木下優樹菜のタピオカ騒動まとめ!恫喝DMの内容がヤクザ過ぎる….

木下優樹菜 タピオカ DM

フジモンの嫁、そしてママタレとして大活躍中の木下優樹菜さん。

そんな木下優樹菜さんが今話題になっていますね。
そして、それが知り合いのタピオカ店のオーナーにとあるいざこざから脅迫まがいのDMをインスタで送ったというもの。

木下優樹菜さんの芸能界の引退の危険性まである今回の大問題。

かなり色んな人物が登場して、少し混乱している人も多いかと思いますので、今回は分かりやすく時系列を追って詳しくまとめると同時に、問題のDMの内容も詳しくお伝えしたいと思います。

【時系列】木下優樹菜のタピオカ騒動まとめ

木下優樹菜 タピオカ

さて、今回の木下優樹菜さんのタピオカ騒動に関してですが、まず始めにお話を分かりやすく把握できるように、全体像を時系列で把握しておきましょう。

時系列は以下の通りです↓

2019年7月:50代オーナーがタピオカ店をオープン

2019年7月:50代オーナーが木下優樹菜の姉・さやかをオープニングスタッフとして雇う

2019年7月:姉が自分のお店を自分オープンしたように周りに言いふらす(木下優樹菜が勘違いして宣伝)

2019年?月:50代オーナーが姉・さやかに事情を聞く→バイトを辞める

2019年7月:姉・さやかが辞める際にお店側とトラブルがあったことを木下優樹菜がインスタで告白

2019年7月:インスタ投稿によってタピオカ店のインスタに木下優樹菜ファンの批判が集中

2019年10月?日:木下優樹菜が50代オーナーにDMで脅迫メールを送信

2019年10月7日:50代オーナーの知人が真実をtwitterで告白→拡散

2019年10月7日:今回の木下優樹菜の脅迫騒動がネットニュースで公開

2019年10月9日:木下優樹菜がインスタで今回の脅迫騒動を謝罪←いまここ

木下優樹菜 タピオカ DM

また今回の木下優樹菜さんのタピオカ騒動の登場人物は以下の4人です。

  1. タピオカ店オーナー(50代)(上の画像左)
  2. 木下優樹菜の姉・さやか(33)(上の画像右)
  3. 木下優樹菜(31)
  4. 50代のタピオカ店オーナーの知人

これらを把握したところで今から詳しくお伝えしていきましょう。

事の発端は50代のオーナーがタピオカ店をオープンした事

 

この投稿をInstagramで見る

 

ALLRIGHT❤️ユニフォーム🌈 オリジナルデザイン😆🥤 #タピオカ神〜 #ALLRIGHT

#ALLRIGHTさん(@allright_2019)がシェアした投稿 –

今回、事の発端は50代のオーナーがタピオカ店をオープンした事から始まります。
(上のインスタ画像は先ほどの画像のオーナーの女性です。)

江戸川区の西小岩にタピオカ店「ALLRIGHT
このお店を2019年の7月20日にオープンさせたことから始まりました。

↓お店の詳細はこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

雨です。。ALLRIGHTです。 今日も20日Openに向けて楽しく準備しておりまーす😆🌈 #ALLRIGHT #映えガラス #ハッシュタグ付けて撮ってね💙

#ALLRIGHTさん(@allright_2019)がシェアした投稿 –

店舗名:ALLRIGHT
住所:江戸川区西小岩3-27-16-103
営業時間 10:00〜19:00
定休日 日曜日

 

50代オーナーが姉・さやかをオープニングスタッフとして雇う

木下優樹菜 姉 さやか

そして、元々木下優樹菜さんの姉・さやかさんと同じ幼稚園のママ共だったというタピオカ店のオーナーの女性。

家庭の事情で悩んでいたので、気晴らしに7月20日にオープンするタピオカ店を手伝う?とお誘いしたとのこと。
ポイントはあくまでスタッフという位置づけだったという事です。

まあ、ざっくり言ってしまうと自分のオープンするオープニングスタッフとして姉・さやかさんを雇っただけということですね。

姉が自分のお店を自分でオープンしたように周りに言いふらす(木下優樹菜が勘違いして宣伝)

