リーチマイケルの嫁(妻)は東海大の同級生!ライフセービング部の長身美女だった!

リーチマイケル 嫁
スポンサーリンク
 

外国人ながら、日本に帰化しラグビー日本代表のキャプテンとして牽引するリーチ・マイケル。

その風貌とは裏腹に「日本人よりも日本人」そんな風に周りから言われるほど、和の心を持ったリーチ・マイケル選手ですが、そんなリーチ・マイケル選手を支える奥さんって一体どんな人なのでしょうか?

今回はそんなリーチ・マイケル選手の嫁 (妻)について詳しくお伝えしていきたいと思います。

日本代表の頼れるキャプテンリーチマイケル

プロフィール

名前:リーチ・マイケル
体格:身長 190cm、体重 105kg

生年月日: 1988年10月7日
出身:ニュージーランド クライストチャーチ
経歴: 札幌山の手高校〜東海大学〜東芝ブレイブルーパス

高校から日本にラグビー留学

ニュージーランド出身の父親とフィジー出身の母親の元でニュージーランドの南島のクライストチャーチに生まれ、5歳でラグビーを始める。

中学までニュージーランドで育ち、15歳で親元を離れ、北海道の札幌山の手高校に留学。

高校日本代表に選出され、その後東海大学体育学部に進学。

2008年に開催されたラグビージュニア世界選手権では日本代表として出場。
その後、2009年11月アメリカ戦では日本代表として初キャップを獲得するなど、早くから日本代表として活躍してきました。

東海大学卒業後には東芝ブレイブルーパスに加入、これまで年間のベストフィフティーンを5回受賞するなど、チームを牽引する活躍。

東芝ブレイブルーパスに加入の2011年にはワールドカップの代表に選出され、将来を担う逸材として期待されてきました。

2013年には帰化を果たし、正式に日本人の選手として登録。
そして、2014年には日本代表キャプテンに指名され日本代表の大黒柱として現在もチームを牽引し続けています。

スポンサーリンク

リーチ・マイケルの嫁(妻)知美は東海大学での同級生

リーチマイケル 妻

リーチ・マイケルの嫁(妻)知美

そんなリーチ・マイケル選手ですが、東海大学時代の大学の同級生である知美(さとみ)さんと2012年に結婚しています。

大学を卒業したのが2010年なので、お互い24歳の時に結婚したことになりますね!

今のご時世だとかなり早い方ですが、サポートが必要なアスリートからすると、適齢期とも言えるでしょうね。

知美(さとみ)さんはリーチ・マイケル選手と同じ東海大学体育学部の出身。

知美(さとみ)さんも身長170センチ高校時代はバレー選手。大学ではライフセービング部に所属し、スポーツマネジメントを学んでいたそうで、リーチ・マイケル選手と同じくかなりのアスリートのようです。

リーチマイケルの嫁(妻)知美さんとの馴れ初め

では、気になるリーチマイケル選手と妻の知美(さとみ)さんの馴れ初めは一体どのような感じだったのでしょうか?

こちらに関しては、以前知美(さとみ)さんがテレビに出演した際の動画や記事のインタビューでで語られています。

もともと背の高い子が好きだったマイケル選手。
そんな時、大学1年生のときに構内で知美(さとみ)を見かけたのが最初の2人の出会い。

しかし、この時に2人の距離が縮まることはなく、2人がちゃんと話したのは大学3年の時。

3年のときに同じ授業になって、教授にレポートを提出しろと言わたそうなのですが内容がわからなかったリーチマイケル選手。

たまたま前に座ってた知美(さとみ)さんに「何についてのレポートですか」って聞いたそう。

リーチマイケル 嫁

話したことはないにしろ、お互い面識はあり、マイケル選手のことも知美(さとみ)さん。
てっきりマイケル選手のことを日本語が話せないと思っていたそうなのですが、驚いて「日本語、しゃべれるんだ!」っと話したことがきっかけだそう。

