石田純一はタバコの喫煙者で持病は肝臓病?コロナで悪化の可能性も・・・

石田純一 持病

新型コロナウイルスに感染した石田純一さん。

そんな石田純一さんで気になることといえば、「タバコの喫煙」や「持病」でしょう。

志村けんさんもそうだったように、喫煙と悪化の関係性の因果関係が高いことからもかなり心配ですよね。

今回は、石田純一さんのタバコの喫煙事情や持病に関する内容をお伝えしたいと思います。

新型コロナに感染した石田純一

石田純一さんの感染までの時系列は以下の通り↓

 
・2020年4月10日 に仕事のため沖縄へ行く
 
・2020年4月11日に身体がだるく感じ、4月13日に東京へ戻るまでホテルにて休息を取る
 
・2020年4月14日病院にて肺炎の傾向が見られたため入院しPCR検査を受ける
 
・2020年4月15日に陽性と確認
 

このような流れになります。

この流れを見ると、感染経路は「沖縄」ということになります。

石田純一はタバコの元喫煙者で肺年齢は70歳?

石田純一 喫煙

 

かつて喫煙者だったことを告白

また、気になる石田純一さんの喫煙事情ですが、過去には喫煙者だったことを明かしています。

2016年に世界保健機関(WHO)の「世界禁煙デー」に理子夫人とゲストで登場した際に以下のように語っています。

石田さんは自身の喫煙経験や80~90年代に流行したトレンディドラマを振り返り、「僕も若い時期にタバコを吸ってたことがありますし、ドラマでもよくタバコを吸うシーンがよくありましたけど、最近ではそういうシーンは少なくなりました。

このように、かつてのトレンディドラマ時代の30代あたりの頃から喫煙経験があったようです。

しかし、喫煙については以下のようにも語っています。

受動喫煙防止を呼びかける一方、肺年齢測定会の実施やリーフレットの配布などを行った。20年前にたばこをやめたという石田さんは「31日からの禁煙週間を機に、たばこの害や副流煙の害、受動喫煙の害について考えていきたい」と話し、健康の大切さを訴えた。

産経ニュースより引用

「20年前にたばこをやめた」こんなことも語っており、2000年の45歳の頃に禁煙したということも語っています。

この発言を時系列でまとめて見ると、石田純一さんは20代後半〜45歳頃まで約25年間は喫煙していたということになります。

肺年齢は70歳?

石田純一 持病

また、このイベントで石田純一さんの肺年齢を測定してみたところ、なんと「肺年齢は70歳」ということも分かっています。

やはり、いくら20年前に禁煙したとはいえ、長年の蓄積がある分、非喫煙者に比べてその肺機能に相当負担がかかっていることは間違いなことでしょう。

続いて石田夫妻は、肺の健康状態を調べる「肺年齢測定」に挑戦しました。普段からランニングを行っているという62歳の石田さんですが、結果はまさかの70歳。

夫の肺年齢に理子は「ちょっと!心配になっちゃう」と驚くばかりだった。

0テレNEWSより引用

石田純一の持病は肝臓病?

石田純一 持病

また、気になる石田純一さんの「持病」について。

こちらはつい最近の2020年1月6日放送のTBSの医療バラエティ「名医のTHE太鼓判!」

こちらで、人間ドックを受診したところ、「肝機能異常」を患っていることが発覚。

タバコは吸っていないですが、その分日頃からかなりお酒を飲む習慣があったようで、慢性的に肝臓がダメージを受けていることが分かっています。

健康的な生活を送っていると主張する石田だったが、日常に密着してみると妻に内緒で大好きなワインを時にボトル2本も空けるなど、65歳とは思えない酒豪っぷりが明らかに。身体の隅々を徹底的に検査した結果、肝機能異常が発覚。肝臓に関する数値が軒並み基準値をオーバーし、慢性的に肝臓がダメージを受けていることが分かった。

スポニチより引用

↓さらに詳しい持病についてはこちらでご紹介しています

石田純一の基礎疾患(病気)は肝障害?余命8年と過去に宣告されていた!?

2020.04.17

石田純一のタバコの喫煙や持病まとめ

石田純一 持病

まさに、今回のコロナウイルスでも警戒されている重度の肺炎の条件に当てはまる該当者とも言える石田純一さん。

それだけでなく、肝機能異常など、臓器にも持病を抱え、かなり要注意な状態とも言えますね。

そもそも年齢も60歳を超えているだけに非常に心配なところです。

石田純一の基礎疾患(病気)は肝障害?余命8年と過去に宣告されていた!?

2020.04.17