金正恩の嫁は元歌手で超かわいい!馴れ初めは叔父の紹介で子供は3人!【画像】

金正恩 嫁 かわいい

北朝鮮の現最高指導者・金正恩。

そんな独裁者としても国のトップの妻になるような女性とはは一体どのような人物なのでしょうか?

今回は、そんな金正恩の妻(嫁)について詳しくお伝えしたいと思います。

【画像】金正恩の嫁(妻)李雪主がかわいい!その経歴は?

金正恩 嫁

こちらが、金正恩の妻である李雪主(リ・ソルジュ)

かなりの美人ですね。ネット上では『金正恩にこんなかわいい奥さんがいたなんて』と話題になっていました。

そんな李雪主のプロフィールを見ていきましょう。

プロフィール

名前:李雪主(リ・ソルジュ、리설주)
生年月日:1988年9月23日
身長:164cm
生まれ: 北朝鮮 平壌
学歴:金星学院~金元均名称音楽総合大学

平凡な家庭の出身

金正恩 嫁 かわいい

李雪主は高官の娘ではなく、平凡な家庭出身だそう。

とはいえ、父親は軍出身の航空機パイロットで、母親は地元の商業管理所の会計担当者でした。

パイロットはエリートではあっても、特権階級とは言えず、身内に高位幹部もおらず、庶民的な家庭と言えるそう。

とはいえ、北朝鮮の国内の中では非常に裕福な家庭だった事が伺えます。

音楽学校の出身

金正恩 嫁 かわいい

幼い時から歌と踊りの才能を見せた李雪主。

小学校の担任教師の推薦と、娘の教育に情熱を注いだ母親の努力でエリート校である金星学院に入学しました。

しかし、金星学院の生徒は、多くが特権階級に属しています。

上は朝鮮労働党や政府、軍などの重要機関トップの孫、下は平壌市の区域党責任幹部や各道の党・行政機関の責任幹部の子供たちといった具合。

李雪主のような「庶民派」は友達付き合いなどで苦労を強いられたと見られます。

美貌と才能で自らの道を開く

金正恩 嫁 かわいい

それでも、歌の才能と美貌に恵まれた李雪主。

16歳のときには朝鮮労働党の幹部5課の目にとまったといいます。

5課は、金正日・金正恩ファミリーの身近で仕える人々を選抜する部署で、あの「喜び組」もこの部署の担当であり、その存在感は党内でも広まっていく事になりました。

大学時代にコネを獲得し道開く

金正恩 嫁 かわいい

金星学院を卒業した李雪主。

さらには父親の遠縁の親戚が、党宣伝扇動部の重要幹部につながる人脈を持ったことで、李雪主氏の未来は大きく開けました。

こちらも名門ともいえる、平壌市にある2年制の音楽大学の金元均名称音楽総合大学(旧平壌音楽舞踊大学)に入学。

この大学は幼時に音楽で才能を見せた生徒たちが、英才教育を終えた後に入学する北朝鮮最高の音楽分野の総合教育機関とされている大学で北朝鮮で指折りの音楽家たちのほとんどがここの出身だそう。

日本でいう東京芸術大学音楽学部みたいなところでしょうね。

美女応援団の一員に

金正恩 嫁 かわいい

李雪主はこの大学在学中に一時期日本でも話題になったスポーツ選手団を応援する『北朝鮮の美女応援団』の一員でした。

金正恩 嫁 かわいい

2005年に韓国・仁川で開催されたアジア陸上選手権に「美女応援団」として参加したことが確認されています。

金正恩 妻

そして、李雪主はこの美女軍団の中でも「エース級」の美貌と言われていたそう。

金正恩の嫁(妻)李雪主は元歌手だった

金正恩 嫁 歌手

李雪主は大学を2008年に卒業。

人民保安部人民内務軍協奏団で声楽家としての活動を開始。

銀河水管弦楽団に所属

そして、2008年の12月頃、銀河水(ウナス)管弦楽団のメンバー候補に選抜されました。

こちらがそのときの様子↑

その歌の実力からもかなりの歌手だった事が伺えますね。

この銀河水管弦楽団は金正日総書記によって2009年に創設され2012年まで精力的に公演活動を行っていました。

スキャンダルにより解散

金正恩 嫁

しかし、銀河水管弦楽団は2013年に解散。

その原因というのが、銀河水管弦楽団のメンバー数人が違法ポルo動画に出演し制作していたというもの。

これに携わっていた銀河水管弦楽団の関係者やメンバー数人がo刑されるなど、かなりのスキャンダルとなりました。

金正恩の嫁(妻)李雪主との馴れ初めは?

金正恩 嫁 馴れ初め

では一体金正恩と妻の李雪主の馴れ初めは一体どのようなものだったのでしょうか?

叔父の紹介

金正恩 嫁 馴れ初め

李雪主を金正恩の夫人候補として目をつけたのが実は金正恩の叔父・張成沢(チャン・ソンテク)です。

張成沢と言えば、2013年に国家反逆の罪でo刑されたことでも有名。

この紹介は李雪主が金元均名称音楽総合大学在学時の2005年辺りに「美女応援団」として在籍していた頃とされています。

金正恩 妻 馴れ初め

当時、党行政部長として銀河水の団員選抜を統括していた張成沢が李雪主に注目。

李雪主を金正恩の夫人候補として金正日氏に推薦したところ、金正日氏も彼女を気に入り、息子の金正恩にプッシュしたそう。

2009年に結婚

李雪主 なれそめ

金正恩と李雪主は2009年に結婚したとされています。

なので、交際期間は約3~4年ほどということになります。

李雪主を見つけたのは金正恩本人ではなかったですが、その後の様子を見れば、金正恩が妻を気に入っているのは明らか。

子供について

金正恩 嫁 子供

金正恩と李雪主の間には3人の子供がいます。

第1子は2010年に生まれた男児、第2子は2013年に生まれた女児で名前は「ジュエ」というそう。

第3子の性別は不明ですが、2017年2月に生まれたことが確認されています。

金正恩の嫁(妻)李雪主のファーストレディーとしての変化

北朝鮮のドレスコードに風穴を空ける?

李雪主 ファッション

北朝鮮のファーストレディーと言えば、敵対国である欧米の服装は禁止されていました。

しかし、李雪主のファッションによって、北朝鮮の女性のドレスコードが見直され、今まで何十年にもわたって禁じられてきたスラックス、ハイヒール、ローファーなどの許可へつながるとの見解さえ聞かれています。

金正恩 嫁 やりまくり

李雪主という女性像は北朝鮮社会に一種の挑戦を投げかけていることは間違いないでしょう。

公の姿にも姿を現す

金正恩 嫁 画像

また、「北朝鮮のファーストレディー」と言えば、夫人同伴で公の場に姿を現さない事でも知られていました。

ところが、李雪主は積極的に表舞台に姿を現すなど、北朝鮮のファーストレディーのメディア露出という点でも変化を与えている事でしょう。

金正恩の嫁(妻)李雪主のまとめ

金正恩 嫁 画像

これまで、北朝鮮のファーストレディーが表舞台に姿を現さなかったその理由の一つに金正日自身が愛人が何人もいたから。とも言われています。

しかし、それを反面教師に息子である金正恩は一人の人を愛すようになったからこそ、このような表舞台に北朝鮮のファーストレディーが姿を現す事ができるようになったのでしょう。

そして、それは裏返すと李雪主が魅力的な女性である事を表しており、金正恩もこの李雪主にかなり惚れているのでしょうね。

金正恩の若い頃の写真が超イケメン!?昔は痩せててスポーツマンだった!

2020.04.22