佐々木朗希は父親が震災死の壮絶な過去。兄・琉希が父親代わりの育ての親だった

佐々木朗希 父親
スポンサーリンク
 

令和の怪物・佐々木朗希。

これからの日本球界、いや、世界に羽ばたくであろう日本球界の宝。
実はそんな佐々木朗希選手には、壮絶な過去があるのはご存知でしょうか。

それが、「父親の死」
この佐々木朗希選手は2011年に起こった東日本大震災で父親を失くしているのです。

この事実はあまり多くは報道されていませんが、ファンの間ではちょっと有名な話。
今回は、そんな佐々木朗希選手の父親とのエピソードについてお伝えできればと思います。

スポンサーリンク

佐々木朗希の父親は東日本大震災で無念の死を遂げる

佐々木朗希 父親

息子からも慕われていた父親

佐々木朗希選手の父親・功太さん(享年37)
いつもニコニコと朗らかで、3兄弟を愛し、愛された理想の父親だったと言います。

またスノーボードやジェットスキーを楽しむなどアクティブな趣味を持っていたという功太さん。
父親の背中につかまりジェットスキーを楽しんだこともいい思い出として残っているそうです。

また、佐々木朗希選手の父親の職業は、葬儀屋さんにお勤めだったようです。

葬儀屋さんの勤務は時間が不規則だったため、東日本大震災の当日の朝は父親とは顔を合わせずにそのままとなってしまったようです。

3・11が発生当日の悲惨なエピソード

そんな平和に過ごしていた一家にあの震災が襲います。

2011年の3月11日に発生した東日本大震災。

当時佐々木朗希選手が住んでいた陸前高田市は震災の影響をモロに受けた地域。
そして、東日本沿岸を襲った大津波は、陸前高田市のある三陸にも数え切れないほどの、深い悲しみをもたらした。

陸前高田で7人家族で平和に暮らしていた佐々木家にも。

震災当日、母の陽子さんは仕事で隣町の大船渡にいましたが、浸水で立ち往生を余儀なくされました。

そんなこともあり、母親と父親、そして息子3人は離れ離れになることに。
親子が会えない夜、不安が募ります・・・

翌朝5時には車で陸前高田へ出発。
普段は30分なのに、3時間近くかかったといいます。

佐々木朗希選手を含む3兄弟は高台の施設に避難し一夜を明かしました。
その後、無事に母親と3兄弟再会。

その不安から涙したと言います。

しかし、7人がそろわない。
父親の姿が見当たらないのです。

この時陽子さんは覚悟しました。
その後、父親の功太さんは見つかることなく大船渡の親族の家での、胸が張り裂けそうな5日間。

そして・・・父親が発見される

3月16日、電話が鳴りました。
電話の相手から、一言「見つかりました」

電話口の言葉を知った朗希少年が「見つかった!?」
と目を見開いたことを陽子さんは今でも覚えているといいます。

しかし、大人である陽子さんにはその言葉の意味はすぐに理解できました。
当時9歳の佐々木朗希選手には、7文字の深さを察することはまだ難しかった。

その後、功太さんの母である、佐々木朗希選手の祖母もその後、帰らぬ姿で見つかりました。
祖父はいまだ行方不明のままだといいます。

 

スポンサーリンク

佐々木朗希の父親が亡くなった後は兄が父親代わりに

 

佐々木朗希の兄・琉希の存在

佐々木朗希 兄

父親という一家の大黒柱を失った佐々木家。

そんな佐々木家を支えるため、責任感を人一倍持っていたのが長男であり3学年上の長兄・琉希さん。
現在、東北学院大学教養学部に在籍している大学生です。

この琉希さんが悲しみに暮れる佐々木家でいつしか父親の代わりを自然に担う。
という役割を担うようになったみたいです。

母親からは「父親代わりになりなさい」
などとは一言も言われていないにも関わらず、自然にそんな風になったといいます。

人一倍強い責任感や正義感を持ち合わせている長兄・琉希さん。

この長兄・琉希さんも大船渡高校の野球部であり、4番も任されることもあったといいます。

大船渡野球部OBで左翼手や遊撃手を務め、4番を打ったこともある兄・琉希さん。
そんな兄の存在は朗希にとっては目標の存在でもあったと佐々木朗希選手は語ります。

佐々木朗希選手が大船渡高校に進学した理由もこの長兄・琉希さんの影響も非常に大きいでしょうね。

佐々木朗希 兄

また、こちらが、佐々木朗希選手やその他の家族である母親・陽子さん長男・琉希さん、三男・怜希さんとの家族写真です。

この姿を天国にいる功太さんからもきっと見て喜んでいるでしょうね。

佐々木朗希の兄・琉希が厳しく接する

佐々木朗希 兄

そして、そんな兄・琉希さんは、父親としての役目を果たそうと、佐々木朗希選手に対して非常に厳しく接していたと言います。

父親の功太さんは長男である兄・琉希にはしつけの面で厳しくて、弟の朗希と怜希にはすごく優しかった。
そんなことを語る母・陽子さん。

父が亡くなってしまったので、その立場を兄・琉希がやろうとしていたのかもしれなかったとも母・陽子さんは語ります。

兄・琉希さんは佐々木朗希選手に対してプレー面でも「お前レベルの選手はたくさんいる」と褒めもせず、あえて突き放し続けたそうです。

しかし、それが佐々木朗希選手の最大の武器である「負けず嫌い」はこの、兄・琉希に育んでもらったと後に佐々木朗希選手は語ります。

また、上下関係が厳しくて、人に迷惑かけたりすると怒られた。とも佐々木朗希選手は語ります。

琉希がすごく弟の朗希に厳しく接していました。その反動で、朗希は常に兄を超えようとしていました。野球面でも生活面でも、朗希が兄から褒められたことを見たことがないですね。見ててかわいそうなぐらい朗希は、兄から言われてました。

琉希さんも大船渡野球部OBで、4番も任されることもあった。生活面に限らずプレー面でも「お前レベルの選手はたくさんいる」と褒めもせず、あえて突き放し続けた。そんなに弟へ厳しく接する兄に、陽子さんは夫功太さんの残像を見ていた。

https://www.nikkansports.com/より引用

佐々木朗希の父親の存在は今回の温存にも影響していたかもしれない

佐々木朗希 父親

今回の佐々木一家が震災被害にあって多くの家族を津波で亡くしたことはあまり多く報道されていなかったと思います。
心の琴線に触れる話題なので、マスコミは敢えて大会中には触れなかったのかも知れませんね。

佐々木朗希選手が、大阪桐蔭のスカウトを断って、三陸に残る事を決めたのも家族の死が大きく作用してかもしれません。

憎たらしい三陸の海。
でも三陸の海で育った人達には、三陸を離れられない想いもあるのかもしれません。

また、今回の佐々木朗希選手を温存させた国保監督はこの佐々木朗希選手のバックボーンを知っていたからこそ、絶対に無理はさせない。なんとしてもプロ入りさせ、亡くした父のためにも活躍させなければいけない。

そんな思いもあったのでしょう。
改めて、今回の監督の判断は本当に奥深いものがあったのだと感じました。

また、佐々木朗希選手自身もお父様を亡くされた事、決勝で負けた事、マウンドに上がらなかった事…
全てがこれからの成長の糧になるのではと思います。

この悔しさややりきれなさは次のステージで思いっきりぶつけてもらいたいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です