ティモンディ高岸の話し方は実はわざと!昔は超普通のキャラだった!?【動画】

ティモンディ高岸 話し方
スポンサーリンク
 

大ブレイク中のお笑い芸人コンビティモンディの強烈な個性を放つ高岸さん。

そんな高岸さんをテレビなんかで見て、最初の印象でまず飛び込んでくるのがその独特すぎる”話し方”

アニメのキャラクターのようなそのゆっくりで愉快な話し方ですが・・・

多くの人はその姿に「わざと・・?」「これって素なの?」なんて混乱してしまう事でしょう。

今回は、そんなティモンディの高岸さんの話し方わざとなのか?という部分について検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

ティモンディ高岸の独特すぎるその話し方

このゆっくりと誇張するような独特な話し方の高岸さん。

この光景を見て、「そんなんわざとに決まってるでしょ?」と思う一方「いや・・・もしかするとこれマジで話してる?」なんてことも想像してしまうことでしょう。

芸人って変わってる人多いからね〜。なんて思うと、もしかしてこれが素なんじゃ?とも思ってしまいますよね。

果たしてその真相は一体どうなのでしょうか?

スポンサーリンク

【動画】実はティモンディ高岸の話し方はわざとだった!

昔のネタは超普通の話し方!?

論からお伝えしましょう。

このティモンディ高岸さんの変わった話し方は素ではなく、”キャラ”作りと言えるでしょう。

↑その証拠に、上の動画はティモンディが今のスタイルを確立する前の漫才の動画。

上の漫才動画を見て頂きたいのですが・・・

めっちゃ普通の話し方をしてますよね・・・?笑

これは結成当時の2015~2016年頃の漫才と思われます。

今の姿とは想像がつかないほどの普通の話し方w

その風貌も爽やかなお兄ちゃんっていう感じで昔はチューリアルみたいなかなり正統なスタイルを目指していたのではないでしょうか。

ただ、普通に考えてみたらそんな話し方のはずないですよね(笑)

しかし、なぜかその高岸さんの話し方の迫力がありすぎて騙されちゃいましたね!

プライベートの話し方も超普通・・・

こちらは芸人仲間のノブナガ 岩永さんの2017年3月のライントークの投稿。

かなり素の状態の高岸さんの話している姿が発見されています。

普段は関西弁混じりなのも新たな発見ですね!確かに、高岸さんは滋賀出身ですし、高校まで愛媛なので普段はほぼ関西弁なのでしょう。

ティモンディ高岸 話し方

しかし、その内容もカキタレ(遊び目的の女性)について、という内容で話す内容もかなりギャップがあるように思います…

そして、この頃の高岸さんを知る人からするとかなり戸惑うようで、受け付けない人も多いようですね・・・

Aさん@aaaaaaasama000

ティモンディ高岸キャラ作りすぎててほんっと無理。2年ぐらい前にノブナガ岩永とラインライブでカキタレについて話してたの懐かしいね。あの頃の原宿芸人女遊びしかしてなかったよねぇ。懐。高岸ふつーの喋り方できんのにまじで昔からこの話し方ですみたいなスタンスなのきもすぎる #ワイドなショー

スポンサーリンク

ティモンディ高岸の話し方は”キャラ変”によるものだった?

以前はスタイリッシュなキャラ?

さて、気になるのが一体なぜ?こんな話し方に変えたのか?

というと、それは”キャラ変”をしたことによってのことでしょう。

先ほどの以前の高岸さんのことを知る人たちのツイートが物語るように、高岸さんは急なキャラ変によってこの話し方になったということ。

以前のティモンディの高岸さんは話し方だけでなく、衣装や髪型など、どこかスタイリッシュな雰囲気で話し方で、良くも悪くもよくいる若手漫才師という感じでした。

しかし、高岸さんの独特な話し方をするキャラに変更し、そのキャラを押し出す事で、高岸さんだけでなく、ティモンディの芸風もガラッと変わったことでしょう。

2018年を境にキャラ変?

そして、気になるいつからそのキャラに変更したのか?

高岸さんのtwitterを遡ってみると、だいたい2018年の夏頃から今の髪型、そしてオレンジの衣装に変わっているので”2018年の夏頃”からキャラ変とともに話し方も変えたのでしょうね。

2018年の2月の時点ではまだ昔のキャラ感じが残る漫才を披露しているので、これ以降でキャラ変したのでしょう。

4月の新年度を境に心機一転といったところでしょうか?

とはいえ、今思えばこの2018年の上半期がティモンディの高岸さん、そしてティモンディとしての大きなターニングポイントになったことは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

ティモンディ高岸の話し方は努力の結晶

ティモンディ高岸 喋り方

まとめると、謎に包まれていたティモンディ高岸さんの話し方はわざと!ということであり、あのキャラクターは決して素の状態ではなく、作られた”キャラクター”だということです。

昔の高岸さんを知っている人からすると、違和感しかないでしょう(笑)

しかし、その裏には色々試行錯誤し、真剣に考え抜いた上での厳しいお笑い界で行く抜くための戦略。つまりは努力の結晶。

そう思えば、色々見方も変わってくるのではないでしょうか。

これからもその愉快な話し方でたくさんの人を笑わせていってもらいたいですね!

ティモンディ高岸の済美高校時代がエグい!プロ注目のドラフト候補だった!【動画あり】

2019.08.03
スポンサーリンク