中国人観光客の多い場所まとめ!コロナウイルス対策に知っておくべき観光地とは?

中国人観光客 多い場所
スポンサーリンク
 

世界中に蔓延している新型コロナウイルス。

特効薬も存在せず、もはや手洗いや休息を取り免疫力を高めるなど当たり前のことしか手立てがない状況ですが・・・

個人でできるコロナウイルス対策に「中国人観光客」の多い場所に行かない。という対策があります。

多くの中国人観光客が来日している現状において、少しでもその感染確率を減らすために、中国人観光客の多い場所をまとめてみました。

スポンサーリンク

日本での感染者のほとんどが中国人観光客という現状


まずはじめに、これは中国人に対する差別的な意味合いの記事ではなく、実際に日本でのコロナウイルスの感染者。そして、日本で中国に渡航履歴のない日本人感染者。

これらの共通点が全て「中国人観光客」から発症しているという事実があります。

しかし、そんな事情はお構い無しにひっきりなしに日本へやって来る中国人観光者達。

そんな状況の中、もはや日本人の私たちができるコロナウイルス対策は「中国人観光客を避ける」というこちらから働きかけをするしかないというのが現状。

では、一体中国人観光客が多く現れそうな場所はどこなのでしょうか?

中国人観光客の多い場所はここ!【全国版】

テレビ番組で発表されたランキング

こちらは 2020年1月21日の羽鳥慎一「モーニングショー」で発表された中国人に人気の観光地ランキング。

以下の通りです↓

1位 沖縄

2位 明治神宮

3位 札幌

4位 湯布院

5位 日本三景の一つ(天橋立)

6位 ドンキホーテ

7位 大阪「ものつくり」の町「堺」

8位 AKBカフェ

9位 下関

10位 観月橋

11位 スカイツリー

12位 付知峡

13位 嵐山

14位 忍野村

15位 香川

16位 清水寺

17位 厳島神社

18位 USJ

19位 大阪のベットタウン「箕面」

20位 銀座三越

21位 新橋

22位 京都四条

23位釧路

24位黒部ダム

25位あべのハルカス 

26位 寅さんや浜ちゃんも訪れた場所(26位・伊根の舟屋)

27位 金閣寺

28位 京都唯一の滝(金引の滝)

29位 松坂屋

30位 名古屋城

最近のキーワードは「SNS映え」×「人が少ない」場所

航空・旅行アナリストの鳥海高太朗さんによると、近年の中国人観光客の傾向としては「SNS映え」×「人が少ない」場所がキーワードだそうで、繁華街から地方に観光エリアが拡大している傾向にあるそう。

「中国人も混雑にはうんざりしている。日本の地方はお客を呼びたいので、需要と供給が一致しています」と鳥海さん。

確かに、未だ東京・大阪・札幌・名古屋・福岡といった主要都市は中国人が多いのは変わりませんが、それ以外に今までスポットが当てられなかった場所にも中国人は興味を持っているそうですね。

その証拠に、twitter上では「こんなところにまで中国人が!?」というツイートも最近では多く見かけるようになりました。

青森も実は人気?

また、上のランキングでは載っていないのですが意外な事に、ユーザー数が約7億人とも言われ、中国版twitterでもあるWeibo(ウェイボー)

このWeibo(ウェイボー)の2019年度の日本の地方自治体のフォロワーランキングTOP5に2位の北海道を差しおさえ、なんと青森が1位となっています

まさに青森は先ほどの「SNS映え」×「人が少ない」場所の条件を満たす場所が多く、人気が多い事もうなづけます。

なので、青森県民は田舎だからなんて油断しているとあっという間に中国人だらけの街になってしまうかもしれませんね…

青森県は、2位の北海道を大きく引き離す1,224,205人という圧倒的なフォロワー数を獲得しています。

投稿内容は、青森のオリジナリティを重視したユニークなものが多く、中国人を惹きつける要素が盛り込まれています。

青森の空の玄関口である「青森空港」と中国・天津の定期便が就航していることや、中国人を起用した青森の魅力を紹介する番組のヒットなど、青森人気を後押しする条件も揃い、外国人観光客の伸び率は日本一となっています。

訪日ラボより引用

スポンサーリンク

【まとめ】中国人観光客の多い場所は有名どころだけではない

中国人観光客 多い場所

このように、東京や大阪はもちろんのこと、近年の中国人の観光の傾向としては、「自然」を求める傾向にあり、地方へとそのエリアを変更している傾向にあります。

なので、田舎だからと油断していてはいけませんし、むしろ地方だこそ、鉢合わせてしまう危険性もあります。

このランキングに載っていなくても日本には素晴らしい観光地もたくさんありますし、おそらく、今もそういう観光地に中国人観光客が大挙して押し寄せているでしょう。

もしプライベートで計画中であればこのような行かないことをおススメします。

スポンサーリンク