にある旅館の「浜幸家」ではないか?ということです。

なぜ?志賀島の実家が旅館の浜幸家と言われるのか?

与田祐希 志賀島 旅館

なぜ?志賀島の実家が浜幸家と言われるのか?

その理由は自身のブログで「メープルというヤギを飼っている」
と公言していたこと。

アルバイトしたことある?という質問に対して

「旅館でバイトしてました〜初めて言ったかも!!お料理運んでました(^^)」
と語っていることです。

・メープルというヤギを飼っている
・旅館でバイトをしていた

与田祐希 実家 浜幸家

そんな2つを裏付けるように、志賀島にある有名旅館「浜幸家」
この敷地内にある看板山羊の小屋には「ユキ リボン メープルの家」と書かれた表札。

これらが掛かっており、「与田祐希」の実家って「浜幸家」?
ってことは旅館の娘なんじゃないの?となった訳です(笑)

なんとも分かりやすい・・・

与田祐希 実家 浜幸家

また、家族によって呼び方が違うそうで、メープル以外の「ユキ」「リボン」
という名前は他の呼び方なのでしょうね。

この看板の文字もおそらく与田祐希さんが書いたのでしょうね。

かなり有力な噂だと管理人も思いました。

※バイトをしていたのは浜幸家ではなく浜幸屋から徒歩数分程離れた「満帆荘」という旅館みたいです。

スポンサーリンク

しかし!与田祐希の志賀島の実家は旅館の浜幸家
というのを真っ向から否定するある地元民からのコメント

与田祐希 実家 浜幸家

多くのネット上の記事には与田祐希さんの実家は浜幸家。

そんなことが書かれていますが、そんなある記事の情報に1通のコメント。
与田祐希さんのことを古くから知るであろう地元民からのこんなコメントがありました。

こちらがその意味深なコメントの内容です↓

私は与田さんの実家の近所に住んていますが、志賀島では有りませんよ。
詳しいことは言えませんが、志賀島の近くでは有ります。
町内でも昔からの与田さんを知っているごくわずかなご近所さんしか場所を知りません。
庭には大きなヤギがいて近所の方も餌をあげたりしています。
なぜ志賀島と言っているのかはわかりませんが、そのほうがメジャーな土地だからかもしれませんね。

与田祐希さんを昔から知っているの地元のご近所さんらしき人からのコメント。

この方によると「与田祐希さんは志賀島ではなくその近くに住んでいた」
ということです。

つまり、与田祐希さんの実家は浜幸家ではないということです。

志賀島の実家は旅館の浜幸家ではなく
与田祐希の両親が経営している職場だった!?