木下優樹菜 タピオカ

しかし、何を思ったか姉・さやかさんはただバイトしているだけだったのに木下優樹菜さんに対して「タピオカの店立ち上げることになったんだよねー」と話していたそうです。

そして木下優樹菜さんも「姉がタピオカ店をオープンさせる」
そんなことを勘違いし、姉のお店(だと思い込み)インスタで宣伝しまくりました。

木下優樹菜さんもお店に訪れていたようですね。
自身のインスタで投稿されていました。

木下優樹菜 タピオカ DM

タピオカ店を友人と「共同経営」のような形でお店を始めた。と木下優樹菜さんに伝えた。
これが今回の事が大きくなった一番の原因でしょう。

おそらく、個人経営のスタッフ、そしてオープニングスタッフというこもあり、姉のさやかさんも一緒にお店のことをオーナーとあれこれ考えていくなかで、その裁量も普通のバイト以上に大きく、自分もこのお店の責任者のような感覚になってしまったのでしょうね。

それが「自分もお店の経営に参加してる感」が木下優樹菜さんとの会話の中で出てしまい、木下優樹菜さんも勘違いしてしまったのでしょう。

ただ…オーナーじゃなかったなんて会話の中ですぐ分かるはずなのに何で最後まで木下優樹菜さんも気づかなかったのか…謎過ぎる・・・

50代オーナーが姉・さやかに事情を聞く→バイトを辞める

木下優樹菜 姉 さやか

単なるオープニングスタッフなのにインスタで木下優樹菜さんが告知したり、フジモン優樹菜名義で店に花輪を送るなど、まるで自分がオーナーかのように振る舞う。

それに加えて、当初より想定の客層と違う客入りにオーナーは困惑。(ファンが詰めかけ姉への差し入れを入れるなど、お客さんのほとんどが木下優樹菜さん目当てのお客さんで、自分の空間を作りたかったオーナーにとってストレスだったのでしょう)

木下優樹菜 タピオカ DM

そして、その後オーナーが姉・さやかさんになんでこういう状態になったのかさやかに事情を聞くことに・・・
その結果、オーナーと揉めた姉・さやかさんはお店を退店。

まあ、そら一銭もお金を出してないのにも関わらず、オーナー顔をされるとオーナーも溜まりに溜まっている不満があったのでしょうね。

当時のオーナーの心境を例えるならば、自分の領土の竹島をしれっと韓国に奪われ、その後は我が物顔に自分の国の領土のように扱われている日本のような心境ではないでしょうか。

今回のこのタピオカ問題・・・めっちゃデジャブ感があると思ったら竹島問題とそっくりなんですよね〜。

辞める際にお店側とトラブルがあったことを木下優樹菜がインスタで告白

木下優樹菜 騒動 まとめ

そして、このオーナー側とのいざこざを木下優樹菜さんに報告した姉のさやかさん。
「店長にキレられたよ、あたしゃ死にそうだよ」と木下優樹菜さんに告げ口。

そして、怒った木下優樹菜さんがこの一件をインスタで告白。
さらにハッシュタグで「#この店マジクズ」とネガキャン、ファンがこんな店行きませんよ!!と攻撃しまくり店が壊滅状態に・・・

このインスタの内容を大まかにまとめると以下の3点になります。(日本語が分かりづらすぎる…)

・木下優樹菜がインスタで宣伝した事が不満で姉・さやかがオーナーにキレられ、解雇され、裏切られた

・途中で辞めたけど、働いた分の給料を払ってもらえなかったし給料明細も払ってもらえなかった

・それに加えてお店で起こった窃盗事件の犯人にされた

日本語が読みづらい…

このインスタによってタピオカ店のインスタに木下優樹菜ファンの批判が集中

木下優樹菜 タピオカ

そして、この木下優樹菜さんの投稿によって、ファンは激怒。

お店には写真を勝手に撮る者が現れ、ネット上には「つぶれればいい」「何もなければいいけど」という不穏な書き込みであふれたそう。

そのためオーナーはタピオカ店をしばらく閉めたといいます。
そして、オーナーもこの一件で体調を崩してしまったみたいです。

しかし、実際は姉・さやかの一方的な嘘だったことが発覚

今回の騒動、家族思いの木下優樹菜さんが、“被害者”である姉が店のオーナーから受けた仕打ちをインスタで告発したことで事態は収まるかと思いきや・・・

2019年10月6日に「タピオカ店の50代オーナーの知人」を名乗る人物がtwitterで拡散を希望する投稿を公開。

自身のtwitter上で木下優樹菜さんがインスタで告白した内容は嘘であった事。
それに加えて、オーナーに送ったとされるTwitterのDMで送ったとされる文面のスクショが公開。

