【芸人】コウテイは実は超不仲!?3年で2回解散するほど仲が悪かった!

 

スポンサーリンク
 

人気急上昇中のお笑いコンビコウテイ。

夫婦漫才のような仲つつまじい2人ですが、そんな二人に噂されること。
それは、「実はめちゃくちゃ仲悪い」ということです(笑)

テレビからはそんな風には一切見えないですが….どうやらその噂は本当のようです。

今回は、そんなお笑い芸人コウテイの
「仲の悪さ」「なぜ?仲が悪くてもコンビを続けているのか?」

それについて詳しくお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

お笑い芸人コウテイは3年で2度解散したほど実は超仲悪い!?

1度目の解散は些細な喧嘩

元々、NSCが一緒のクラスで授業中の班も一緒で、しかもたまたま同じマンションに住んでいて。こんな運はなかなかないってことでコンビを組んだ2人。

このコウテイの2人は結成から3年経たずにすでに2度解散しています。

1回目の解散はNSC在学中。きっかけはかなり些細な事で、芸人同士でマリオパーティーをしていたとき、九条さんが下田さんにファブリーズをかけるというボケをした結果、殴り合いの大ゲンカに発展。

「こんなやつとやってられん!」と解散(笑)

九条「芸人同士でマリオパーティをしていたとき、僕がこいつにファブリーズをかけるっていう何が面白いんかわからんボケをやったら、頭をパンと叩かれて喧嘩になって。そこから叩き合いになって、こいつの見えへんパンチが僕の顔の真ん中にズムッと入って(笑)」

ラブ&ピースより引用

しかし、解散したものの、九条さんと他の人と組んでもうまく行かず…下田さんもピンでやるも、いまいち手応えがなかったそう。

そこで、下田さんに顔をボコボコに殴られた九条さんから、もう1回声をかけて在学中に再結成。

九条「そこから4、5人とネタをやってみたんですけど、しっくりこなくて。2ヶ月後に僕から“やっぱりお前はおもろいわ”って、もう1回誘いました」

下田「僕はその間ピンでやってたんですけど全然面白くなかったんで、ほんならもう1回やってみよかって」

ラブ&ピースより引用

2度目の解散もまたしても不仲

コウテイ 芸人 仲悪い

2回目の解散は2016年3月末。その理由は下田さんの九条さんに対する嫌悪感です。

下田さんいわく、九条さんとお笑いで成功しても、面白くない。お笑いの成功よりも九条さんが嫌いという感情が勝ってしまったことが原因だったそう。そして、そんな理由で、下田さんからまた解散を提案。

しかし、またしてもそれぞれ活動しても上手くいかなかったところで、九条さんから再結成を提案。

2016年10月に再々結成。現在に至ります・・・。

――二度目の解散は?

下田「芸歴4年目のときですね。特に僕が、“相方が嫌い”って気持ちが勝ってしまって」

九条「“お前とM-1優勝しても嬉しない。お前と優勝するくらいなら売れんほうがいい”って言われました。解散してから僕は20人くらいとネタをやったんですけど……なんなんですかねぇ? “やっぱり元カノよかったなぁ”みたいな気持ちになって、もう1回声をかけたんです」

ラブ&ピースより引用

仲が悪くてもコンビを組み続ける理由認めるは相方の才能?

コウテイ 解散 仲悪い

では、思い浮かんでくる疑問がなんで仲悪いのにコンビを続けてるの?
なんて思ってきますが、それに対しては2人はこんな考えがあるようです。

下田「九条が書くネタが面白いから」
九条「下田の表現力がすごくて」

要するに、下田さんは自分が活きるネタを作れる人は九条さんしかいない。

そして九条さんはそのネタを演じきれる人は下田さんしかいない。

コウテイ 解散 仲悪い

人間性という面の相性は悪いですが芸人としてのビジネスパートナーとしての才能。
これをお互い認め合っている。

だから続けているということでしょうね。

お互いが好きなもの同志だったら完璧なんですけどね〜。
なんとも不思議な神様のいたずらでしょうか?

そう上手いこといかないですね…..

