JO1が韓国人みたいなのはなぜ?その理由はコンセプト作りにあった!

デビューから早くも大人気のJO1。

しかし、あまりアイドルに詳しくない人はテレビ越しにJO1を見てあ〜よくある韓流グループか〜。なんて思って名前を見たらえ?全員日本人なの?

なんて驚きを覚えた人も多いことでしょう。今回はなぜ?JO1のメンバーがみんな韓国人みたいな風貌をしているのか?

その理由をこの記事でご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

え・・・?本当に日本人!?メンバーが全員韓国人みたいなJO1

JO1 韓国人みたい

JO1の特徴は衣装・曲調だけでなくメイクまでもがまるっきりKPOPそのもの。

で、もまるで韓国人みたいなビジュアルをそっくりとKPOPを受け継いでいます。

でも、なぜ?そんなにみんな韓国人みたいなビジュアルをしているのか?

何かそこに大きな理由や意図があるのでしょうか?

多くの初見の人もそこが気になって仕方がない様子….(笑)

スポンサーリンク

JO1が韓国人みたいなの理由その①韓国事務所のプロデュース

JO1 韓国人みたい

JO1が誕生した『Produce101』は韓国からの逆輸入番組

まず、JO1のメンバーが『韓国人みたいな顔』をしている理由。

これを知るためにはこの、JO1が誕生したその背景を知る必要があります。

JO1は元々韓国で大人気アイドルプロデュース番組『Produce101』の日本版である『Produce101Japan』という番組で誕生したグループ。

そのため、そもそもこの企画自体が韓国芸能界の影響を非常に強く受けているだけでなく、いわばKPOPを日本で広めるための企画でもあったのです。

そのオーディションの内容は以下の記事で詳しくご紹介しています↓

JO1(ジェイオーワン)とは一体何?国民オーディションで選ばれた異色のアイドルグループだった!

2020.03.20

韓国事務所がほぼプロデュース

JO1 韓国人みたい

そして、この『Produce101Japan』の企画は日本で行われたというだけでなく、直接韓国の事務所もそのプロデュースに直接関わっているというというのもその大きな理由。

この『Produce101JAPAN』は元々吉本興業が韓国の『Produce101』の番組のフォーマットを購入し、日本で企画されました。

しかし、ただ単に吉本がフォーマットを購入しただけでなく、その企画には吉本と韓国の大手芸能事務所であるCJ ENMがタッグを組んで行われた企画でもあります。

そして、JO1の事務所も株式会社LAPONEエンタテインメントというCJ ENMと吉本興業ホールディングスによって設立された合弁会社。

その比率もCJ ENMと吉本興業がそれぞれ115億ウォン(日本円で約10億円)と50億ウォン(日本円で約4.4億円)を投資。

持分比率はCJ ENMと吉本興業は7対3の割合とほぼ韓国の芸能事務所の運営に近い状態でもあるのです。

それに故にKPOPに合わせたビジュアル

JO1 韓国人みたい

そして、その運営もJO1誕生後もデビュー曲、プロデュース、MV制作は全て韓国人が手がけるなどJO1はいわば韓国事務所のプロデュースみたいなものなのです。

そのため、その曲調、衣装も完全にKPOP寄りになっているので、故にそのビジュアルもおのずとKPOPに合わせたビジュアルにもなるのです。

やはり、KPOPのような音楽にはジャニーズのようなビジュアルよりもKPOPのクールなビジュアルの方が映えますし、曲に合わせたビジュアルにすると自ずと韓国人みたいなビジュアルがベストなのです。

例えるならば、ラップを歌う時にはニューエラを被って、ダボダボの服を着た方が雰囲気が出ますよね?

JO1が韓国人みたいなビジュアルをするのはその感覚と同じようなものでしょう。

スポンサーリンク

JO1が韓国人みたいなの理由その②活動のコンセプト

JO1 韓国人みたい

新たなコンセプト

また、JO1が韓国人みたいなビジュアルをしているもっと奥深くの理由にその活動コンセプトが挙げられます。

というのも、JO1は、KPOPのコンテンツを日本人メンバーを通じて広めるのがコンセプトでもあるからなのです。

ここまでKPOP要素を取り入れたJPOPアイドルは今の所JO1以外いません。

つまり、『KPOPグループの日本人版』という全くもって新しいJPOPアイドルのジャンルをこのJO1は作りたいのが狙い。

EXILEが『EXILE』という新たなジャンルを作ったように『JO1』という新たなジャンルを作りたい。そんなことをメンバーも語っています。

JO1 韓国人みたい

そのため、ジャニーズやLDHとの差別化を測るためにもKPOPX日本人という化学反応を起こすことでアイドル界に新たな風を起こしたい。

そんなコンセプトがあるからこそ、KPOPのベースの韓国人っぽいスタンダードなものに合わせていくのはマストであり、基本路線の外してはいけない部分なのです。

食事のイメージで例えるならば、JO1はインドのカレーを日本で流行らすために日本風にアレンジしたカレーライスのようなものでしょう。

日本風にアレンジしていく過程でもその茶色い見た目やカレーらしいスパイシーな味という大前提の部分は変えてはいけませんよね?

それがJO1でいうKPOPの曲調や『韓国人みたいなビジュアル』なのでしょう。

世界進出という目標も

そして、もう一つにその活動コンセプトに近いJO1のその活動目標である『世界進出』というのも他の理由でもあることでしょう。

世界進出を目指しているので日本のアイドルのような感じだとウケないですし、KPOPのようなビジュアルにすることでより世界進出というものを考えた時にウケると考えているのでしょう。

そもそもメンバーがKPOP好き


また、そもそもこの『Produce101Japa』は韓国発の番組。

そして、この企画の参加者は『Produce101』時代からこの番組に憧れていた人も多く、韓国事務所が絡んでいることも知っていますし、自ずとKPOPが好きで憧れた人たちが集まっています。

アイドルになるために、韓国の芸能事務所で経験を積んだメンバーもいたりと、そもそもKpopに影響を受けていたり興味のある人達だったというのも大きな理由の一つ。

そのため、こういったメイクをやらされているのではなく自分からやる人も多いことでしょう。

スポンサーリンク

JO1らしい『日本人』を活かしたアレンジに期待

JO1 韓国人みたい

とはいえ、今のままではいくら日本人とは言え、他のKPOPアイドルとの差別化という面では少し厳しく、少し埋もれてしまうようにも思えます。

このKPOPのベースにいかに日本人らしさのオリジナリティを出していくか?というのがが今後のJO1の伸び代ではないでしょうか。

個人的には日本男子の持つ『可愛らしさ』『ジャニーズっぽさ』そんな日本独自のアイドルらしさをミックスしていくことでよりオリジナリティを作ることができるのではないかと思います。

そんなKPOPのベースを外さないまま変幻自在に色んな系統を見せてくれるとファンもよりワクワクすると思いますね!

【完全版】JO1のメンバー人気順プロフィール!名前・年齢・性格・人物像を総まとめ!

2020.04.05

JO1(ジェイオーワン)とは一体何?国民オーディションで選ばれた異色のアイドルグループだった!

2020.03.20
スポンサーリンク