広島カープの不調はなぜ?弱い原因は投手か?負ける理由を分析してみた

広島カープ 不調 原因

スポンサーリンク
 

負の連鎖が断ち切れない・・・

2019年の広島東洋カープ。
4連覇を意気込んで勢いよくスタートを切り開幕を迎えました。

しかし、そのファンの期待とは裏腹に、まさかのチームの低迷。

そして、心配なのがその負け方。
投手崩壊・失策絡みの失点・繋がらない打線などなど。。。

なにかおかしなことが起こっているようで仕方がないのではないでしょうか。

誰かが離脱しても必ず伏兵が出現したカープ。
勝ち方を知り逞しくなったチームが、主軸が1人抜けてここまで脆くなるのが不思議ですよね。

急降下の度合いの激しさは、選手の疲労や不調で片付けられない、他の原因がある気がしてなりません。

今回は、そんな今シーズン序盤の広島カープの不調の原因について分析していきましょう。

エルドレッドの現在は家族円満の米生活!引退せずにカープ復帰を望む日々

2019.06.17

スポンサーリンク

なぜ?負け続けるのか?広島カープ不調の原因

 

1、丸と新井という精神的・戦力的な主柱が抜けたその焦りからくる負の連鎖

カープファンは必死に否定しますが丸と新井がいないのはかなり大きいと思います。

3番バッターが抜けて攻撃のリズムが変わったのは間違い無いでしょう。

また丸は、攻撃面に目を向けられがちであるが守備もしっかりしています。

巨人を今までよく見たら彼の存在《センター》の大きさがよくわかります。

打線も核が無くなって打線の怖さがなくなり相手は鈴木誠也以外とは普通に勝負できるようになりました。

チームの得点力が下がった状態でも必死に点を取ろうと力むから、HRも出るがそれ以上に凡打が増える。

野手も打つ方の自信のなさが守備にもあらわれミスできないという気持ちが焦りを生みエラーが増える。

チャンスで打てない場面が多くなり、得点できないのに投手の四球からの失点は相変わらず・・・

ビハインドされてもなんとかしてくれる安心感がでない投手陣はおのずと窮屈になり四球が増える。

ミスをすればもれなく大量失点という重圧もあって身体が硬くなる。結果エラー連発。

そんな投手と野手の溝を埋める緩衝材になってた新井ももういない。

その結果が今のチーム崩壊。

ただ、単純にチーム力が下がったというよりも全員のやる気が空回りしてるという部分が大きいと思います。

責任感の強い菊池は丸が居なくなったから自分一人でチームを引っ張らないと思ってると思います。

主砲の鈴木誠也も前に丸が居てくれたけど今度から俺が前のランナーを返さないとと思ってるでしょう。

野間は自分が3番だから丸の様な活躍が必須だと思ってると思います。

たった一人抜けただけで全員「俺が何とかする」もしくは「自分がちゃんとしないと」
そう思っており、それが焦りに繋がっているのでしょう。

去年と同じように、丸が居た時と同じように個々が自分のプレーすれば自ずと結果は出ると思います。
ただ、誰も気付かない。

2、そもそも近年のカープの強さはカープが強いというより他球団が弱い印象。

広島カープが弱くなったのではなく他球団がオフの間に広島カープ戦の対策していた結果。
そんな見方もあります。

カープがめちゃくちゃ強いのではなく、昨年までは他のチームが勝手にコケてくれたように思います。

広島三連覇の年は奇しくも巨人高橋由伸、阪神金本知憲の3年間と被ります。
この二人の経験不足感が否めない采配のお陰で広島に黄金期が来たかの様に錯覚した向きも多かったです。

そして、3年連続も優勝してればいい加減に他球団に研究されまくって対策を練られてるから
厳しくなってくるのは当たり前です。

そして、戦力面に関しても去年までは巨人、阪神、中日は世代交代にことごとく失敗。
ヤクルト、DeNAは元からイマイチ。

そんな中カープは世代交代に成功したからそりゃ勝てる。
(去年横浜に優勝はかっさわれましたがシーズンでは広島が圧倒していました)