お互い嫌い。でも、ネタはこいつとしかできない

九条「こいつとしかできないです。ネタは僕が書いてるんですけど、書いてる段階より面白いボケになるってすごいこと。そこはほんまに尊敬してます」

下田「僕もそうです。こいつの発想力はすごい。ほかの芸人とは違うかたちになる九条の発想力を評価してます」

ラブ&ピースより引用

漫才中からは想像つかないコウテイの実際に不仲会話の光景w

こちらは実際にプライベートの2人とマネージャーを交えて2人がどう思っているのか?
それをぶっちゃけている風景です。

マネージャーを交えて3者で話しているような状態なのですが・・・

関係を聞かれても「鬼クソ悪いですね。ホンマoしたい」「ホンマに嫌いですね」
といったように、お互いのことをかなり嫌っているようです。

コウテイ 解散 仲悪い

九条さんは自分だけがネタを考えることについての不満。
下田さんは九条さんのことが嫌いが故に、そのネタを作ってもらってるけど演じるのが嫌。

「九条さんのネタに従って漫才することは九条さんに貢献しているようで嫌」

そんなニュアンスです。

明らかに下田さんの方が理不尽な言い分を言っていますが・・・
九条さんがそれでも怒ったりしません。

コウテイ 解散 仲悪い

その理由は過去の解散から復帰の際、両方九条さんから結成を申し出るという経緯があります。
なので、九条さんが下田さんに頭が少し上がらないような状態ではないのでしょうか。

関係性の方は下田さんの方が若干上のような気もしますね。

スポンサーリンク

コウテイの2人は心の底から「仲が悪い」というわけでもない

 

入院した九条さんにちゃっかりお見舞い

こちらは九条さんが鼻の病気で入院したときに下田さんが撮った画像です。
「だるっ」て言いながらもなんだかんだお見舞い行ってる下田さん。

本当に仲が悪ければお見舞いなんていかないでしょう。

好きになれないながらもビジネスパートナーとして「相方を想う気持ち」
そんな思いは心の奥底にあるのでしょうね。

こちらの記事もおすすめです▼

コウテイ九条ジョーの顎の病気とは?原因はズィーヤのやりすぎ?

2019.05.05

お見舞いに来た下田さんに対して九条さんも嬉しそう

 

「ほんまキモいわ〜」と言いながらも
なんだかんだお見舞いに来てもらえて嬉しそうな九条さん。

しかも、「26日にやっと2人で舞台立てる。楽しみ!」
という発言をされているように、「仲が悪い」というイメージはどこえやら?

「仲が悪い」というイメージとかけ離れた一面も見せています。


こちらの記事もおすすめです▼

コウテイ九条ジョーの顎の病気とは?原因はズィーヤのやりすぎ?

2019.05.05

2018年のM-1予選敗退に関係が改善か?

コウテイ 解散 仲悪い

この投稿からわかること。
それは、徐々に2人の仲は良くなってきているのではないか?ということです。

2018年のM-1で敗退してから初めて2人でご飯を食べに行ったそうです。
そこで、なんで落ちたかとか何が足らないか、これからどうするか?

それをちゃんと話し合ったそうで、今回のお見舞いの件からも伺えるように
お互いが徐々に歩み寄っているように思います。

――(笑)どちらがご飯に誘ったんですか?

下田「それは九条ですね」

九条「自分を押し殺して、プライドをスパナでペシャペシャに叩いて1ミリもない状態にして“メシ行こうや”って言いました」

下田「僕もプライドはあるんで、ちゃんと1回断りまして(笑)」

――え!?

下田「対面にこいつがおるだけでキツいんです。食事も、お酒も置いてないようなラーメン屋で」

九条「原価40銭っていう噂がある大阪でいっちばん安いラーメン屋。そこで2~3時間くらい話したんじゃないですかね」

下田「麺が伸びきって塊になってました(笑)。けど、そこで腹割って話せたことが、僕らにとって大事な起点になりましたね」

ラブ&ピースより引用

【まとめ】「お笑い」というツールが二人の仲を繋ぎ止めている

コウテイ 解散 仲悪い

ここまで関係性が悪ければ、普通プライベートでまず仲良くすることはないでしょう。
しかし、お笑いに対しては真面目で、2人でしっかり話し合うこともする二人。

「お笑い」と「人間性」というのはしっかりと切り離して接していくことができる。
これがこの2人がコンビを続けていける秘密でもありますね。

「お笑い」というツールによってそんな関係性が保たれている二人。

夫婦の仲は悪いけど子供がいるからなんとか夫婦を続けている。
そんなような感じでしょうか。

今後の二人の仲が少し心配なところですが・・・
ブレイクを機会に、二人の仲も良くなっていってもらいたいですね。

コウテイ九条ジョーの顎の病気とは?原因はズィーヤのやりすぎ?

2019.05.05
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です