有村藍里の整形手術内容の顎矯正とは?歯がボロボロになるリスクまで?

有村藍里 整形手術内容

 

スポンサーリンク
 

整形手術をカミングあるとした有村藍里さん。
非常に大きな大手術を行ったことでも話題になりましたね。

では、今回有村藍里さんが行った「顎矯正手術」

この整形手術は一体どのような手術内容なのでしょうか?
今回は、その内容を詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

実際に有村藍里が行った輪郭矯正(骨切り)とは?

有村藍里 整形手術内容

 

有村藍里さんが行った手術の内容は顎矯正手術。
そして、その中でもの輪郭矯正(骨切り)と呼ばれるものです。

では、具体的にどのような整形手術の内容なのでしょうか?

 

上下の顎4箇所にメスを入れて頭蓋骨を6等分する
「上下顎セットバック法」

 

有村藍里 整形手術内容

 

顔の輪郭といっても顎だけでなくエラ、頬骨などの口周り全般を指します。
そして、輪郭矯正(骨切り)もその部分に応じて手術を行うことができます。

今回の有村藍里さんの場合、「顎」の輪郭矯正(骨切り)を行いました。

顎を削ることで、顔の輪郭がシュッとして、小顔にも見え自然な表情になるのです。

 

有村藍里 整形内容

 

すごく抽象的な表現ですが「ドーンという印象がシュッとした印象」
に変わるような感じですね。

その手術を行った執刀した主治医。

 

「レグノクリニック」の山口憲昭院長

有村藍里 整形手術内容

 

有村藍里が行った輪郭矯正(骨切り)の内容。
実際にどのように行ったのか?山口憲昭院長の口からこう語られています。

「上顎と下顎を全体的に後方へ移動させる手術で、口元の突出感をなくしました。実際に切っている場所は、上顎が1カ所、下顎が3カ所です。歯のついているところにメスを入れて離断したり、顎先の部分にメスを入れました」

https://dot.asahi.com/より引用

 

 

有村藍里 整形手術内容

https://www.osaka-kyousei.com/ope/より引用

 

今回、有村藍里さんが行った輪郭矯正(骨切り)手術。
これは「上下顎セットバック法」によって行われたと思われます。

「人の頭蓋骨」というのは上顎の骨の部分と下顎の骨の部分この上下二つに分かれています。

有村藍里さんの場合、上顎が1カ所、下顎が3カ所にメスを入れたとのことです。
(画像のピンクの部分にメスを入れたということですね)

少し、イメージしづらいかと思いますのでもっとリアルにしてみると・・・

 

有村藍里 整形手術内容

 

こんな感じですね。
ゔ……生々しい・・・

こんな感じに「骨ごと縦にメスを入れて削ってしまう」

そうすることで、グッと輪郭を後ろに持ってくることができます。
かなり原始的な方法ですが、非常に合理的ではありますね。

 

スポンサーリンク

上下顎セットバック法をすごくわかりやすい動画で紹介!

 

図で説明されてもわからない。
そんな方にもっとわかりやすくご説明しましょう。

今回有村藍里さんが行った輪郭矯正(骨切り)の上下顎セットバック法。
これは結局こういうことなんですね。

動画で見たらめちゃくちゃイメージしやすいのではないでしょうか?

 

 

6つに分割するために上下に4つのメスを入れたということですね。

有村藍里 整形手術内容

 

メスを入れた後は非常に繊細で、ミリ単位で修正しするかなり緻密な手術だったそうです。

有村藍里 整形手術内容

 

数ミリ削るだけで顔の輪郭の印象は非常に大きく変わってしまうのでしょう。
骨は削ったら元通りになりづらいと思うので、かなり神経を使う作業だと思います。

やりすぎず、絶妙な作業が求められることでしょうね。

有村藍里の整形手術内容の輪郭矯正(骨切り)は意外と難しくはない?

有村藍里 整形手術内容

 

ここまで聞いて、今回のこの有村藍里さんの輪郭矯正(骨切り)
院長生命を懸けた一世一代の大勝負。

顎を6分割するって、めちゃくちゃ大手術のように思いますよね。

しかし、手術を行った執刀した主治医山口憲昭院長によると
この輪郭矯正(骨切り)そこまで難しい手術ではないみたいです。

実際のインタビューでは山口憲昭院長はこう語っています、

「私にとってはこの手術はそんなに難しい手術ではありません。もっと複雑な手術をしてきましたので、めちゃくちゃ難しいものではないんです」

https://dot.asahi.com/より引用

 

なので、有村藍里さんだけでなく輪郭矯正(骨切り)
という整形手術は意外と結構行われている手術でもあるんですね。

 

有村藍里が行った顎矯正手術の整形後の苦難とは?

 

しかし、実際に手術を成功したとしても、その後が非常に大変のようです。
実際に有村藍里の整形手術内容と同じ輪郭矯正(骨切り)を行った女性。

整形アイドル轟ちゃんによると手術のあとの苦悩はこのような状態だそうです。

・固形物(ご飯)が食べれない
・寝てる時も口が開きっぱなしなのでよだれまみれになる
・舌も麻痺して味覚が麻痺してくる
・呼吸が苦しくて寝られない

当分はそんな生活を強いられるそうです。

 

顎を削る整形手術は歯がボロボロになるリスクまで?

 

ホンマでっかで美容医療評論家の大竹奉一さんはこう語ります。
「顎の整形が一番リスキーで危険」とのこと。

有村藍里さんの場合は、非常に有名な腕のある主治医に頼んでいます。
なので、比較的そのリスクは低い上で整形を行われているかと思います。

しかし、「顎の整形は気軽に誰でも小顔になる」
そんな意識で行っていてはいけないと大竹奉一さんは忠告しています。

 

 

もし、なんでも患者の意見を聞き入れてしまう腕の悪い主治医に頼んでしまうと

最悪、歯がボロボロになったり全部抜けてしまう可能性。
顎周りの機能にも影響が出てしまう可能性。

そんな弊害を忠告しています。

 

まとめ

有村藍里 整形手術内容

 

人生をより良いものにするために決断した今回の有村藍里さんの整形手術。

賛否両論ありますが、ご本人のその後の表情を見ていたら大成功だったと思います。
明らかに笑顔が増えましたし、その笑顔の質も全然違うように思います。

これから先、アフターケアや後遺症が大変だと思います。
しかし、それに負けずに芸能生活でも頑張っていって欲しいですね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です