中神円って誰?本名や大学などの経歴(wiki)まとめ | ドラマ賢者の愛や羽田圭介との結婚についても調査

2015年に『スクラップ・アンド・ビルド』でピース又吉ど同時に芥川賞を受賞した事や、独特のキャラクターで有名な小説家の羽田圭介氏との結婚が発表され話題となった女優・映画監督の中神円(なかがみ えん)さん。

wikipediaにも中神円さんのページはなく、「え?誰?」と気になった方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな謎多き中神円さんの本名や出身大学、過去のドラマや映画の出演歴、公式SNSなどプロフィール情報を詳しく調査してみました。

中神円(なかがみ えん)さんのプロフィール

名前:中神 円(なかがみ えん)
生年月日:1993年7月30日
身長:168cm
血液型:O型
出身地:東京都杉並区
趣味:脚本執筆、読書、料理、魚釣り
特技:阿波踊り、着付け、ピアノ、水泳
資格:学芸員、フードスペシャリスト、漢検2級、普通自動車免許(MT)

中神円(なかがみ えん)さんは、ハイイロという事務所に所属する女優さんです。

スカウトにより芸能界デビュー。

女優としてだけではなく、モデルや映画やMVの監督(短編映画『ランチボックス』)、脚本家、文筆家とマルチに活躍されています。

中神円は本名?芸名?

中神円と書いて「なかがみ えん」と読む、珍しい名前です。

漢字だけを見ると「なかがみ まどか」と読んでしまう人も多そうですね!

中神円(なかがみ えん)が本名なのか芸名なのかは、今現在公言されておらず分かっていません。

中神円の出身高校や大学は?学歴について

マルチな才能を発揮されているので出身高校や大学など学歴が気になりますね。

自身の公式Twitterにて、中学校、高校、大学とずっと女子校だったことを公言されています。

あくまで推測にすぎませんが、学芸員の資格を持っているという事から考えれば、大学はそういった科目が履修できる女子大という事なので、「東京家政大学」や「実践女子大学」「共立女子大学」「跡見学園女子大学」「学習院女子大学」「駒沢女子大学」「日本女子大学」「大妻女子大学」「聖心女子大学」「清泉女子大学」「昭和女子大学」「女子美術大学」などの中に中神円さんの出身大学がありそうです。

仮に中学〜大学までエスカレーターということや、出身地でもある東京都杉並区高円寺近辺ということを考えると「女子美術大学」あたりが濃厚でしょうか。

親や兄弟、姉妹は?

中神円さんの親についてや、兄弟や姉妹の有無などについては公言されていません。

趣味や特技

趣味や特技として、5歳から始めた「阿波踊り」があると公言されています。


18年毎年欠かさずに高円寺阿波踊りに出ていたのだそうです。


作家・羽田圭介さんと結婚

2020年12月21日に芥川賞作家の羽田圭介さんと結婚していたことが、日刊スポーツで大きく取り上げられました。

名前:羽田 圭介(はだ けいすけ)
生年月日:1985年10月19日
身長:180.5cm
血液型:O型
星座:てんびん座

出身地:埼玉県北葛飾郡松伏町
最終学歴:明治大学商学部卒
趣味:ギター、ピアノ、声楽、自転車、バイク
資格:大型二輪
主な受賞歴:2003年『第40回文藝賞』、2015年『第153回芥川賞』
主な作品:『スクラップ・アンド・ビルド(文藝春秋 / 2015)』『メタモルフォシス(幻冬社 / 2014)』『ポルシェ太郎(河出書房 / 2019)』など

羽田圭介さんは2015年に芥川賞をピース又吉と同時受賞したことや合理的すぎる独特のキャラクターや世界観が受け、今も小説家として、またタレントさんとしても、テレビやラジオ出演、ミュージカルやコンサートを行うなどマルチに活躍されています。また、ご自身でもyoutubeアカウント『羽田圭介』でも発信も積極的にされているようです。

