ヘビフロッグってどんなyoutuber?謎に包まれた顔や本名、年齢、仕事などプロフィールについて徹底調査

生物系youtuberの中でもカエルやヘビなど爬虫類の動画を主に投稿されており、人気を博しているのがヘビフロッグchのヘビフロッグさんです。

当初はカエルやヘビなどに餌をあげる系の動画を主に投稿されていたのですが、徐々に生物実験系の動画や、最近ではムカデやカマキリ、セミ、ゴキブリなどの虫や、そこに寄生する寄生虫などちょっと特殊な生物を取り扱っている動画が多くなっています。

また、声のテンションがあがるポイントや、笑うポイントなどから「サイコパスなのでは?」「ちょっと苦手」と言われてしまうことも多い、生物系の中でも好き嫌いが分かれるyoutuberです。

しかし、チャンネル登録者数は52.6万人(2021年3月時点)を超える生物系の中でもなかなかの人気youtuberです。

今回は、そんな謎多き異色の生物系youtuberヘビフロッグさんについて色々と調査して情報をまとめてみました。

おーちゃんねるとヘビフロッグchは別人!?真相を徹底調査してみた

2021.03.09

ヘビフロッグさんのプロフィールはほとんど公表されていない!

ヘビフロッグさんはyoutube(ヘビフロッグchとヘビblog)の他にTwitterなどをやられていますが、そこから分かる情報は次の通りです。

■本名:不明(ヘビフロッグ)
■年齢:23歳
■生年月日:1996年10月31日
■性別:男性
■血液型:不明
■職業:youtuber
■出身:関東?
■最終学歴:大学卒
■彼女:無し?
■所属事務所:無し
■メインチャンネル『ヘビフロッグch』:https://www.youtube.com/channel/UCD9Rctu_iqX1DP35iSm2e-Q
■サブチャンネル『ヘビblog』:https://www.youtube.com/channel/UCi02LrzU8a-2onQPlRSgl8A
■Twitterアカウント:https://twitter.com/snakekaeru
■Instagramアカウント:https://www.instagram.com/hebifrog/

実際にヘビフロッグさんは、本名はおろか、そういった事につながる情報をほとんど発信されていません。

またyoutuberでよくやられることの多い「コメント欄の質問への回答」など質問回答動画などのアップを一切されておらず、生き物に関する動画のみを投稿され続けています。

どうやらプロフィールの非公開は徹底されているようです。

わかっていることは、誕生日が1996年10月31日であり、2019年3月に大学を卒業されている事ぐらいです。

大学卒業後はそのままyoutuberとして一本でやられているか、社会人として働かれているか、もしくは院に進学したかいずれかだと思われます。

2020年2月15日の投稿時点で学生マンションに住んでいるとのことですがから、もしかしたら大学卒業後は院に進学されたのかもしれませんね。

また、次の投稿などから今現在は関東圏内で活動されているようです。(旅行という可能性もありますが・・・)

ヘビフロッグさんはどんな顔?どんな雰囲気?

基本的にヘビフロッグさんは動画内で顔出しは一切されていません。

水槽などガラスや水など顔が映ってしまいそうなものを多数使われているのにもかかわらず反射なども一切映っていません。

そのため、どんな顔なのかは不明です。

しかし、どんな雰囲気なのかは、生物系(昆虫系)youtubeチャンネルの『おーちゃんねる』にヘビフロッグさんが突然ゴキブリを送った際のメッセージ動画が出てくるのでなんとなく分かります。

モザイクがかかっていますが、これがヘビフロッグさんだと思われます。

ヘビフロッグさんに彼女はいる?結婚してる?

ヘビフロッグさんはTwitterでもプライベートに関することはあまり発言されませんが、彼女については2019年3月21日のツイートで、「この人彼女作れるんやろか」というコメント欄のキャプチャ画像に対して「うん、できないよっ!」と返されているので、おそらく彼女はおられないのではないかと思われます。

そのため結婚もされていないのではと思われますが、実際にどうなのかは情報が全く公開されていないので不明です。

ヘビフロッグさんの年収・月収はどれぐらい?

今やもうチャンネル登録者数50万人を超える人気youtuberのヘビフロッグさんですから、一番気になるのがその年収や月収です。

実際youtuberの収益は、再生回数だけではなく、動画の平均試聴時間、動画のジャンル、動画の長さ、そして企業案件やアフィリエイトの有無などによっても大きく変わってくるので正確な数字を調べるのは至難の技です。

実際にチャンネル登録者数が1万人であっても1ヶ月5万円程度の人もいるし、100万以上の収入になる人もいるのです。

本当に参考程度にしかなりませんが、Youtuberのランキングサイト「チューバータウン」で検索してみるとヘビフロッグさんの年収は約1624万円。

チャンネル登録者数1万人以上あれば生活できるぐらいの収入が得られる(人によるようなのであくまで参考)という世界でチャンネル登録者数が50万人超えなので、普通にyoutube一本で食えるのではと思われます。

ヘビフロッグさんはサイコパス!?そう言われる理由とは?

ヘビフロッグさんは動画を見る限りとても生物に関しての知識が豊富で、さらに自身でもカエルを大事に育てられたり、生きた生物に対してしっかりと配慮もされており、生物に対しての愛に溢れたyoutuberさんです。

しかし、ヘビフロッグさん「サイコパスなのでは?」「気持ち悪い」などと言われてしまうことも多い好き嫌いの分かれるyoutuberさんです。

なぜそう思われてしまうのか、理由は主に次の3つです。

  • サムネとタイトルがグロテスク(取り扱う生物が特殊)
  • 声色
  • テンションが上がるタイミングや笑うタイミングが特殊

まず「サムネとタイトル」が少しグロテスクなのです。

ヘビフロッグさんは主に爬虫類を取り扱うyoutuberですが、ムカデやゴキブリ、寄生虫など一般的には気持ち悪いと敬遠される生物も多数取り扱います。

そのためサムネに出てくる虫自体が気持ち悪いと感じる人が多いことや、タイトルも「大量の生きたヒルをアルコールに入れた結果…」「最強のイモムシにアルコール96%の酒をかけた結果」「青虫を潰そうとした結果」「ハリガネムシはちぎれるか検証した結果」などなかなか過激です。

またそういった動画をみてみると「こんにちは!ヘビフロッグと申しま〜す」と少し特徴的な声色で、楽しそうにそういった実験を行っている様子が映るので、そういった事が重なって「サイコパス」「気持ち悪い」など言われることが多いのかもしれません。

「炎上しそうで炎上しないyoutuber」ともよく言われますが、それがヘビフロッグさんの魅力であり、ヘビフロッグさんの動画が人気の理由かもしれません。

そのため、意外とバッド評価も少なく、コメント欄も意外と荒れておらず平和です。

また、ヘビフロッグさんの動画視聴者はなんと女性が4割以上も占めているのだとか。

また、生物系youtuberの視聴者の年齢層は10〜20代が中心なのに対し、ヘビフロッグさんの視聴者層は25歳〜54歳が65%と高めのようですね!

ヘビフロッグchのおすすめ動画5選!

2021年3月時点で再生回数が多いヘビフロッグさんの動画は以下のようになっています。

個人的には全部おすすめですが、「ヘビフロッグchってどんな感じ?」と興味のある人は人気のものから見てみてください。

なかなか過激な動画が多いですね!

ヘビフロッグさんの今後に期待!

今現在でも過激な動画をアップはしているものの、youtubeの規定などがどんどん厳しくなってきています。

しかし、今現在もヘビフロッグさんはなかなか過激な企画の動画を投稿してくれていますので、今後もどんな動画をあげてくれるかが楽しみですね!

また、ヘビフロッグさんがやられているTwitterなども同時にフォローしておくと、動画では話されなかったヘビフロッグさんのプライベートな部分もかい見えてくるかもしれません。

今後のヘビフロッグさんの活躍に期待です。