与田祐希 志賀島 旅館

しかし、ここで飼われている看板ヤギのメープル。
これは与田祐希さんの言っているヤギで間違いないと思います。

さきほどのコメントとこのことを照らし合わせて思い浮かんでくること。

それは、「浜幸家は与田祐希さんの両親が経営している旅館?」ということです。
つまり、与田祐希さんからすれば第二の実家のような位置づけの場所。

こういう見方をすれば、色々矛盾点が解消してくるように思います。
そして、これを裏付けるもう一つの証拠が与田祐希さんの小学校です

与田祐希が小学校をあえて実家から近いところに通わなかった理由

与田祐希 志賀島 旅館

与田祐希さんは自身の卒業した小学校についてこう語っています。

家の目の前に小学校があったけど、あえて小さな学校に通いました。 自然豊かで、みんながみんな家族みたいで、あたたかい小学校でした。

乃木坂公式HPより引用

なんで?って思いません?
家の前に小学校があるのにわざわざ遠くの小学校に行く理由。

それは、放課後もすぐに両親の働いている旅館に行けるように旅館のすぐ近くの小学校に通った。

そして、旅館から夜に両親の車で島の近くの実家に帰宅みたいな感じです。
つまり、旅館が実家みたいなもの。ということではないでしょうか。

ただ!今お話したことを知るには志賀島のちょっとした地理を知る必要があります。
おそらく、言葉だけではいまいちよくわからないですよね・・・

今お伝えしたことを理解するために今から地図を使って詳しくお伝えしますね。

全てをつなぎ合わせて浮上する与田祐希の実家は西戸崎説

与田祐希 実家 浜幸家

こちらの地図は、志賀島と福岡本土を繋ぐ地図です。

左の島が志賀島。右側は福岡県の本土の端っこ。
そして、志賀島と本土を結ぶように真ん中に海の中道という細い道路があります。

その圏内には「勝馬」「志賀島」「西戸崎」3つの小学校が存在します。

そして、志賀島へと繋ぐ「海の中道」をちょっと超えたところに「西戸崎」
という住宅街が広がっています。

ここが、いわば志賀島の玄関口であり、ここにある西戸崎駅という最も志賀島に近い駅もあります。

与田祐希 志賀島 旅館

おそらく、与田祐希さんの実家はこの西戸崎の住宅街にあるのではないか?
ということです。

ここだと、この地元民のコメントの「志賀島ではないけど近くに住んでいる」
という条件が当てはまりますし、志賀島にもすぐに足を運べます。

与田祐希 実家 浜幸家

 ↑志賀島と本土を結ぶ海の中道

つまり、こういうことです。

実家のすぐ近くの西戸崎小学校に通おうと思っていたけど親の経営する旅館が志賀島にある。

じゃあいっそのこと志賀島の小学校に車で通って一緒に親と帰って来よう!
みたいな感じだったのでしょうね。

小学校時代は親の車でこの海の中道を超えて志賀島の小学校に通っていたのでしょう。

与田祐希 実家 浜幸家

その証拠に、浜幸家の徒歩1分のところに「福岡市立勝馬小学校」
という小学校があります。

与田祐希 小学校

 ↑福岡市立勝馬小学校

めちゃくちゃのどかな小学校ですね!
そして、さらにそれを裏付けるように勝馬小学校はかなり人数が少ない小学校です。

与田祐希さんが「同級生が4人しかいなかった」「全校児童20人くらいの田舎の小学校」
そう語っていたのでかなり当てはまります。

与田祐希 実家 浜幸家

おそらく、旅館を経営する親の帰宅が遅かったのではないでしょうか?

もし西戸崎小に通うと放課後親が家に帰ってくるまで一人で留守にしなければいけません。
小学生で夜も一人で留守にするのはかなり心配ですしね。

追記:実際に勝馬小であることが判明しました↓

与田祐希の勝馬小学校時代が美少女すぎる!昔は身長高くて大人びていた!?

2019.05.27

与田祐希 小学校
しかし、勝馬小学校でしたら放課後もすぐ隣にある旅館に行けば親とずっと一緒にいれます。

遅くなりそうな日はそのままここに泊まって学校に行っていたかもしれませんね。

それに、旅館のヤギと遊んだり志賀島の自然を幼い頃から満喫できる。
そんないろんな便宜上の理由で勝馬小学校に通ったのではないでしょうか。

与田祐希さんの実家は西戸崎にある。

そう考えることでいろんなことが繋がってくるように思います。

確かに、こちらの記事でもお伝えしていますが

与田祐希は日出高校(通信)を卒業!玄海高校(福岡)時代の部活は家庭科部だった!?

2019.05.24

志賀島から一番近い西戸崎駅から、高校の最寄駅に行くだけで1時間はかかります。

それに、浜幸家のある島の端から西戸崎駅に行くだけで車で30分。
徒歩だと2時間半はかかります。

どう考えても現実的ではないと個人的にも感じていました。

しかし、西戸崎の住宅街に住んでいたら、まだ片道で2時間は余裕で切れる計算になります。

与田祐希の実家は島でなくても志賀島育ちであることは間違いない

与田祐希 志賀島 旅館

おそらく、この地元民のコメントのように「志賀島出身」
そう言った方がわかりやすいから。

そんな理由があるかもしれませんね。

しかし、実家は志賀島ではなくても幼少期から高校生までの時間。

志賀島はそんな多くの時間を過ごしてきた生まれ故郷。
そんなことには変わりません。

与田祐希 ヤギ

仮に実家が志賀島ではではない。
そうだったとしても浜幸家は第二の実家みたいなもの。

志賀島は最も多くの時間を過ごした地元と言えるでしょう。

それに、乃木坂46に入った今でもちょくちょく福岡に帰って志賀島に行く。

そして、ヤギに会いに行く。
という感じですので、志賀島に対する愛着は半端ないのでしょうね。

これからもテレビでの志賀島エピソードを楽しみにしています!

与田祐希は日出高校(通信)を卒業!玄海高校(福岡)時代の部活は家庭科部だった!?

2019.05.24
スポンサーリンク

2 件のコメント

    • はい!シロップ(ごんぞう)の実家でもあります!
      動物関連は与田さんの本当の実家では飼えないと思うのですべてこの第二の実家でもある浜幸家で飼っているのでしょう。

      おっしゃる通り、ごんぞうからすればこの浜幸家が実家になりますね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です