京本大我の母親は山本博美!アイドル時代〜現在を総まとめ!

超有名俳優の京本政樹さんの息子でもあり大人気グループSixTONESのメンバーでもある京本大我さん。

その有名な2世としても注目を浴びますが、気になるのはその母親の存在。

今回は、そんな京本大我さんの母親について詳しくお伝えしたいと思います。

京本大我の母親は山本博美は元アイドル

京本大我さんの母親は山本博美さん。

山本博美さんは80年代に活躍した元アイドルです。

プロフィール

京本大我 母親

名前:山本博美(やまもとひろみ)
生年月日:1962年11月26日
身長:162cm

血液型:B型
出身:大阪府出身
学歴:大阪成蹊女子高等学校卒業
趣味:お菓子作り、バレーボール、小物集め、編み物、ピアノ、ソフトボール、ジャズダンス
家業:床屋

キャンキャンのメンバー

京本大我 母親 アイドル

山本博美さんは唐沢美香さん・桜井直美さんと共に1982年から1983年にかけて活動した女性3人組アイドルグループ「キャンキャン」のメンバー。

一番右の女性が山本博美さん。目がぱっちりしていかにもアイドルらしいルックスの女性ですね!

ちなみに、真ん中の女性の桜井直美さんはSnow Manの佐久間大介さんの母親。

20数年の時を超えてまさか子供が同じジャニーズに入って違うグループとして同時デビューするなんてこの時は夢にも思わなかったでしょう。

この奇跡はエモすぎますね〜。

京本大我 母親 山本博美

芸能界入りのきっかけは1980年に毎日放送の『ヤングおー!おー!』の「ミス・アイドルコンテスト」でグランドチャンピオンを獲得したこと。

その後、同番組のスポンサーである日清食品のCMに出演し、一気に芸能界への道を開くことに。

やはり、ミスコン出身ということもありそのルックスはグループでも飛び抜けていました。

女優さんのようなアイドルにはもったいないぐらいのルックスですね。

キャンキャン時代の活動

京本大我 母親 アイドル

では、ここからはキャンキャンのアイドル時代の活動を詳しくご紹介していきましょう。

それにしても、3人めっちゃ顔が似ていますね〜。まるで3姉妹のようです。

キャンキャンはシングルを活動時に全部で4枚出しています。

デビュー曲の「あなたのサマーギャル」

この時はセンターが佐久間大介さんの母親の桜井直美さんをしていたようですね。

京本大我 母親 山本博美

山本博美さんのメンバーカラーはブルーですね。

2曲目の「涙のC・Cガール」

センターは変わらず、桜井直美さんのまま。

京本大我 母親 山本博美

それにしても、山本博美さんは背が高いですね〜。メンバーの中でも一番目立っています。

3曲目の「迷うルージュの色」

京本大我 母親 アイドル

この頃から山本博美さんがセンターになっています。

最後の曲となった「なに?お巡りさんが・・・」

最後まで山本博美さんがセンターをしているところを見ると、グループで一番の人気は彼女だったのではないでしょうか。

キャンキャンは音楽活動のみならず、「コスモス」のCMへの出演。

そして、テレビ東京系列で放送されていた「独占!スター生情報」でのアシスタントを務めるなど、徐々にその知名度は上昇していきました。

しかし、小泉今日子、中森明菜、堀ちえみ、早見優といった当時の82年組の勢いに押されたためか、幅広い人気を獲得することが出来ず、結局、翌1983年に解散。

活動期間はわずか1年足らずとかなり短命なアイドルグループとなってしまいました。

運も必要な芸能界。時代がうまくマッチしなかったのでしょう。

京本大我 母親 アイドル

もう少し芸能界入りが遅ければ、ルックス的にもおニャン子クラブのメンバーになっていたかもしれませんね。

キャンキャン解散後

キャンキャン解散後は山本博美さんは1984年〜1986年まで深夜番組『ミントタイム』(テレビ朝日)で黒沢ひろみさん、村上里佳子さんらと司会を担当。

京本大我 母親 アイドル

この番組は女性の美と健康をテーマにした情報番組。

女性の美と健康がテーマですから当然女性をターゲットにした番組なんでしょうけど、きっと女性より男性の方が多く見ていたことでしょう(笑)

