【動画】野崎萌香のブルーノマーズ激怒事件とは?謝罪せずファン大炎上

野崎萌香 ブルーノマーズ 謝罪
スポンサーリンク
 

巨人の菅野智之投手と交際が発表された、モデルの野崎萌香さん。

この野崎萌香で調べてみると『ブルーノマーズ』と出てきて、なんだろう?と思っているところではないでしょうか。

そう、この野崎萌香さんには、本業以外に『ブルーノマーズ』にまつわるある出来事で過去に世間を騒がせた過去があります。

ある意味、悪い意味で有名になってしまったのですが、今回は、そんな野崎萌香さんの『ブルーノマーズ』にまつわる出来事を詳しくお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

【動画】野崎萌香のブルーノ・マーズタオル投げ事件とは?

事の発端は2018年4月に行われたブルーノ・マーズの日本公演

今回の騒動の発端となったのは、2018年4月11日から15日にかけて、さいたまスーパーアリーナで行われていた、ブルーノ・マーズのコンサート「BRUNO MARS 24K MAGIC WORLD TOUR 2018」。

この最終日に参加したモデルの野崎萌香さんとモデル仲間の荒木七菜香さんがVIPの最前列に陣取り、ブルーノ・マーズのライブ中に背を向けて自撮り動画を撮影。

コンサートに集中してほしいブルーノ・マーズさんは何度かスマホを取り下げるように注意するするジェスチャーをするも、言うことを聞かなかった野崎萌香さんらに対してタオルをステージ上から投げつけるという騒動がありました。

↑別角度からのブルーノ・マーズのタオル投げつけ動画

野崎萌香 ブルーノマーズ 謝罪

しかも、これに勘違いした野崎萌香さんは怒られてタオル投げられたのに勘違いして『OMG!!! I GOT THIS!!(やばい!タオルゲットしちゃったよ!!)』とファンサービスだと勘違いする無神経ぶり。

この一連の騒動で、ブルーノ・マーズファンからは大バッシングし、大炎上しました。

しかし、実際にタオルを投げつけられたのは野崎萌香さんではなく同じモデル仲間の荒木七菜香さんのようです。

荒木七菜香(日本の女性ファッションモデル)
夫はセレッソ大阪のプロサッカー選手の松田陸選手。

↑野崎萌香さんのインスタストーリー

しかし、同じように野崎萌香さんもインスタストーリーをブルーノ・マーズさんに背を向けて配信しており、たまたまタオルを投げられたのが、荒木七菜香のインスタストーリーの時であって二人がしたことに変わりはありません。

スポンサーリンク

他にも同じように迷惑行為を行ったモデル

里海(日本の女性ファッションモデル)


谷まりあ(女性タレント・モデル)

この里海さんと谷まりあさんは当ライブの別日に来ていたそうですが、野崎萌香さんと荒木七菜香さん同様、同じ最前列でブルーノマーズさんに背を向けセルフィーを撮り続けるなどの迷惑行為が目撃されています。

また、この野崎萌香さんらを始めとする4人のモデルが陣取っていた席はVIPss(10万)の超プレミア席。

しかし、この席のチケットは何の努力もせずに手に入れたコネチケ(コネで手に入れたチケット)との噂。

そういった状況でこのような行為に及んだことに対しても非常にファンの反感を買った一つの原因でもあります。

最近はファンが徹夜で並ばずにチケットを取れるようになりました。

しかし、そのおかげで本当に歌を聴きたいファンとは違い、ただの流行好きの人たちがコネとお金でいい席に陣取るようになりましたが、今回の炎上はその最たる例なのかもしれませんね。

