渋野日向子って一体何者!?wikiより詳しいプロフをまとめてみた!

スポンサーリンク
 

「全英AIG女子オープン」で日本勢として42年ぶりとなるメジャー制覇という歴史的快挙を成し遂げ、海外でも「スマイルシンデレラ」そんな愛称で海外でも一躍人気に火が付いた女子プロゴルファー渋野日向子。

しかも、そんな歴史的快挙を成し遂げた渋野日向子さんはまだ若干20歳ということにも世界中が騒然。

では、そんな彗星の如く現れた渋野日向子さんとは一体何者なのでしょうか?
今回は、渋野日向子さんについてwikiより詳しくまとめてみました!

スポンサーリンク

彗星の如く突如現れたシンデレラガール渋野日向子のwiki風プロフ

渋野日向子 wiki

プロフィール

名前:澁野 日向子(しぶのひなこ)
生年月日:1998年11月15日
身長:165 cm
血液型:AB型

経歴:岡山県作陽高等学校卒業
ゴルフ歴:13歳から〜
趣味:駄菓子を食べること。動画を見ること(特にEXILEの佐藤大樹が好き)
特技:習字、ソフトボール(ピッチャー)
好きな食べ物は:いちご、抹茶

 

性格が最高に可愛い!「スマイルシンデレラ」と世界から絶賛

渋野日向子 wiki

そんな渋野日向子さんの特徴はその「笑顔」
あまり表情を変えない女子ゴルファーが多い中、試合中もその表情を崩さずに常に笑顔。

そのアスリートらしからぬ天真爛漫な立ち振る舞いはまるで普通の女子大生を見ているよう。
その滲み出る性格の良さが、多くのファンを虜にしています。

最近、一番笑ったことは?という質問に対して「最近笑いすぎて分からない」
本人もそう答えるほど、笑顔が素敵な渋野日向子さん。

そんな渋野日向子さんに対して、海外メディアも大注目で「スマイルシンデレラ」という異名をつけられるほど。
ゴルフの実力だけでなく、そのキャラクターにも注目されています。

スポンサーリンク

19歳でプロ転向後そのあっという間に大ブレイク

渋野日向子 wiki

プロ転向後に1年でいきなり2勝を挙げる

2018年夏にプロテストに合格した渋野ひなこさん。
プロに転向したのはほんの1年前なのです。

そして、この1年間で2019年5月のワールド・サロンパス・カップで初優勝。
さらには7月に資生堂 アネッサ レディスオープンで国内2勝目を挙げました。

プロになったばかりで日本では2勝したとは言え、まさか全英女子オープンゴルフで、優勝することを誰が予想したでしょうか?

日本ツアーのプロテストに合格してまだ1年余りと急成長する20歳のホープ。

まさかの全英オープンで20歳で初出場初優勝

渋野日向子 wiki

そして、渋野日向子の名を世界に知らしめた、国内2勝を誇り乗り込んだ全英オープンでの優勝。
日本人としては男女通じて42年ぶりの快挙なのですが・・・

この快挙がどれくらい凄いかっていうと、これが漫画なら「さすがにリアリティなさ過ぎるわw」ってなってボツにされるくらい凄いです(笑)

つまり渋野選手は漫画の主人公超えてる。半端じゃない。
ゴルフ会100年に一度の大スター誕生だと思います。

渋野日向子がゴルフを始めたきっかけ

友人のお父さんがきっかけ

幼稚園からの友達のお父さんが今現在でも通っているゴルフ場のインストラクラターをしていて、そのゴルフ場で体験会があると誘ってもらったのがきっかけだったみたいです。

そして、それが楽しかったので始めたそうですね。

まさか、そんな女の子が8年後に全英オープンで優勝するとはそのお父さんも夢にも思わなかったでしょうね(笑)

今でもそのゴルフ練習場で練習する日々

渋野日向子 wiki

岡山県瀬戸内市にある「パルグリーンゴルフクラブ」
ここがゴルフを始めたきっかけになった場所であり、今でも日々練習している場所だそうです。

ここに来る常連のお客さんたちのほとんどが、渋野日向子さんの顔なじみだそうで、幼い頃から渋野日向子さんのことを知っているそうですね。

渋野日向子 wiki

自身のことを「おじさんキラー」と語る渋野日向子さん(笑)
ゴルフ場でもいろんなおじさんたちから声をかけられたり差し入れをもらったりしていました。

その天真爛漫な笑顔がゴルフ場でもおじさん達の癒しになっているのでしょうね!