京本大我 母親 山本博美

また、女優業にも挑戦していたようで、1986年にTBS系で放送された井森美幸さん主演のドラマ『遊びじゃないのよ、この恋は』に出演経験があります。

京本政樹と結婚

京本大我 母親 アイドル

そして、1991年に山本博美さんは京本政樹さんと結婚。

京本政樹さんは博美さんに対して、「非常に優しい性格の女性的な尽くしてくれる人」で、「とにかく家庭的」なところに惹かれたと言います。

二人が知り合ったのは1988年秋頃のことです。

京本さんが座長を務めた京都・南座の舞台に博美さんが出演したのが馴れ初めでした。

最初は仕事の付き合いで、2年くらい前から友だちづき合いを始めまして、だんだんこの女(ひと)だったらなあと思いました。

こんなことを語っていた京本政樹さん。

京本大我 母親 山本博美

かなり、慎重な交際の仕方ですが、これにはワケがありました。

この3年前の1988年、京本さんが経験した前妻との泥沼離婚があったからです。

10年間の恋を実らせた前妻・長窪真佐子さんとの結婚は、わずか10ヶ月足らずで破局…しかも、スキャンダルが続出する文字通り泥沼離婚でした。

僕の場合は、 古い過去の傷跡があるもんですから、まじめにきちんと段どりを踏んで、みんなから祝福される結婚をしたいと思って。

と何度も、「きちんとした交際」を強調する京本さんのコメントから、この結婚こそは成功させたいという決意までもが感じらます。

そんな、決意の元に山本博美さんとの結婚に望んだ京本政樹さん。

その後、その決意通り順調に夫婦生活を共に送り、二人の間には1994年12月3日に息子の大我さんが生まれています。

京本大我の母親・山本博美の現在は?

専業主婦として家族を支える

山本博美さんは1962年11月26日生まれの現在57歳!(2020年4月時点)

山本博美さんは京本政樹さんと結婚して以降、アイドル活動を含めた芸能活動を辞め、現在は専業主婦として家庭を支えています。

家庭に入ってからは露出が一切ありませんので、現在の画像などは見つかりませんでした。

おしどり夫婦でも有名

しかし、京本政樹さんと山本博美さんはおしどり夫婦として有名だそう。

京本政樹さんの仕事がオフの日には決まって夫婦揃って外出をするそうで、何をするにも一緒なのが夫婦円満の秘訣だそうです。

また、息子の大我さんは母親のことを「母ちゃん」と呼ぶことから、その関係性が伺えますし、お母さんっ子なのでしょうね。

デマの写真も

しかし、「山本博美 現在」で調べると、この画像が出てきますが、この写真は女優の斉藤慶子さんです。

なので、デマ画像ということになります。

京本大我の母親・山本博美の家系がヤバい

 

小池徹平の父親と従兄弟

また、この山本博美さんは過去にアイドルをやっていたという芸能人という事実だけでなく、その家系も非常に驚くべき事実があります。

それが、山本博美さんと俳優の小池徹平さんの父がいとこ同士ということ。

かなり近い距離の親戚であり、お正月なんかにも集まってもおかしくないレベルの関係ですね…。

小池徹平と京本大我は「またいとこ」

少し、複雑なので、上の図にまとめてみました。

つまり、小池徹平さんと京本大我さんは「またいとこ」という関係になります。

少し分かりづらいですが、要するに小池徹平さんと京本大我さんのおじいちゃんまたはおばあちゃん同士が兄弟ということ。

こんな身近に芸能人が生まれる家系・・・非常に世間の狭さを実感させられますね…。

京本大我の母親・山本博美のまとめ

京本大我 母親 アイドル

京本大我さんは父親の京本政樹さんばかりが注目されています。

しかし、その超美形のルックスは母親の山本博美さんとの血のおかげであることも忘れてはいけません。

大我さんを産んでくれたこと。京本政樹さんと出会ってくれたこと。

まさに、全てに感謝しかありませんね!