中神円さんとともにマルチな活躍をされていた事や、少し変わったところなどから、通ずるところがあったのではないでしょうか。

中神円さんのご自身の公式Twitterでも次のように報告されています。

日刊スポーツの取材で中神円さんは、次のように結婚について報告されています。

「結婚の報告」

私、中神円は小説家・羽田圭介と結婚しました(※夫の敬称を省略しているのは、身内に敬称をつけるべきではないという夫の意向によるものです)結婚はしましたが特段大きな変化は無く、私は今後も俳優業のみならず、俳優ならではの視点を活かした監督業、脚本やコラムの執筆といった幅広い表現の分野で活躍できるよう精進して参ります。

それなりに夫を近くで見てきましたが、未だにわからない面も多く、これから一生を掛け知っていこうと思っております(※上記文章を夫に見せたところ「一生は掛からないんじゃないか」と言われましたが、下手したら一生分からないかもしれません)。

中神円

日刊スポーツからの引用

一方で、羽田圭介さんサイドも、12月21日に発売した『週刊プレイボーイ』で自身の連載「作家・羽田圭介 資産運用で五億円の豪邸を買う。」の中で、結婚した事実や、大学卒業以来に人と共同生活を送ることなどを明かしています。自身の公式Twitterでは結婚については触れられていませんでしたが、関連ツイートのコメントに祝福の言葉が並んでいます。

他のも羽田圭介さんが2020年9月までパーソナリティをされていたTBSラジオ『ACTION』の公式Twitterアカウントでも驚きのコメントが!

その他に馴れ初めについては中神円さんも羽田圭介さんも公言されていないのか、情報がありませんでした。

中神円さんの主な出演ドラマ

中神円さんが主に出演しているドラマは以下の通りです。

2020年 KTV 「東京男子図鑑」
2017年  EX 「Doctor-X 外科医・大門未知子」 第3話
2016年 YTV 「遺産相続弁護士 柿崎真一」
2016年 WOWOW 「賢者の愛」
2016年 NHK 「スクラップ・アンドビルド」
2015年 TBS 「ホテルコンシェルジュ」 第9話,第10話 三上 奈美役

ハイイロからの引用

なんと2016年にドラマ化された羽田圭介さんの代表作『スクラップ・アンド・ビルド』にも出演されていたのは驚きです。

中神円さんの主な出演映画・監督映画作品

中神円さんが出演した主な映画作品は以下の通りです。

2019年 「空の瞳とカタツムリ」 主演 斎藤久志監督
2019年 「ランチボックス」 監督・脚本・編集 中神円
2018年 「兄友」 中島良監督
2018年 「世界で一番最後の魔法」 主演 森田博之監督
2018年 「からっぽの横」 川上知来監督 東京藝術大学大学院卒業制作作品
2018年 「退屈な日々にさようなら」 今泉力哉監督

ハイイロからの引用

自身で監督から脚本、編集、そして出演もされた映画『ランチボックス』はシアターカフェ賞を受賞。

その映像は、アーティスト『ビッケブランカ』さんの曲『最後ー公里〜まっしろ〜』のoficial lyric videoに起用されました。

また、2019年に出演された斉藤久志監督作品『空の瞳とカタツムリ』では実際に舞台挨拶をされています。


中神円さんのその他の活動は?

中神円さんは、女優や映画監督だけとしてだけではなく、MVやCMなどにも出演されています。

【MV】
2020年 アクメ「RISING SUN」
2018年 ビッケブランカ 「ウララ」
2016年 sumika 「sara」
2016年 R指定 「forest」
2015年 余命百年 「テンプテーション・ダンス」

【広告】
2020年 ワフードメイド「温泉篇」「お寺篇」「布団篇」
2019年 東京建物「 建物はあなたを包む」 篇
2016年 オリックス生命「死後の整理貯金」篇
2016年 mixi MERVELツムツム「チャラ男と冷静な女」篇
2016年 第一三共ヘルスケア トラフルPROクイック「トラフル塗ろう!」篇

ハイイロからの引用

また、吉祥寺のフリーペーパー『吉祥寺時間』でコラムを連載中など、文筆業もされているそうです。

もし吉祥寺で見かけた際にはフリーペーパーをぜひ探してみては!?