「よく“おじさんキラー”って言われます」
ワールドレディス サロンパスカップ優勝前、国内ツアーでの知名度も徐々にあがり、会場でサインを求める人も多くなったのがこのころだった。その列に並ぶ人が、中年男性が多い気がしたこともあり、『40代くらいの男性が多いですね?』と聞いてみたら…“あっ!”というような表情を浮かべた後、笑顔で言ったのがこのセリフ。なんでも地元の練習場にいる、“おじさん”とすぐに仲良くなるそうで、地元の大会でも中年ファンからの声援がよく飛ぶのだとか。これからはさらに全国区の人気者になりそうですが、その時もおじさん率は高そう?

https://www.alba.co.jp/tour/news/article/no=131555?tourid=93128&cat=3&page=2より引用

 

渋野日向子は元々は野球少女だった

渋野日向子 wiki

ソフトボールで男子顔負けの実力の小学生時代

12歳でゴルフを始めた渋野日向子さん。
同時にソフトボールクラブの「平島スポーツ少年団」で、投手としてソフトボール一筋の野球少女でした。

その実力は、こちらの道でも素晴らしく、小学6年生の時には、ソフトボール投げで58mを記録し、県大会で2位になっているほど。

もともと運動神経がよかったという渋野日向子さん。打者としては左打ちで主軸を打ち、チームでは男子を含めても一番打率が高かったそうです。

中学でゴルフ一本に絞る

そんなソフトボールの方でも非凡な才能を見せていた渋野日向子さん。

中学に入っても女子でただ一人軟式野球部に入りました。
しかし体力差が出始めていていた矢先、中学2年の時にゴルフの岡山県ジュニア大会で優勝します。

これがきっかけで、軟式野球部監督の助言もあり、でゴルフ一本に絞ったそうです。

今でもゴルフよりソフトボールが好きでバットを振ってきた経験が生きていると語る渋野日向子さん。
このソフトボールの経験が今のゴルフ選手としての礎を築いたのは間違い無いでしょう。

また、2019年に国内ツアーで優勝した時に解説をしていた岡本綾子さんが渋野日向子さんのについてこう語っています。

「今日トレーニングしたからつく強さではなく、渋野さんには地金の強さがあります。4日間競技を平気で戦える体の強さを持っていますし、こういう選手はそうはいません。」

この体の強さも幼い頃からソフトボールで培われたものが活きているのでしょうね。

また、今でも「気分転換になる」とオフは毎週土日に少年団に参加してバッティングやピッチングの練習しているそうです。

■「ゴルフよりもソフトボールの方が好きです」
これもワールドレディス サロンパスカップ中の会見で発された言葉。小学校時代にゴルフと同時期にはじめ、今も地元の子供たちと一緒にソフトボールをプレーするという渋野。その“ソフトボール愛”を問われ、こう発言した。ちなみに来年の東京五輪での観戦も目論んでおり、チケットが手に入ったら「(ゴルフの)試合は休みます」とも話していた。

https://www.alba.co.jp/tour/news/article/no=131555?tourid=93128&cat=3&page=2より引用

渋野日向子の両親は両方とも元陸上のアスリート

渋野日向子 父親

両親は筑波出身のスポーツエリート

そんな渋野日向子さんの抜群の運動神経のルーツは両親にあります。

渋野日向子さんの両親は同じ筑波大学で両方とも陸上部に所属していました。
筑波大学と言えば、体育系の国立大学で最高峰の学校。

そんな大学の陸上部で父親の悟さんは砲丸投げと円盤投げで国体2位の成績の実力であり、母の伸子さんはやり投げで高校総体出場の実力者。

そんな2人の間に3人姉妹の次女として生まれたのが渋野日向子さん。
悟さんは「活発で運動神経はよかった」と振り返ります。

一時は自分と同じ陸上をやらせたいとも考えたそうです、「同じ競技をやっても面白くないし、やっぱり好きなことやらせたかった」と父親の悟さんは語ります。

笑顔のプレースタイルは両親のおかげ

渋野日向子 wiki

そんな渋野日向子さんが打ち込んだのはゴルフとソフトボール。

ゴルフの経験がなかった両親は、「競技に対する心構えや体の調整方法」など、技術的なこと以外のアドバイスしかできなかったといいます。

しかし、そんな両親は自身のアスリート経験を通して渋野日向子さんにスポーツで最も大事な心構えを伝えました。

それが、「笑顔」です。
そう、この渋野日向子さんの代名詞と言える「笑顔」のプレースタイルは実は両親のアドバイスだったのです。

以前はパットを外したときなどに、ふてぶてしい態度をとることもあったという渋野日向子さん。
ゴルフの技術は教えられないが、その時には「あんまり見ていて気持ちよくないよ」と両親は伝えたそうです。

渋野日向子 wiki

「ダボを打っても腐ることなく笑顔でプレーしてもらえれば、見ている人も気持ちいいと思う」
そんな願いを込めて、プレー中も常に笑顔でいてほしいと願いを込めてアドバイスしたのです。

それを素直に受け入れ、実践した渋野日向子さん。

そして、それがプレーにもつながるという好循環。
今となってはその両親からの「金言」はどんなゴルフのアドバイスよりも渋野日向子さん自信を助けたアドバイスとなったことでしょう。

これからもそのプレースタイルを貫いて、更なる活躍をしてもらいたいですね!
応援しています!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です