ライブ中のスマホが大っ嫌いなブルーノマーズ

また、今回の騒動の根底にはブルーノ・マーズのコンサート中の『大のスマホ嫌い』というのがあります。

毎公演、観客たちを魅了しようと全力を尽くしているブルーノにとって、最大の糧となっているのはステージから見る人々の喜びに満ちた表情。

しかし、写真や動画を撮ることに必死でずっとスマホを顔の前に掲げていては、せっかくの楽しそうな表情が隠れてしまうと残念に思っているそう。

野崎萌香 ブルーノマーズ 謝罪

ただ純粋に「みんなが楽しんでいる顔を見たい」という思いで、幼い頃からエンターテイナーとして活躍してきたブルーノ・マーズさんにとって、スマホは妨げになるため、『コンサート中のスマホ』は辞めてほしい。

そんな思いがあるようで、今回の野崎萌香らの行為はブルーノマーズさんたちの信念に反する行為であり、ブルーノ・マーズに対する侮辱とも取れる行為でしょう。

「僕がこの仕事をやりたいと思った理由は、人々が見守るステージに立ったときのあの何とも言えない感情が大好きだからなんだ。自分には、みんなの一夜を素晴らしいものにする責任があると思ってる。でも、もしみんなが公演を見る代わりにスマホばかり見つめていたら、僕からはみんなが笑顔なのか、しかめっ面してるのか、あくびしてるのか見えなくなっちゃうだろ?」

出典ブルーノ・マーズが「公演中にスマホを使わないで欲しい」理由に胸キュン – FRONTROW

スポンサーリンク

野崎萌香のブルーノマーズタオル投げ事件に事務所の謝罪は?

本人も事務所も謝罪せずだんまり

今回の野崎萌香さんらが起こした騒動。

これは、単なるネットニュースに過ぎず、世界的な有名アーティストへ訪日への嫌悪感を与えたことで、今後のブルーノマーズだけでなく、他の海外アーティストの来日公演にも大きな影響が出ることでしょう。

日本のライブ・エンターテイメントにとって多大なる悪影響を及ぼした事案でもあります。

だからこそ、事務所や本人はこのことについて少しでも謝罪をする必要性があったはず。

しかし、本人・事務所共々ダンマリを決め込んでいます。
そして、そういった姿勢が今回の騒動の事の重大さの認識の低さを物語っていることでしょう。

インスタコメント削除&通常の投稿の無神経ぶり

そして、そういった意識がないことがよく感じ取れたのが、そのあとの行動。
恐らく、本人は「また周りがワーワー騒いでるわ」ぐらいにしか思っていなかったのでしょうね。

インスタのコメントを全て削除。
都合の悪い情報はすべて削除する形になりました。

それに加えて、何事もなかったようにSNSを更新する姿からも、その無神経さをさらに露呈する結果に…

ブルーノ・マーズのファンがモデル達に変わって謝罪

そして、この事態を重く見たブルーノ・マーズさんのガチのファンがブルーノ・マーズさんの公式Twitterで今回のモデルたちが犯した失態について、かなり英語の長文で代わりに謝罪を行っています。

この件で、日本を嫌いにならないでほしい。そして、また機会があれば日本でも公演を行って欲しい。

そんな思いからでしょうが、このようなコメントを見て、当事者のモデルたちはどう思うのか、今一度聞いてみたいところ。

これで何も思わないのであれば、正直かなり人としても疑う部分が非常に多いように思います。

スポンサーリンク

野崎萌香らがブルーノマーズライブで行った行為はかなり重大な行為

曲もろくに聞かずに、自分のライブ中にまでインスタストーリーに勤しむ姿を見ると、今回のブルーノ・マーズが好きなんじゃなくてブルーノ・マーズのライブに行ってる自分が好き。ブルーノなんてインスタ映えの道具。

そんな意識でライブに参加した事でしょう。

そして、それが全てこの出来事に繋がってしまったわけですが、そのようなつまらない承認欲求よりも『マナー守る』『人の気持ちを考える』そんな意識の方がよっぽど大事ではないでしょうか。

このような出来事に少しでもマナーの良いライブ観客が増えることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です