ティモンディ前田裕太も運動神経がエグい!経歴やストイックエピソードまとめ

野球強豪校である、済美高校出身のお笑いコンビ「ティモンディ」。

オレンジ色の衣装と独特の口調でインパクトのある高岸宏行さんが注目されがちですが、相方である前田裕太さんも「炎の体育会TV」などメディアで飛びぬけた身体能力を披露し、話題になっています。

ティモンディの「じゃない方芸人」と思われがちな前田裕太さんの驚くべき運動神経と、経歴などエピソードとともにまとめました。

ティモンディ前田裕太さんプロフィール

名前:前田 裕太(まえだ ゆうた)
出身地:神奈川県
生年月日:1992年8月25日
血液型:B型
身長:175cm
体重:68kg
足のサイズ:27.5cm
趣味:サッカー観戦、読書
特技:勉強、野球
学歴:私立済美高等学校→駒澤大学法学部→明治大学法科大学院中退

意外にもサンリオピューロランドが好きで年間パスを持っているんだそう。

推しキャラクターはバットばつ丸くんです。


ティモンディ前田裕太さんの経歴

前田さんは神奈川県相模原市出身で、中学時代には硬式野球チーム「座間ボーイズ」に所属していました。

地元の高校には進学せず、「どうしても甲子園で優勝したい」という思いから、遠く離れた愛媛県の済美高校に入学します。

この野球部で、相方の高岸さんと出会います。

ちなみに中学時代から野球の実力は素晴らしく、10校もの高校からスカウトが来ていたそうです。

高校時代の野球部では、2年生の時に、控え投手兼野手としてベンチ入りしています。

高校3年生の時にもベンチ入りしましたが、レギュラーにはなれなかったようです。

念願の甲子園ですが、1・2年生の時に済美高校は甲子園出場しましたが、前田さんは試合に出ることができませんでした。

そして高校3年生の時、済美高校は愛媛県大会の準決勝で敗退し、甲子園の土を踏むことなく高校野球の幕を閉じたのでした。

大学では、プロ野球選手になる夢が叶いそうにないと感じ、野球をやらなかったそうです。

代わりに勉強に励み、弁護士を目指していたんだそう。

大学院にも進みましたが、高岸さんと本格的にお笑い芸人を目指すため中退しています。

スポーツ万能で、弁護士を目指す頭脳がある前田さんは、かなり高スペックな芸人さんであることがわかります。

ティモンディ前田裕太の驚くべき運動神経エピソード

実際にティモンディ前田さんがどうすごいのか?

驚くべき運動神経のエピソードをまとめました。

跳び箱16段(2m36cm)を1発で跳べる

2020年9月14日放送の「有田プレビュールーム」での出来事です。

この番組でティモンディ前田さんはスゴ技を連発したので話題になりました。

なんと高さ16段の跳び箱を1発で飛んでしまったのです。

高さ16段の跳び箱は2m36cm、15段が電話ボックスと言われているので、それ以上を楽々飛んでしまったことになります。

元体操選手の池谷直樹さんは「一発でこれだけ高く跳べる人はいない」と、断言しています。

この番組では他にも、「4.6mのフリースローラインから、トランポリンを使いダンクシュートを決める」「ローラーボーラーを使ってマシュマロキャッチをする」など超技を連発しました。

筋力測定で2年連続全国一位

ティモンディ前田さんはテレビ番組でフライパン曲げを披露しています。

それだけ筋力がすごいのですが、相方の高岸さんによれば高校時代は現在よりも9倍のパワーを持っていたんだそう。

高校時代、ティモンディ前田さんは全国の高校野球部員対象の筋力測定で高校1・2年生の時に全国1位を記録しています。

また、高校3年生の時には、スクワットで280kgを持ち上げ、この記録は当時の高校ウエイトリフティング記録で全国3位に入るものです。

現在でも十分すごい筋力ですが、高校時代はもっと強かったと驚きですね。


日本一の練習量と言われる済美高校エピソード

ティモンディ前田さんの驚くべき筋力はどう作られたのか?

やはり高校時代の野球部の練習の成果だと思われます。

済美高校野球部は日本一の練習量と言われています。

その野球部の練習内容をティモンディのYouTubeで公開されています。

・合宿は夜中の3時まで、朝6時からダッシュ
・真夏に分厚いウェアを重ね着して練習
・入って一ヶ月は挨拶と返事の練習

厳しいながらも独特な練習を乗り越えたようです。

また実際の練習を再現した動画も公開されています。

再現だとしても当時の練習をまだ体が覚えているのはすごいですね。

また、恩師である監督への感謝を忘れない、ティモンディのお2人の人柄の良さが感じられます。

野球だけでなく勉強にもストイック

高校時代は野球にストイックなティモンディ前田さんですが、野球をやめてからもそのストイックさは変わらなかったようです。

大学時代は勉強に打ち込み、まじめに法律研究サークルに入っていました。

成績も良く、相方の高岸さんには別大学ながらもテスト勉強を教えていたそうです。

弁護士を目指して大学院を受験した際にも、受験した大学院すべてで学費免除の対象になるほどの学力だったので、相当努力したようですね。

大学を卒業した後は、法律事務所に就職しようかなと思って法律を勉強していたので、そのために勉強する4年間、という位置付けでやっていましたね

明大スポーツ新聞部から引用

ティモンディは高岸だけでなく前田も凄かった!

運動神経抜群のティモンディ前田裕太さん。

その筋力は済美高校野球部の厳しい練習によって作られたものだったのですね。

「SASUKE2020」にも出場が決まっていますので、どれだけの筋力が見られるのか期待です。