マイケル選手は一目見た時から、ずっと知美(さとみ)さんに好意を抱いていたそうなのですが、すらっとして綺麗な知美さんにずっと話しかけられなかったそう。

しかし、知美(さとみ)さん自身もマイケル選手のことを話しやすい人だな〜っと徐々に好意を抱き、部活での愚痴をひたすら黙って聞いてくれたり、2人でお酒を飲みに行ったそうです。

それをきっかけに、2010年の大学3年の秋に交際が始まりました。
そして、次の年の2011年の1月には結婚を決めていたとマイケル選手と知美(さとみ)さんは語ります。

若気の至りと笑いながら話していましたが、その決断に迷いはなかったそうです。

リーチマイケル 嫁

多くの大学生は自分を良く見せようと、見栄を張ったりカッコつけたりしますが、マイケル選手にはそれがなく、「こんな素直な人がいるんだ!」という衝撃が知美(さとみ)さんが付き合うことを決めたきっかけとも語っています。

また、マイケル選手自身も当時はキャピキャピ系のギャルが流行っていたそうでしたが、そういうのが苦手で、普通なところにも知美さんに好意を抱いたこと。

そして物を欲しいとかも言わないというような部分にも惹かれたと語っています。

素朴で家庭的な知美(さとみ)さんはまさにマイケル選手の理想の女性だったのでしょうね。

スポンサーリンク

リーチマイケルの嫁(妻)知美との間には子供も誕生

2013年11月には長女であるアミリア真依ちゃんが誕生。

ハーフということもあり、目もぱっちりしてめちゃくちゃ可愛いですね!
アスリート同士の子供でしかもハーフ。

将来はスポーツの道に進んだら大成する匂いがプンプンしますね〜(笑)

妻の他に娘という守るものができたことで、ラグビーに懸ける思いはより一層強くなったのではなったことでしょう。

そして、この娘の誕生がマイケル選手のラグビー選手生活に良い影響を与えていることは間違い無いでしょうね!

嫁(妻)知美は現在リーチ・マイケルの経営するカフェで働く

リーチマイケル 嫁

マイケル選手は自らのコーヒー好きもこうじて、経営のノウハウなどを勉強し、2015年の7月に東京都府中市内の東芝グラウンドに程近い場所にオーナーとしてカフェをオープン。

店名は「ニュージーランドの(国際電話の)国番号」の+64から命名した。「Cafe+64」

そして、このカフェで知美(さとみ)さんは手伝いで店に出ることがあり、違った側面からも夫をサポートしています。

リーチマイケル 嫁

しかし、知美さん自身もコーヒーが好きなのでしょうね。

リーチ マイケル選手と奥様のリーチ 知美さんがニュージーランドの文化や食事を体感して欲しいとオープンしたお店と紹介がある通り、知美さん自身もニュージーランドの食文化に興味を持っているようですね。

そんな夫の興味のあるものに自ら進んで興味を持つ。
そういうお互いのことを理解し合い、共有し合えるものを持っていることからも、リーチ夫妻の仲の良さが伺えますね!

リーチ・マイケルの嫁(妻)知美は活躍の影の立役者

リーチマイケル 嫁

高校生の時から日本で暮らし、様々な困難やストレスを乗り越えてきたマイケル選手。
異国で暮らす不安は想像を絶するものだったことでしょう。

そんなマイケル選手にとって、早くから知美さんという伴侶を見つけたことは精神的な支えになったことは間違いないでしょうし、異国の地でのラグビー選手生活においてさらに追い風となったことでしょうね!

2013年には度重なる怪我でほとんどプレーできず、一度はラグビーを辞めようかと思ったこともあったそう。しかし、妻の里美さんの支えによって見事復活。

そんな知美さんなくして今のリーチ・マイケルはない。

そう言えるほど、リーチ・マイケル選手にとって里美さんの存在は人生における影の立役者とも言えるのはないでしょうか。

これからも、夫を支え活躍する姿を支えていってもらいたいですね!

違和感がありすぎ!ラグビー日本代表が外国人だらけなのはなぜ?

2019.09.11

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です