スガシカオの人生観が深い!病気【突発性難聴】との戦いが過酷すぎる

スガシカオ 人生観 病気

 

アーティストのスガシカオさんが自身のインタビューで人生観を語ったことが話題になってますね。

非常に前途多難な人生を送ったからこそ発せられるその言葉だからこそ、沁みるものもあります。

 

今回は、そのスガシカオさんの人生観や、長年悩まされた病気【突発性難聴】についてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

スガシカオの人生観の内容とは?

 

↑現在のスガシカオさんはこちら

 

 

スガシカオさんは自身のインタビューでこう語っています。

「本当につらいときって、『溺れてももがかないこと』が大事なんじゃないかなって。溺れているときって、経験値がないと必死でもがくんですよ。そうすると体力を消耗して、かえって沈んでしまい、上も下も分からなくなってしまう。でも、もがかなければ、体は自然に上へ上へと上がっていく。何カ月でも、もがかずに、どこまでも耐えること。俺が言えるただ一つのことですね」

 

スガシカオさんといえば、30歳でデビューした遅咲きの苦労人として知られています。

しかし、その後、低迷する音楽業界で生きていくことへのストレス。

目が回るほどの多忙の中で突如「突発性難聴」という病気に悩まされ、多難な人生を歩まれています。

 

 

 

スガシカオの人生観の世間の反応は?

 

この、スガシカオさんから発せられたポジティブすぎる言葉ではなく、あえて消極的な意見。

この意見に非常に世間のファンからは共感を得ているようですね。

その一部をご紹介したいと思います。

 

・シカオさーん( › ·̮ ‹ )!
ほんとうにこの記事たくさんの人に読んでほしいです😊
しんどくて、焦って怖くてもがいて余計こんがらがって…
でもやっぱり耐えることなんだなと思いました…
🥁📯🌞
よい午後を!🌈

・休憩中に読んで泣いてしまいそうになりました。
人目があるのでこらえましたが…
やっぱり大好きだなぁと思いました。

・カッコいい。。。アーティストとしての生きざま、覚悟。武士道並みだわ。 タニマチと道楽でやってる歌手ごっことは、レベルが違うね。

・スガさんの歌詞って、いつもいい意味で気張ってなくて大好きなんよな。 いいお話しをありがとう。

・ファンとしても、生き方指南としてもおもしろくて読み応えのある記事でした。SMAP関係ないけどちょっと出てきます。やはり夜空ノムコウはスガさんの代名詞。

・記事拝見しました。お耳の事もとても気がかりです。そしてシカオちゃんが音楽を作り届けられてる覚悟や想いをきき泣きそう。スガシカオさんの音楽を聞き続けて来られた日々に感謝しました。自分の生活にスガシカオさんの音楽がなかったら。。と考えます。ゾッと😫いつも有難うございます💐

 

スポンサーリンク

 

スガシカオさんが患った病気「突発性難聴」とは?

 

スガシカオさんが患った病気「突発性難聴」

このスガシカオさんの人生観を変えたほどのこの病気は一体どのような特徴があるのでしょうか?

 

突発性難聴とは以下のような特徴があるとされてます。

・突然に耳が聞こえなくなる

・耳鳴りや耳がつまった感じ、めまいや吐き気

・発症は突然であり、患者は難聴になった瞬間を語ることができるほど突発的である。

・発症前に疲労感を感じていることが多い人がなりやすい

 

突発性難聴についてはスガシカオさんの自身のfacebookでもこう話されています。

 

こんな原因不明のかなりの重症を経験している人だからこそ、今回の言葉は非常に重みがありますね。

 

「つらいときは頑張るのではなくあえて頑張らない」

 

多くの頑張っていけどこれ以上どう頑張って良いのかわからない。

そんな人には今回のスガシカオさんの意見は非常に金言になることでしょう。

 

これからも、お体に気をつけながら音楽活動に気をつけていってもらいたいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です