それによって事態は一気に急展開を迎えました。

この知人の告発をまとめると・・・

・そもそも木下優樹菜の姉・さやかはタピオカ店のオーナーでもなくただの従業員

・給料を払わなかったのではなく、来店しないので、9月30日付で口座に振り込んだ。

・明細も『郵送しますね』と伝えたら『わかりました』と返答があったので郵送した

・『食品衛生責任者』のプレートがなくなった件もそれを警察に相談したところ『まずは合鍵を持っている方に確認して』と言われたので、さやかさんに聞くと『犯人扱いされた』とのこと

もしこれが本当だとすると、木下優樹菜さんの投稿にはかなり偏りがあり、嘘が多く、ただ姉を擁護するだけの投稿だった。とうことになります。

【全文】木下優樹菜のタピオカ騒動の問題のDMの内容とは?

そして、先ほど公開されたオーナーの知人から、木下優樹菜から直接送られてきた脅迫まがいのDMも暴露されており、その内容が、今回の騒動にかなり火に油を注ぐ形となりました。

その内容が以下の通りです。

木下優樹菜のタピオカ騒動のDMの内容

木下優樹菜 DM 内容

 

・出方次第でこっちも事務所総出でやりますね・

・筋道ぐらいとおしなよ

・いいとしこいたばばあ

30過ぎた女性とは思えないほどの暴言だけでなく、その脅迫じみた言葉の選び方もやくざそのもの。
まあ、イメージ通りと言えばイメージ通りですが…(汗)

また、「芸能人は一般人よりも偉い」そんな考えがDMからも透けて見え、相当印象が悪い文章です。

このDMが流出してしまったことで、木下優樹菜さんは世論をかなり敵に回すことに。

ただ・・・法的処理はちょっと笑ってしまう(笑)

その後インスタで謝罪

木下優樹菜 タピオカ

そして、ニュースでも大々的に報じられた今回の騒動。

公開直後は事務所の圧力で軒並み削除されていましたが、既に解き遅し。
今回の騒動がかなりの日本国民に伝わってしまい、その事について自身のインスタで謝罪を行った木下優樹菜さん。

「相手の方には、気持ちが伝わるまで、誠意を伝えたいと思います」
こう綴られていますが、人の本性はこういう時に現れるもの。

オーナーと和解したところで、万事休す。
イメージ商売である芸能界ではかなりの窮地である事は間違いないでしょう。

特に、木下優樹菜さんは「ママタレ」という子供が関連するかなりクリーンなイメージ商売。
そこに「脅迫」というイメージが付いてしまっては今後の芸能活動はかなり厳しくなってしまったように思います。

木下優樹菜の影響力を悪用した今回のタピオカ騒動の罪は大きい

木下優樹菜 タピオカ DM

また、木下優樹菜さんのインスタといえば、フォロワー数500万人のモンスターアカウント。
この投稿は単なる投稿でなく、一種のテレビCMと同じぐらいの影響力がある発信媒体。

そんな影響力を利用して一人の人、そしてそのお店を追い込もうとする行為自体も悪質であり、普通の脅迫以上に悪質な行為ではないかと思います。

今回のDMの内容だけでなく、自身の影響力を悪用し、店舗の評判を意図的に下げようとした木下優樹菜さんの行為は普通の人がやった以上にその罪は非常に重いです。

いくら姉のため、感情的になってしまったとはいえ、世間にその本性を晒してしまったことと、その悪質な行為の代償はあまりにも大きいでしょう。

これまで、ヤンキー出身という事もあり、そういうキャラで売っていたので世間も多めに見ていた部分もありますが、今回の件で、今一度自身を見つめ直す良いきっかけになったのではないでしょうか。

【画像】木下優樹菜の娘(長女)がフジモン似過ぎる....目つきがそっくり・・・

2019.06.30

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA