小室圭は一体何が問題なの?世間から嫌われる理由をわかりやすくまとめてみた

小室圭 何が問題

秋篠宮家の長女・眞子さまと婚約を発表され早2年。
その婚約相手の小室圭さんという男性が連日ニュースなんかで報道されていますよね。

しかし、小室圭さんについて報道されているその内容はネガティブな内容ばかり。

多くの日本国民は『小室圭』と聞くと、何か分からないですが何となく悪者のイメージを持っている人がほとんどなのではないでしょうか?

世間では小室圭=色々問題を起こしている皇室の結婚相手にはふさわしくない人。
そんな認識かと思いますが、では一体、具体的に小室圭さんの何が問題でふさわしくないのか?

今回はその問題点や世間から嫌われている理由をあまりニュースを見ない人でもわかりやすくまとめてみました。

何が問題・・・?の前に小室圭を再度詳しくおさらい

小室圭 何が問題

プロフィール

名前:小室圭(こむろ けい)
生年月日:1991年10月5日
出身地:神奈川県横浜市港北区
学歴:国立音楽大学付属小学校〜カナディアンインターナショナルスクール〜国際基督教大学アーツサイエンス学科〜一橋大学大学院・国際企業戦略研究科・経営法務専攻~米・フォーダム大学法科大学院(現在在学中)

眞子さまと同じ歳で同級生

小室圭 何が問題

小室圭さんと眞子様は国際基督教大学在学時に知り合いました。

同じ1991年に生まれ、10月生まれという点も同じです。
色々共通点がある部分も多く、親近感を感じる部分も多かったのでしょうね。

小室圭さんのプロフィールは以下の記事で詳しくまとめています↓

小室圭の経歴(wiki)総まとめ!高学歴で英語堪能の超エリートだけどキャリア形成がおかしい?

2019.12.05

小室圭は一体何が問題?なぜ世間から嫌われているのかその5つの理由

小室圭 何が問題

さて、そんな小室圭さんですが、ニュースなどの報道では良いニュースはほとんど聞かない印象を受けるかと思います。

では、一体何が問題なのか?今から具体的に詳しくお伝えしていきましょう。

小室圭の問題点①母親の金銭トラブル

小室圭 何が問題

まず、小室圭さんの一番わかりやすい問題点として、真っ先に挙げられるのは何と言っても「400万円金銭問題」でしょう。

あなたも一度は小室圭さんの報道で頻繁に「金銭問題」と聞いたことはあるのではないでしょうか?

この金銭問題とは、小室圭さんの母親にまつわる問題と言えましょう。

その問題を簡単にまとめると「母子家庭である小室圭さんの母親が再婚を約束していた婚約者に小室圭さんの留学費や学費など、400万円ほどを借りていた。しかし、婚約が破談になりその金額の元婚約者が返済を催促したけど返さない」という問題。

まあざっくり言ってみれば、「お金を借りパクしている」とうことですね。

小室圭さんの母親の言い分では「借りていたのではなく、「譲渡」だった」と言っているみたいですが・・・

婚約者とのメールでは「借りてもよろしいですか?」というようなメールも残っており、明らかに借りていた意思があることも第三者から見ても確認できます。

金銭問題については以下の記事で詳しくお伝えしています↓

【画像】小室圭の母親(佳代)とは?元婚約者と金銭問題も分かりやすく解説してみた!

2019.12.06

 

小室圭の問題点②一貫性のないキャリア形成

小室圭 何が問題

次に、小室圭さん自身の問題点。

小室圭さんの経歴を見てみると、中高はインターナショナルスクールに通い、国際基督教大学から三菱UFJ銀行のエリート行員と申し分ない経歴。

しかし、そこからが不自然な点が多いのです。

それが、勤めていた銀行を2年で辞め、謎の一橋大学の大学院留学。

その後、再度現在の弁護士を目指すためにアメリカのフォーダム大学のロースクールに留学。
じゃあ一橋の大学院は何だったんだ・・・?というツッコミを受けている模様。

それだけではありません・・・

小室圭 何が問題

フォーダム大学のロースクールで現在国際弁護士を目指しているわけですが、そもそも小室圭さんは日本の弁護士資格を持っていません。

仮に、百歩譲って日本の司法試験に合格し、弁護士資格を取得→国際弁護士の資格を取得(本来ならこのルート)というルートであれば、整合性があり辻褄が合うわけです。

しかし、いきなり国際弁護士、仮に受かってもアメリカでの弁護士の資格は合格した州でしか使うことができない免許。

いくら英語ができるとはいえ、アメリカの限られた場所でしか使えない資格、そして日本でも活動をすることができない資格を得ようとしているのです。

なので、国際弁護士の資格を取得し、弁護士になれたとしてもアメリカで活動することになりますし、眞子さまと結婚を考えているのであれば、なおさら理解に苦しみます。

さらにさらに・・・

2019年5月7日放送のフジテレビ系『バイキング』が紹介した、小室圭さんの代理人の発言とされるコメントでは

「(小室さんは)弁護士になるとは言っていません 彼はいまライフプランを作っている最中です》」そんなコメントが発表され、もはや「いったい何を目指してるの?」というのが今の現状。

小室圭さん自身の会見もなく、この一貫性のないキャリア形成がかなり問題視されているのです。

こちらの記事でさらに詳しく解説しています↓

小室圭の経歴(wiki)総まとめ!高学歴で英語堪能の超エリートだけどキャリア形成がおかしい?

