ゆたぼんが炎上する理由とその動画内容は?親の責任問題にも物議か?

スポンサーリンク
 

 

10歳で学校に行かないことを宣言し不登校の天才YouTuberとして活動するゆたぼんさん。
そんなゆたぼんさんが絶賛炎上中と話題ですね。。

世間でもかなり物議を醸しているようですが・・・

今回は、そんなゆたぼんさんの炎上内容とその理由についてお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ゆたぼんが炎上する理由とその内容は?

こちらが、炎上している原因の動画です↑

他にもいくつかありますが….
こちらがゆたぼんさんが世に知られるきっかけとなった動画でしょう。

【炎上理由その①】ゆたぼんのそもそもの主張

ゆたぼん 炎上

ゆたぼんさんの主張はこうです。「学校なんかに行かなくて良い」
これがゆたぼんさんの声高々に主張していることです。

しかし、この主張はあくまでも「実際に学校に行った人だからこそ言えること」でもあります。
なので、実際に学校に行かなくなった人が言っても何も響きません。

まあ例えるならば、女性の手を一度も握ったこともない男子が「結婚なんてクソだ!」
って言っているようなもの。

 

【炎上理由その②】その主張を言う理由も説得力がない

ゆたぼん 炎上

 

そして、さらに炎上するもう一つの理由が「説得力がない」これも大きな理由の一つです。

学校に行かなくなった理由は
「先生に宿題をやれと言われて断ったら怒られた」「先生に従う周りの友達がロボットに見えた」

というかなり身勝手な理由であり、その主張を10年しか生きていない子供がそれを言っている。
という共感する要素が一つもない。ということが炎上している理由でもあります。

要するに、言ってることが支離滅裂過ぎるということです。

 

 

【炎上理由その③】客観的に物事を見れていない発言

↑こちらも炎上しているもう一つの動画です

まあ、10歳の子供に客観的に物事を見ろ!なんていうのは少し無理な話ですが・・・
しかし、youtubeという公の媒体で発信するには「責任」というものも伴います。

実際、ゆたぼんさんがご飯を食べれるのも家に住めるのも、youtubeで動画を投稿できるのも
全てゆたぼんさんが否定している「学校」に行った人によって作られたり、成り立っています。

自分はそんなシステムによって生かされている。ということにも気づかずに、自分の主観だけで物事を発信する。
こんな矛盾している主張が世間の反感を買っています。

 

【炎上理由その④】親に操られている感がすごい・・・

今回のゆたぼんさんの活動の裏には、親の存在もあります。
ゆたぼんさんのお父さんは中村幸也さんという方で「心理カウンセラー」をしています。

 

そして、そんな不登校の子供に対する育て方を「諦める勇気」という自身の本を出されています。

今回のゆたぼんさんのyoutubeでの情報発信。

これはゆたぼんさんが率先して不登校でも生きていける。
それを発信するのと同時に親の広告塔と言う形である意味炎上商法の片棒をカツがされている。

そんな風に捉えられているというのも炎上している理由でもあります。

不登校を息子に肯定する教育をすることで、自身の仕事にもプラスに働くということですね。

スポンサーリンク

ゆたぼんはどうすれば炎上しないのか?

ゆたぼん 炎上

 

【炎上回避案①】もう少し具体的な手段を提案する

 

今のままだと、ただわがままで学校行かなくなった子供。
世間の目はそんな風にしか映りません。

学校に行くな!という主張だけをするのではなくなんらかの手段でお金を稼いで、ビジネスをしていく。
といった「学校に行かなくても自分で生活して行くことができる」

そういった違う形での「不登校の成功モデル」を見せること。

ピースボートに乗って世界一周なんてのはただのお遊びで、もっと現実的な手段を発信すること。
これがゆたぼんさんの世間の見方が変わる条件ではないでしょうか?

 

【炎上回避案②】もう少し謙虚になること

ゆたぼん 炎上

 

学校に行かないことで、他人と比べられることがない。

それは集団生活の中での「協調性」を身につける機会が少なくなることを意味します。
裏を返すと他人の気持ちがわからない。そんな弊害も出てくるでしょう。

 

ゆたぼん 炎上

 

今回のような発信を見ていても世間の気持ちに配慮せず、ただ自分の言いたいことを言う。
そんなスタンスなので、世間の共感を得ることができないのは必然です。

もう少し、自身の置かれた立場を客観視しながら主張できるようになれば
共感を得れることもできると思いますし、賛同してくれるファンが現れると思います。

 

炎上させる側にも問題あり?
表面だけを見てゆたぼん叩くのもあまりよくない

 

しかし、今回のゆたぼんさんの炎上。

上の動画で茂木さんがおっしゃっているように断片的な情報だけで判断して叩く。
この大人達の行動も少し大人げないように思います。

確かに、情報も少ないのでそのような情報だけで判断してしまうのは仕方がないこともあります。

 

 

しかし、実際に報道されている事実とは裏腹に、ゆたぼんさんはサドベリースクールという形で学校に行っています。

ゆたぼんは実は学校に行っていた!?実際に通う沖縄のサドベリースクールとは?

2019.05.09

一応、社会で生きていくために必要な知識は自ら学ぼうとする姿勢はあるのではないかと思います。

事実を確認せずに、表面的なものだけを見て、アンチコメントをしたりする。
そんな大人達もその行動を客観視してみることも大事のように思います。

 

まとめ

ゆたぼん 炎上

 

ゆたぼんさんは、確かにまだまだ未熟な面は多いです。
支離滅裂で、知識も教養もないでしょう。

しかし、そういう部分を棚に上げて良い面を見ていく努力をすれば、その「行動力」
というのは見習うべきものではないでしょうか。

批判ばかりせずに、良い面を見れる大人。
そんな人が多くなれば、もっと違った生き方ができる日本社会になると思いますね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です