ヴァニラの元の顔が超別人!?整形前はブスでいじめにあった壮絶な過去….

ヴァニラ 元の顔
スポンサーリンク
 

“整形サイボーグ”という異名で世間をざわつかせる、ヴァニラさん。

その完璧なまでの整形による美を追求したルックスのヴァニラさんですが・・・
整形前の元の顔って一体どんな顔してるんだろう・・・?

なんてめっちゃ気になりませんか?
今回は、そんなヴァニラさんの整形前の元の顔を整形をするきっかけと共に詳しくご紹介したいと思います^^

スポンサーリンク

整形でフランス人形みたいと話題のヴァニラ

名前 ヴァニラ
本名 水野乃里江(みずの のりえ)
性別 女性
生年月日 1986年5月31日
身長 152cm
出身地 広島県

なんともヴァニラさんはキャラ作りをしているようで・・・

公式では年齢はルイ17世、出身地はベルサイユ宮殿だそう(なんだそりゃw)
しかし、西暦は1986年と公表しています。

西暦だけ忠実ですねw

本名ですが、前に同級生の書き込みや、そして自身が以前に本名で活動してたブログから水野乃里江と特定されており、年齢、出身地もバレています。

スポンサーリンク

ヴァニラの元の顔が別人過ぎる・・・・

 

ヴァニラ元の顔

ヴァニラ 元の顔

さて、そんな気になるヴァニラさんの元の顔って一体どのようなお顔をしているのでしょうか?
こちらが整形前の学生時代の元の顔の画像です。

かなり今と違う、というか全くの別人ですね〜。

ヴァニラさんの整形前の元の顔は素朴な感じでかなりの日本人顔のように思います。

ヴァニラ 元の顔

こちらは中学生の時の一枚。
かなりリアルな画像ですね….

ヴァニラ 元の顔

現在と比較しても一目瞭然。
というかもはや原型を留めていません…(汗)

初めての整形は高校を卒業してすぐの18歳の時だそうです。

バイトして貯めた7万円で二重の手術と豊胸手術。
これがヴァニラさんの最初にした整形だそうですね!

整形途中(2009~2010年頃)のヴァニラ

ヴァニラ 整形 こちらは水野乃里江の本名で活動していた時期の自身のブログで掲載されていた画像です。

2009年〜2010年ぐらいの時なのでヴァニラさんが23~24歳の時ですね。
キャバ嬢時代でしょうか?

正直今よりもかなり人間味がありますね〜。

この時も全然可愛いですね!
というかむしろこの時の方が…..

おっとここまでにしておきます(笑)

この時はまだまだ今のヴァニラさんに比べて整形途中の段階でしょうね。

ここから10年ほどの年月をかけて、今のフランス人形へと変貌していくのです。

こちらが今の半最終形態と言っても良いヴァニラさんの現在。
まあ、こちらはこちらでめっちゃ可愛いんですけどね!笑

ヴァニラが元の顔から整形を決意した理由が悲し過ぎる・・・

さて、そんなヴァニラさんはなぜ?一体ここまで整形にこだわるようになったのか?
その理由にはヴァニラさんの壮絶な過去がきっかけとなっています。

これに関しては、ヴァニラさんの自身のyoutubeチャンネルで語っています。
それらを詳しく今からお伝えしていきましょう。

「ブス」が理由でいじめ

そんなヴァニラさんの人生に「整形」が関わることになったきっかけは幼少期に遡ります。

両親が家を建てたのをきっかけに小学校を転校、そこでひどいいじめが始まりました。

その原因は転校生ということや、都会から田舎に引っ越して家を建てたということもあり、変に目立ってしまった。
というのもあったそうですが、それ以上にヴァニラさんの容姿をに対する原因が大きかったようです。

本人曰く帰る時に廊下に全員並んでいる、男女から「ブサイク」とか「気持ち悪い」などといった容姿に対する罵声を一人づつ浴びせられていたと語ります。

もともと自分の顔が好きではなかったヴァニラさん。

周りからもそういう風に言われてますます自信を失っていきました。
そして、自分の容姿が「コンプレックス」へとなっていきます。

「小学校4年のときでした。友達に誘われて公園に行くと木の机があったの。そこに修正ペンで私の名前が書いてあって、全面に“死ね!”と……。ショックで唖然となりましたね」