2019.12.05

小室圭の問題点③一貫性のないキャリア形成に使われる国民の税金

小室圭 何が問題

さらに、そんな客観的に見て一貫性のなく不可解なキャリアプランの形成に対して、「皇族のお金=つまり国民の税金」が使われているということもかなり大きな問題点なのです。

学費こそ無料という高待遇でロースクールに迎えられ(これも皇室の娘の婚約者という立場を利用し無料)、その滞在費用も留学前に勤務していた法律事務所にサポートしてもらっていますが、小室圭さんの留学には国民の税金が使われていることも事実。

小室圭 何が問題

小室圭さんは腐っても眞子さまの婚約者という立場。

だからこそ、守られる立場であり、そういった留学の際にも「警備費用に毎月700万円の税金が使われる」「アメリカ留学で警備に税金2億5000万円」といったように、無駄な税金が湯水のごとく使われているのです。

ある宮内庁関係者は、小室家の「警備問題」に関して、こんな“衝撃情報”を明かしてくれた。

小室さんがアメリカ留学をする3年間もSPなどの警備がつき、神奈川県の自宅でも引き続き警備体制が敷かれるという話があるのです

現在、小室さんの自宅マンションの前にはポリスボックスが置かれ、24時間体制で、警察官総勢10数人が交代で警備にあたっている。

週刊女性PRIMEより引用

 

圭さんが外出する際には、どこへ行くにも護衛がついていきます。一部では、圭さんが勤務後に都内の個室マッサージ店で施術を受けていた間、SPも一緒に入店して待機していたと報じられました。

その警備費用は1か月で700万円近いとも報じられており、もとをただせば国民の税金から捻出されているので、批判の声も上がっています。

もし、アメリカ留学中も警備体制が敷かれるならば、単純計算で小室さんに2億5千万円の税金が使われることになります」(同・宮内庁関係者)

週刊女性PRIMEより引用

小室圭 何が問題

言ってみれば本人の自分勝手なライフプランに皇族の娘の婚約者というだけで、ここまでいわば「税金の私的流用」と言ってもおかしくないほどの高待遇っぷり。
(眞子さまの婚約者でなければ、この留学も成し遂げられなかったことがなによりの証拠。婚約者だからこそできたこと)

だからこそ、国民は怒りまくっているのです。

小室圭の経歴(wiki)総まとめ!高学歴で英語堪能の超エリートだけどキャリア形成がおかしい?

2019.12.05

小室圭の問題点④チャラい

小室圭 何が問題

また、本人の現在だけでなく、過去をのぞいて見ても、少し思わしくないものが多々流出しています。

それが、溢れ出る「チャラさ」

どうやら本人はかなりパリピ気質だったようで、そういった学生時代の写真が多数流出しています。

小室圭 何が問題

クラブに出入りしていた過去もあるなど、婚約会見の爽やかですました写真とは別人のように、小室圭さんの過去はそうとうイケイケだったようでした。

小室圭 何が問題

「人は見た目が9割」なんて言われますが、いくら学生時代の頃とはいえ、「清廉潔白」なイメージが求められる皇室にとってはふさわしくない。

そう判断されてもおかしくはないでしょう。

小室圭の問題点⑤闇が深すぎる家系

小室圭 何が問題

そして、今までお伝えした問題点は現在の問題点であり、

しかし、それすら霞んでしまうような闇がこの小室圭さんには存在するのです。

それが、「小室圭さんの家系」

小室圭さんは母子家系ということで知られていますが、実はその父親は小室圭さんが10歳の頃に自o。
そして小室圭さんの祖父、そして祖母も後を追うように自oしているのです。

明らかに、普通ではないその家系の裏事情。
そんな問題のある家系と天皇家が一緒になることは不安しかないでしょう。

こちらの記事で詳しくお伝えしています↓

小室圭の父親の死因は自殺だった・・祖父・祖母も後追い自殺と闇が深すぎる

小室圭は「何が問題」のまとめ

小室圭 何が問題

ここまで、小室圭さんについて、「何が問題」なのかをお伝えしてきました。
なんとなく、その問題点を理解できたのではないでしょうか。

小室圭=胡散臭い

メディアの報道からこんなイメージを多くの人は持っているかと思いますが、今までお伝えしてきたようなこれらが全て合わさってその「胡散臭さ」に繋がっているように思います。

また、小室圭さんだけでなく、「母親」もかなり問題のある人物であり、「小室問題」とは「母子共々セットになった問題」であり、「小室問題」とは決してその問題は一つではないのです。

まあ言ってみれば叩けば叩くほど埃がでる状態。

だからこそ、多くの日本国民は眞子さまが小室圭さんとの結婚を不安視しているのであり、全力で阻止しようとしていることでしょう。

その行く末はどうなることやら・・・

小室圭の経歴(wiki)総まとめ!高学歴で英語堪能の超エリートだけどキャリア形成がおかしい?

2019.12.05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA