渡辺謙が憤り!阪神が負け続ける理由は選手以外のところにある?

渡辺謙 憤り

 

世界の渡辺謙さんが憤りを覚えていることが話題になっています。

その理由は2019年の阪神タイガースの絶望的な弱さ。

 

今回は、そんな渡辺謙さんの憤りの内容や、その原因である阪神タイガースの弱さ。

こちらに言及していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

渡辺謙が憤りの内容は?

渡辺謙 憤り

 

 

2019年の4月21日の阪神vs巨人戦の試合をを現地で観戦した渡辺謙さん。

 

その試合内容は散々なものでした。

 

打てるどころか、守れない。

1試合3失策の惨劇という非常に散々な試合内容。

 

この試合内容を見た渡辺謙さんは今回の阪神タイガースのコメントを求められ

「言葉にならない。1回、ミニキャンプをはったくらいのほうがいいんちゃう? こんだけ打てないチームがエラーしてたら、シャレならん」

と憤りを隠しきれないようでした。

 

大のタイガースファンである渡辺謙さん。

昨年もタイガースに対してこんなコメントを自身のツイッターで残しています。

開幕からはや2週間。

借金10と苦しむ阪神タイガース。

 

この弱さは一体どうしたことなのでしょうか。

下馬評通りとは言え、ここまでひどい内容とはファンは予想できなかったはずです。

 

スポンサーリンク

渡辺謙が憤りに世間の反応は?

 

今回の、渡辺謙がタイガースに対する憤り。

世間の人は一体どのように感じているのでしょうか?

 

タイガースの弱さに対してはかなり渡辺謙さんと同じような憤りを感じている人が多いようですね。

 

いろんな意見が溢れていました。このなかの一部をご紹介したいと思います。

 

・浜中はじめコーチ陣の能力には疑問が残るが、根本的にトップが本気で勝つ気がないのが一番の問題。
メジャーで導入している最新機器を使ってスイングの軌道をチェックしてる巨人やDeに比べ阪神がそういうのを積極的に導入してるという話すら聞こえない。
現状、実質二枠も空いてる外国人枠。二十代前半で化けるかもしれない外国人を保険に置くこともしない。

・いろんな不名誉な記録ばっかり作って、矢野監督も休養してしまうかもって心配になってきた。
もう、阪神の試合よりも「夏の甲子園大会」が早く始まらないかなと思う。そっちのほうが全然楽しみで夢や希望を感じることができる。阪神の試合はストレスが溜まる一方で体に良くないよ。

・矢野には悪いが、やはり監督は掛布にしておくべきだった。矢野がベンチにいても存在感がない。一選手のようだ。掛布なら、いるだけで存在感がある。人間には格というものがある。選手もそういうものを感じ取ると思うよ。今からでも遅くはない。あまり敗けがこんだら交替すべきだ。

・今年はキャンプ成績がそのまま改善しないまま現在に至る
選手は考えながら練習をするべきただ体を動かせばいいものではない
コーチも無理に指導せず 考えながら練習しプレーする事をまず教えるべきだと思う 9イニング消化しているだけの様に見える

 

かなり、阪神という興味を持つ人が多いネタだけに、いろんな意見がありますね。

今年の阪神の成績に対しては多くの人は諦めモードにあるように思います。

 

 

渡辺謙が憤り!阪神が弱い理由は選手以外のところにある?

渡辺謙 憤り

 

では、一体今年の阪神タイガースが弱い理由。

その根本的な原因は何なのでしょうか?

 

「打撃不振」「守備の乱れ」「起用法」「投手崩壊」

いろんなことが叫ばれていますが、そこは根本的な原因ではなく、末端の事象にすぎません。

 

一番の原因は「若手が育っていない」

これに尽きるかと思います。

 

それは、つまり「首脳陣」の育成力不足。ということです。

阪神の今年の首脳陣は以下の通りです。

 

矢野燿大監督の経歴や実績(背番号88)
清水雅治ヘッドコーチの経歴や実績(背番号81)
福原忍投手コーチの経歴や実績(背番号85)
金村曉投手コーチの経歴や実績(背番号73)
藤井彰人バッテリーコーチの経歴や実績(背番号89)
濱中治打撃コーチの経歴や実績(背番号79)
平野恵一打撃コーチの経歴や実績(背番号76)
久慈照嘉内野守備走塁コーチの経歴や実績(背番号71)
藤本敦士内野守備走塁コーチの経歴や実績(背番号74)
筒井壮外野守備走塁コーチの経歴や実績(背番号96)
伊藤敦規トレーニングコーチの経歴や実績(背番号91)

https://tips-hodo.com/sports/tigers-coaches-2019より引用

 

ほとんどが阪神OBで固められているということですね。

 

もちろん、うまくいっている時は良いですが、若手が育っていない今、外部から優秀なコーチ招聘するなど

抜本的な改革が必要になってくるかと思います。

 

今まで若手が育ってきていなかったつけがまさに今回ってきているのが今の阪神の現状だと思います。

それに加えて、戦力不足を補う補強というのもあまり行わず、既存の戦力の底上げを期待した。

 

そんな甘い目論見が外れて戦力が足りないままシーズンを戦うことになる。

ここ数年の現状を見るとそんな状況です。

 

だからこそ、首脳陣の大幅な改革が必要だと思います。

 

しかし、負けても黒字経営にあぐらをかいている状態のフロント。

 

そこまで本気になることがないのがある意味阪神という球団の悪い体質でもあります….

 

なので、星野仙一さんのような、球団に物申す人物が現れること。

 

これが、阪神が変わるための今最も求められる条件ではないか?

 

↓阪神が弱い理由はこちらで解説中!

2019年阪神はなぜ弱いのか?その理由や原因はフロント・首脳陣にあり!

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • プロ野球ファンというより、阪神ファンになって久しい。かれこれ70年近くになろうか。自分では関西の
    バカ騒ぎするファンとは違って、理性的な且つ熱狂的な応援団だと思っている。
    ところが、ここ数年いや十年以上、阪神タイガースには興ざめしている。
    先日の新聞記事で、今年度の観客動員数がBクラスの阪神が第1位だそうだ。どこかがおかしいよね。
    負けても勝たなくても客が入る。だから親会社も選手も必死さがない。Bクラスだろうが、ドンケだろうが
    儲かってるからいいじゃんと言う訳だろう。
    親会社は、下手をして優勝でもされたら給料も大幅に上げにゃいかんし、とそろばんをはじきながら、何も
    する気がない。
    普通、今のようなBクラスをウロウロするようなチームなら、よそならばファンが見放すよ。
    タイガースファンよ! 本当にタイガースを強くしたいのなら、球場へ足を運ぶな!
    一度、2~3千人の客の前で試合をして、チームも選手も惨めな気持ちになってみることだ。
    そうなると、会社も本気で考えると思うよ。、

    • コメントありがとうございます!

      ファン歴70年とはすごいですね…
      これまで長いファン暦お持ちだと、阪神の酸いも甘いも知り尽くされていることでしょう。

      >タイガースファンよ! 本当にタイガースを強くしたいのなら、球場へ足を運ぶな!
      これは非常に重みのある言葉です(笑)

      阪神は負けてやいやい言われるのが伝統。
      そんな風潮がありますが、その風潮こそが、負けても連日満員を作り出していることでしょうね。
      まさに悪しき伝統。

      昔から「できない子ほど可愛い」そんなことがよく言われますが、阪神タイガースという球団はまさにこれに当てはまることでしょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です