母親の恵美子さんも、娘へのいじめに気がついていた。

「小学校のとき、体操服を汚して帰ってきたのを見て“ひょっとしてこれは……?”と思ったことはありましたね。登下校のときに、陸橋で男の子から空き缶を投げつけられたのを見たこともあります」

https://news.livedoor.com/article/detail/16974621/より引用

父親に言われた「ブス」発言

さらに、いじめを受け、精神的がボロボロのヴァニラさんに追い討ちをかける出来事が。

それが、父親から言われた一言です。

学校での、容姿に対するイジメ言葉に耐えかね、思わず家族の前でそのことをこぼしてしまったときのこと。
父親から返ってきたのは、“本当にブスなんだからしょうがない! 整形でもするしかないだろ”

この一言はヴァニラさんの心を大きく傷つけました。

父親本人は、悪気はなく、冗談や励ましを期待しての愚痴だったのかもしれません。

しかし、純粋な子供心ながらに親だけは自分の味方をしてくれる。
そんなヴァニラさんの切ない思いは粉々に打ち砕かれ、ヴァニラさんはますます自己肯定感を失っていくことになります。

娘はこう語るが、母・恵美子さんの言い分は異なる。

「(夫は)仕事一筋の人で短気だし、娘に対してデリカシーのないところは確かにあったと思います。

でも娘にはいい部屋を与えたり、娘を愛して育てていました。典型的な昭和の男性で、根本には愛情があるんですが、表現が下手で、照れもあってひどいことを言ってしまうんです。“整形するしかない”という言葉も、軽口のつもりなのに、本人の心にはピシャリときちゃったんだろう、と」

日本の男性にありがちな、“家族ならわかってくれているはず”という誤解と、愛情の裏返しとしての暴言。だが、幼かった娘には、それが理解できなかった。

https://news.livedoor.com/article/detail/16974621/より引用

精神はボロボロ・・・そして整形を決意

そして、そんな精神的なダメージは自らの体調をも蝕んでいきます。
“親から愛されていない”そんな精神的なストレスからか、食事がまったくとれなくなってしまったこともあったそう。

「ご飯が全然食べられなくて、先生からは“このままでは死ぬよ”と言われたことがありました」そんなことを語るヴァニラさん。

あばら骨が浮くほどガリガリになり、病院に行くと、繊細な子どもが強いストレスにさらされると起きるメンタル系の病気である自家中毒と診断されました。そんな中で栄養補給は点滴だけが頼りだったと語ります。

そんな、幼少期に壮絶な経験を送ったヴァニラさん。
それと同時に自分の人生を変えるには「整形」しかない。

そんなことを決意します。
そして、その後は手術を重ね、今の理想であるフランス人形のような容姿を手に入れたヴァニラさん。

その整形の裏にはそんな想像を超える裏側があったようですね。

ヴァニラは整形で顔が変わっても心は綺麗なままだった

ヴァニラ 元の顔

ヴァニラさんにとって整形とは、大げさではなくまさに「人生を変える行為」そう言っても過言ではないでしょう。

それほど覚悟を持って臨んだ行為であり、そして、実際に整形で人生を大きく変えたヴァニラさんは世の中の多くの顔で悩み、整形で人生を変えたいと願う女性達に多くの希望を与える存在ではないでしょうか。

そして、ヴァニラさんの素晴らしいところは、そんなにいじめられてたのに性格が全然ひねくれてない所。
自身の動画を見ていても、その話し振りから非常に人間性の良さが滲み出ています。

「整形タレント」というのは好感度が低くなりがちですが、ヴァニラさんに関してはそのような声が全然ありません。

それはヴァニラさんの人間性が多くの女性を惹きつけている証拠であり、「整形によって人生を変える」という信念に共感されているからでしょうね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です