10代女子節約法が話題に!しかし景気後退の助長との懸念も・・・

10代女子 節約法

 

10代女子の節約法が今話題になっていますね!

 

しっかりと現実を見た今の若者のお金の使い方に対する意識は素晴らしいとのことですが、

実際のところはどうなのでしょうか?

 

その内容と世間の声をまとめてみました。

スポンサーリンク

10代女子節約法の内容とは?

 

今の10代の若者は、ひと昔前に比べて「いかに高いものを買うか?」

 

実際に10代向けファッション誌に掲載されている内容を見てもその変化は反映されています。

いわゆるファストファッションや100均を活用する特集が毎月のように掲載されている。

 

「中学生のプチプラぜんぶ!」「全身GUだけでおしゃモテコーデ」「JKの1ヶ月の洋服代平均5191円以下でチープリ大作戦!」

などなど…..

 

いかに高いものを買うか?よりもいかに安くて良いものを買うか?

という「コスパ」を重視した経済観念に変わってきているようです。

 

そして、これらの若者の意識は今の日本の景気を反映するかのようで、その意識の変化に注目されています。

 

そんな中でも、今の若者を象徴する顕著な活動。

それが「ポイ活」です。

 

10代の若者のSNS利用や情報リテラシーの向上によって、それらを利用した節約法「ポイ活」

など今の若者特有の経済意識や節約方法が注目されている。という内容です。

 

10代女子節約法に対する世間の反応は?

 

今回の10代女子節約法に対して世間の反応は一体どのようになっているのでしょうか?

世間の声は今の10代女子の身の丈にあった金銭意識に非常に好意の声を抱いているようですね。

 

そんな世間の声の一部をご紹介したいと思います。

 

・素晴らしい考え方だと思う。私の世代(40歳周辺)は、見栄を張り、消費者金融に安易に手を出し、未だに苦しんでる人も多々いる。
この世代は身の丈に合った慎ましい暮らしを馬鹿にする傾向があり、おかしいことだと感じていた。
自分の責任取れる範囲で創意工夫をし、豊かに暮らす。それが10代でできるなんて、見上げたものだと思います。

・100均や300円店が流行って。
今の若い世代わ本当にコスパに敏感だと思う。
少しでも損をしないすべを身に着けている子が多い。
とても良い傾向だと思う。

 

このように、「お金をドンドン使ってなんぼ」そういう世代で育った大人たち。

この人たちにとって、今のこの10代女子の意識は非常に好感を持っているように思います。

 

スポンサーリンク

10代女子節約法の「ポイ活」や意識は景気衰退の助長との懸念も・・・

 

「いかにお金を使わないか?」という意識は一見賞賛するように思われます。

しかし、このような行為は「経済活動の妨げ」になるとの声もあります。

 

実際に、このような10代の女子の節約法に対して、こんな反対意見もあります。

 

・景気はどんどん悪くなる。
日本は明らかに衰退国。
どうやって生き抜いていくか。
若者も高齢者も死活問題だよね。。。

・節約家の日本人だらけになったら、経済もますます回らないですね…

・うーん。。こういう事やるから、この子供達の親の給料が廻り回って上がらないんだと思うけど、、。
日本の物価が安いのは適正な人件費が品物やサービスにONしてないからだよ。企業もブラック企業にならざる得ない。消費者がお金払わないから、ブラック労働してる人達の人件費分を企業が労働者に払わない事で物価安くなってると思う。

・節約が身についていいと思うけど
いいものを知らずに大人になることは不安かな
知らないと言うことは伝統が受け継がれにくくなって日本の未来が暗くなりそうで

・コスパコスパ言ってる子たちが社会人になって営業や自営業に就いたとしたら、
商品の売れなさ
売れても安い物(もしくはセール品)
さらに返品される

の三重苦に苦労するんだろうなぁ。

せっかく今作れてる「いいモノ」も作れなくなって、
余計に価値がわからない人が増えそう。

・つまんない価値観だよ。
コスパばかり考えて大きな心の動きも経験なく人生終わるんだろうな。

 

このように、節約することは一見良いことに見えます。

 

しかし、これが廻り回ってこの子供達の親の給料が上がらないことにも繋がります。

 

特に、日本は先進国の中でも、物価低すぎるというデータもあります。

この原因は日本の物価が安いのは適正な人件費が品物やサービスにONしてないから。

 

なので、企業もブラック企業にならざる得ない。

 

消費者がお金払わない。

なのでブラック労働してる人達の人件費分を企業が労働者に払わない事で物価安くなっているという現状。

 

これを見ると、日本の若者が節約思考になることは、もっと日本の景気を悪くすることに繋がるのではないかと思います。

 

このように、「節約意識の高い人が増えることによるデメリット」

これに目を向けてみれば、もっと大きな喪失が生まれてしまうように思います・・・

 

お金を使うことは決して悪いことばかりでは有りません。

 

 

・素晴らしい体験ができて、より人として成長できる

・お金が周り景気が良くなる

 

節約意識も素晴らしいものですがそんなお金を使うことによるもっお大きな恩恵。

これをを今の10代女子の若者たちに知ってもらいたいなとも思いますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です