ただ、この3年でDeNAとヤクルトは着実に力をつけていったし巨人は札束で立て直した。
中日も今年からどんどん成長していき得体の知れない怖さがあります。

カープの戦力はそこまで弱体化してないが他球団が強くなった。

これも一つの要因です。

緒方監督の引責辞任は濃厚か?次期監督は佐々岡真司が決定的との話も

2019.04.18
スポンサーリンク

3、その中でも一番は不安要素の大きかった「投手陣の崩壊」

広島カープ 不調 原因

色々原因は挙げられますが、投手陣の崩壊が一番の原因です。
投手陣は昨年の後半から全体的に怪しかったと思います。

今の打線の不調は丸が抜けたことによる、打線のバランスが崩れることによる一時的な不調。
守備の不安定も同じくです。

しかし、丸が残留してたしても、投手陣に関してはここまでの成績は大して変わってないと思います。
つまり、来るべき時が今年来てしまったということです。

特に昨年のデータを見れば今の惨状は予測できました。
一昨年と比べて昨年は防御率が大幅に悪化していす。

もともと、去年こそ大瀬良投手の調子が良かったですが
投手も防御率2点前後の絶対的エースがいたわけでもなく、打線の援護がありました。

だからそこそこの勝ち星が付いていただけで慢性的な投手不足は叫ばれていました。

「逆転のカープ」なんて3連覇していた時は言われていました。

しかし、裏を返すと半分が逆転勝ちという事は、極端に言えば、それだけ先発が点取られているという事です。
それを中継ぎが踏ん張って逆転しているという構図。

しかし、今年は今の所、中継ぎだ持たないので、追加点を取られてしまっているという事です。

投手陣の崩壊は去年から始まっていました。

フランスア選手やアドゥア選手がオブラートに包んでくれたが、その予兆もありました。

ただしかし、3連覇の時はその投手陣を強力な打線がそれを補いました。
今年はその打線に陰りが見え、もともとの投手陣の弱体化が表面化。

それに加えて、断トツでのリーグ優勝は広島の強さより他の5球団の弱さに助けられた物でした。

それが、今年に目に見えて現れたということではないでしょうか。

4、緒方監督の采配や慢心・チームの雰囲気作りができない

広島カープ 不調 原因

 

監督が選手を信頼していないことも大きな要因の一つです。
オープン戦から打順も守備もころころ入れ替え過ぎで、選手も混乱してるように思います。

 

【関連記事】

緒方監督の引責辞任は濃厚か?次期監督は佐々岡真司が決定的との話も

わずか3,4試合で先発メンバーや打順を変える。

これは選手からすれば信頼の欠如で、余計に打たなければという先入観が生まれます。

そのためプレッシャーによりチャンスにヒットがでなかった。

今や監督と選手に信頼感がなくなっています。

また丸がいなくなることで、少なくとも打線が定まるまでの序盤の戦いでは、去年のように打ってねじ伏せることができなくなります。

なので、元々投手陣に不安があるので難しい戦いになることは容易に予測ができていました。

にもかかわらず緒方監督は、今年のオープン戦で

「今年もうちの選手はやってくれる、今年も俺が期待した選手は成長して戦力になる」

とでもいうような、勝ちに慣れて油断ともいえるような選手起用をしていた。

選手起用も昨季までと変わらない。

出した選手がやってくれる前提で調子・相性は関係なし。采配の妙がない。

もっとも緒方監督には硬直的な選手起用と采配もう少し柔軟、かつ客観的な視点が必要のように思います。

田中には小園、菊池には曽根や堂林、バティスタにはメヒア、會澤には磯村。

といったように競争させるように使うべきだと思います。

こういう時こそ大事なのは、精神論になってしまいますが、勢いというものが大事です。

ベンチのムードは結果論と言ってもそれは今のメンバーやから結果論でありまとめ役、精神的支柱がいたらしんどい時期も雰囲気は変わることもあると思います。

競技は違いますが少し話題になった湘南ベルマーレのロッカールーム含めたDVDの映像見たことがあります。
なかなか凄かったことを覚えています。

ファンを含め外野はやっぱり机上の計算しかできませんがチーム全体の雰囲気ってやっぱりかなり大事です。

実際のスポーツはウイイレやパワプロのように数値だけでチームはできません。

元横浜監督の中畑さんの様に感情をストレートに出せる様なコーチが居ないと長引くように思います。

中畑さんが良く選手に言っていた「見に来てるお客さんの為に勝とうよ」で大分変わるのではないでしょうか。

しかし、肝心の緒方監督がモチベーターとしての適性は正直あるとは思えません。

今の広島カープはベンチの空気が一度落ち込むと立て直せないように思います。

まとめ

丸、新井が抜けたのはかなり痛いとは思いますが、時間が経てば修正してくると思います。

今回の広島の不調は丸選手や新井選手がいない。

それに慣れず、ルーティーンが崩れたみたいなものだと考えましょう。

去年も丸選手が故障した時もいつか帰ってくると思って選手が奮起したと思います。
しかし、もう帰ってこないので去年とは違うんだと理解するまで時間はかかるはずです。

それに慣れ、きっかけがあれば勢いに乗るはずです。

それを早い段階で気づく事が今後の浮上のきっかけではないでしょうか。

 

↓いよいよ緒方監督も辞任か・・・?今こちらの記事も読まれています!

緒方監督の引責辞任は濃厚か?次期監督は佐々岡真司が決定的との話も

 

スポンサーリンク

 

4 件のコメント

  • 緒方監督を変えて欲しい。野村謙二郎氏に戻って欲しいです。打線も、田中、菊池、長野を使うべき、4番は鈴木誠也、5番バティスタで、戦って欲しい。スタメン選手をコロコロ変えるから選手が自信をなくしている。このままでは優勝は無理、丸の代わりに何の為に長野を取ったのか意味がわからないです。不調でもスタメンで使えば自信に繋がる去年までの固定メンバーで戦うべきだと思う。今は、選手事態が自信をなくしているので3連覇の時の打線戻して欲しい。丸が抜けたが長野を使うべきだと思う。野間や西川は控えてで十分考え直して欲しいです。

  • 今年カープどうなったんかの。安定した勝ち方が無いけん。何時もどんでん返し食って負けとるけん。3位は死守してもらわんといけんが。

  • 今年カープどうなったんかの。安定した勝ち方が無いけん。何時もどんでん返し食って負けとるけん。3位は死守してもらわんといけんが。

  • 鯉 赤太郎 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です