平成の子どもの名前ランキング!男『大翔』女『美咲』がトップに!

平成 子どもの名前ランキング

 

名前は世間を反映する。

というように、その時代で流行ったものや有名になった人に影響してくるものです。

 

平成という時代も終わりを迎え、いよいよ次の時代を迎えるわけですが、

『平成』では一体どのような名前の子供が多かったのでしょうか?

 

今回は、そんなランキングの内容や世間の反応をまとめてみたいと思います。

 

 

平成の子どもの名前ランキング!男女の結果は・・?

 

平成30年間の子供の名前の変遷を発表しました。

 

そんな中で、第一位に輝いたのは

男の子は【大翔(ヒロト)】、女の子は【美咲(ミサキ)】

とそれぞれ1位を8回ずつ獲得し、平成の中で最も首位獲得数が多い名前となりました。

 

 

 

時代や流行を反映し変遷する名前ですが、平成を通して変わらず人気だったのが「翔」という漢字。

 

「翔」の字は、昭和57年に初めてベスト10に入ったあと、

平成に入ってさらに人気を高めたそう。担当者は、新たな元号のもと、

「未来へ大きく羽ばたいてほしい」という願いを込める親が多かったのでは、とランキングの担当者は

話しているそうです。

 

 

一方、女性の美しさを表す『花』にちなんだ『美咲』という名前は

平成3年から6年連続トップになるなど、平成の前半に特に人気があったそうです。

 

文字通り『美しく咲く』二文字で、その意味や華麗さが表現できる名前も人気となった

理由でしょう。

 

 

平成の子どもの名前ランキング!名前はその元号に影響される?

 

 

皇室の慶事があると、関わりのある漢字の人気が高まることは

昭和と平成のどの時代でも変わっていないようです。

 

例えば、

大正時代では、『正一』『正子』

昭和に入ってからは『昭二』『和子』

平成に入ってからは『翔平』『成美』

 

といったようにその元号の文字を入れられる傾向にあるようですね。

 

そういえば、あの今の若い世代で最も活躍しているであろう大リーガーは

『大谷翔平』選手でしたよね。

 

まさに、その時代の名にふさわしい活躍です。

 

 

平成の子どもの名前ランキングを受けて、次の世代は
『脱キラキラネーム』がトレンドか?

 

平成の後期に入って、増えてき出したのが今では当たり前になりつつある

『キラキラネーム』ですよね。

 

このキラキラネームに対して世間ではこのような意見が挙がっています。

知り合いの子供の名前が大人でも書けそうにない超難解漢字2字
小さく書くのが難しそうなのと画数があまりに多いので気の毒に思った
テストや細かい書類への記入で画数多いのは労力ロス

 

クラスに「姫」がつく女の子が
4人もいた。偏見なのはわかっているけど
いい子のイメージが湧かなかった
男の子もヒーローみたいな名前ばかりで…

 

それに対して・・・

 

小学生の息子にはちょっと昭和にありがちな名前にしたら、今まで一度も他な子と被ったことない。読みやすく苗字と名前の流れが良いのでなかなか良い名前にしたと自画自賛

 

イチローは超有名人になった。
肩の荷の軽い名前を。

 

このように、キラキラネームや変わった名前が多い中、

あえて昔の古風な名前にしようという親も増えてきています。

 

歴史は繰り返す。というように、世の中のトレンドも同じことを行ったり来たりしています。

 

キラキラネームが逆に『悪目立ち』したり『マジョリティ(大多数)』になってきていることに

気づいた親たちが増え、新しい次の元号の時代では昔の古風な名前にしようという

親が増えてくる風潮になってもおかしくはありませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です