鳥居みゆきの余生観が独創すぎる・・35歳で人生終わりの予定だった!?

鳥居みゆき 余生

 

鳥居みゆきさんの余生に対する考え方がすごいと話題になっていますね。

今回は、鳥居みゆきさんのブレイクしたきっかけや余生に対する考え方。
これらについてお伝えしていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

鳥居みゆきの余生観が独創すぎる・・・

鳥居みゆき 余生

元お笑い芸人の鳥居みゆきさん。

現在は舞台や映画、ドラマで女優しても活躍されているようですが、

35歳を超えた今は「やりたいことをやっている」そんな人生を送っておられるそうです。
そう語る背景には「自分の人生は35歳で終わる」

漠然とそんなことを考えて生きてきたから。というのがあるそうです。

鳥居みゆき 余生

そして、35歳を超えた今は全て余生として捉えて人生を生きている。
そんな独創的な鳥居みゆきさんの考え方があるようです。

もともと、鳥居みゆきさんといえば、「白のパジャマ姿で叫んでいる」
そんなお笑いの芸風のイメージがあります。

しかし、これは本来自分のやりたかったことではなく、売れるためにやったネタ。
だったそうです。

この考えの裏には髭男爵の男爵(山田ルイ53世)さん。
この人の影響がありました。

売れるためには人に求められること=やりたくないこともやらないといけない。
そんなアドバイスをしていた男爵(山田ルイ53世)さん。

最初はやりたくないことをすることに反発していた鳥居みゆきさん。
でしたが、男爵(山田ルイ53世)さんの言葉を理解したふりをしていたようです。

しかし、あのネタは、相談していた男爵(山田ルイ53世)さんに怒られたくないがために
即興で作ったネタだったようで、本当に偶然に生まれたネタだと後から語っています。

お笑い番組のネタ見せオーディションがあったんです。そのオーディションの参加者一覧に髭男爵がいて! 「ヤバイ!ネタつくってないのばれる…」って、前日に超焦りました。

急いで「自分がやりたくないようなネタ」をつくらなきゃと思って…

鳥居さん:
それで、自分が当時やりたくなかった「目立つ格好」と「リズムネタ」を詰め込んでできたのが「ヒットエンドラン」のネタ。

今となっては、そんなことはなく愛すべきネタですけどね。

テディベアも、白いパジャマも家にあったやつ。ほんとに即席で作りました…

yahooニュースより引用

 

このように、素直さと偶然さ。
これが合わさって、売れたおかげでいまやりたいことをやれているそうです。

スポンサーリンク

鳥居みゆきの余生観が独創すぎる・・・世間の反応は?

鳥居みゆき 余生

 

今回の鳥居みゆきさんの余生に対する考え方。
また、人生に対する考え方は一体どのようになっているのでしょうか?

その世間の声の一部をご紹介したいと思います。

・女芸人はいつも大勢でたむろして傷を舐め合ってる印象があるが、この人はまさに絵に書いたような一匹狼。
芯がしっかりしていると思います。
芸人時は極端なメイクをしてるけど、ロンハーのカレンダーの企画の時なんて元々の美貌を活かしてとてつもない美人に変身もできる。
本人がやりたいことを続けていければと思います。

・この人、おかしいキャラを作っておいて、きちんと情報や事前学習してる量が凄いから面白さに加味されてますよね。

・自分のやりたくないことをやるという発想が面白いと思った。
自分のやりたくないことは他人もやりたいことが多いから、需要があっても供給のないオンリーワンになりやすい。
自分のやりたいことは他人もやりたい場合が多いから、他人より優れたナンバーワンになれなければ勝ち残れない。

・私事を書くのも変ですが彼女と同じように、何の根拠もなく
自分がある年齢で死ぬと思い込んでいた。
その年齢までに、なりたい職に就きやりたい事は達成していました。
同じような人がいて驚いています。

 

鳥居みゆきさんの「性格」「考え方」「独創的な余生に対する考え方」
これらに賛同する意見が非常に多いように思いますね。

 

鳥居みゆきの全盛期のネタが爆笑w

 

時代が鳥居みゆきに追いつけてない感がすごいですね(笑)

確かに、この芸風は鳥居みゆきさんにしかできない独創すぎるネタ・・・
は髭男爵の男爵(山田ルイ53世)さんがアドバイスした理由もわかりますね。

この鳥居みゆきさんにしかできないことで売れたからこそ
今好きなことができるのである意味男爵(山田ルイ53世)さんに感謝するべきとも言えますね!

これからの活躍も期待しています!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です