谷原章介の嫁・三宅えみは元美人タレント!いしだ壱成の元嫁で現在は6児の母親!

谷原章介 嫁 
スポンサーリンク
 

40代になった今なお、そのイケメンぶりで多くの女性ファンから人気を集める谷原章介さん。

そんな谷原章介さんは2007年に結婚し、多くの女性ファンから悲しみの悲鳴が上がりましたが・・・・

その谷原章介さんの奥さんって一体どんな方なのでしょうか?
こんなパーフェクト男を射止めた人物ってすごく気になりますよね。

今回は、そんな谷原章介さんの奥さんについて詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

2007年に嫁・三宅えみと結婚した谷原章介

谷原章介 嫁
2007年に結婚を発表した俳優の谷原章介さん。

お相手は元タレントの三宅えみさんで1977年12月19日生まれの2019年で現在42歳の女性。

結婚報道当時、三宅えみさんは妊娠中でいわゆる「できちゃった婚」
というそのイメージとはかけ離れた発表に世間を驚かせました。

また、三宅えみさんは再婚で3歳の息子がいる一児の母親。
出産後は一気に4人家族を支える大黒柱になることになった谷原章介さん。

しかし、この会見ではできちゃった婚であることに対して「(結婚と妊娠の)順番が間違ってしまい、すみません!」とその潔さに男気を上げることにもなりました。

スポンサーリンク

元タレントで谷原章介の嫁・三宅えみとは?

谷原章介 嫁

そんな三宅えみさんは1990年代〜2000年代前半にかけてタレントとして活動していました。
タレント時代はそこまで目立った活躍はありませんでしたがテレビなどにも出演経験があります。

今田耕司のシブヤ系うらりんご時代

谷原章介 嫁

三宅えみさんが初めてテレビに出演したのは若かりし頃の今田耕司さんの初の冠番組としてスタートした「今田耕司のシブヤ系うらりんご」という1995年3月27日から同年9月29日までフジテレビで放送されたバラエティ番組。

この番組は今田耕司さんと東野幸治さんのWコージと「うらりんギャル」と呼ばれる
というタレントの卵たちで構成された女性集団達と毎回面白い企画を行うという番組。

谷原章介 嫁

三宅えみさんはこの「うらりんギャル」のメンバーの一人でした。

この番組は平成のまだテレビの規制ががゆるい頃に放送された番組。

罰ゲーム企画は過激なものが多く、「抽選で選ばれた会場の男性客に抱きつかれ、胸を触られたりスカートをめくられるなど公開痴漢行為」「食い逃げ(店のほうには了承を取っている)」、「強制的に生引越し」ついには「子供におしっこをかけられる」などなど…..

今ではまず放送できない企画が多く、多くの抗議が寄せられた番組でもあります。

その過激さに、泣き出すうらりんギャルたちも多かったそう。

この番組を足がかりにタレントを目指すとしても、当時のうらりんギャルたちにとってはかなり過酷な番組だったのでしょうね…..

こちらが1995.09.10発売、うらりんギャルの1stシングル「ハマれ!ダーリン♡」です。

三宅えみさんは最前列の一番右で歌っています。(0:24秒〜が一番映ります)

この歌だけでなく、番組を通して常に最前列だったので、事務所も売り出したい女性の一人だったのでしょうね。

こちらの動画で今田耕司さんと三宅えみさんの絡みが見れます。

うらりんギャルにアンケートを取るという企画で「この中で三宅さんが一番可愛いと思う」
そんなアンケートで14人のうらりんギャル中で4人が三宅さんに票を入れていました。

こういうことからも、少なくともうらりんギャルのなかでも人気は「上の下」
のような立ち位置だったのでしょうか。

谷原章介 嫁

かなり薄顔の大人の女性って感じですね!

小雪さんみたいな雰囲気の女性のように思えますね。
その表情なんかを見ていても、かなりノリと愛想の良い女性のように思います。

ちなみに、このうらりんギャルには天然キャラで大ブレイクし、現在爆笑問題の田中裕二さんの妻である山口もえさんも在籍していました。

山口もえさんはこの「うらりんギャル」で一番の出世した女性ではないかと思います。

アイドルグループ「Pino」時代

谷原章介 嫁 三宅

また、このこのうらりんギャルの活動と同時期に長野かずえさん、小谷みさこさんとともに
「Pino」という期間限定のアイドル活動もしていました。

この「Pino」は森永乳業のアイスクリームのピノ(pino)のテレビCMのために結成された企画物のユニット。

1996年には1stシングル「イイジャン」を発売しています。

アイドルグループ「AMI」時代

谷原章介 嫁 三宅

しかし、「Pino」の活躍は期間限定のユニットということもあり、その活動は小規模で終わりました。

その後同年7月には、小谷みさこさん、吉田みかさんとともに、新たに「AMI」というアイドルグループを組み、シングル「黄色いサクランボ」をリリース。

しかし、このアイドルグループの人気はそこまで出ず、自然消滅する形になりました。

スポンサーリンク

いしだ壱成の妻だった谷原章介と嫁・三宅えみ

2003年に結婚いしだ壱成と結婚

そんな三宅えみさんですが2003年12月17日に石田純一さんの息子であるいしだ壱成だんと結婚しています。

その直後の12月19日には待望の第1子となる男児(息子)を授かっています。
いわゆる「できちゃった婚」でした。

2001年8月20日 大麻取締法違反により、起訴されたいしだ壱成さん。
謹慎中のいしだ壱成さんを元妻が親身になって支え、それがきっかけで交際に発展したようです。

2006年にいしだ壱成と離婚

しかし、2006年にいしだ壱成と離婚することに。
離婚原因は、いしだ壱成さんが「細かすぎる」こと。

「朝起きたらまず目の前にお水が置いてないといけない」

「水を飲み干したら今度はさゆを出す」

「シャワーを浴びている間にバスタオルとその日に着たい服を定位置にセットしておく」

などと細かく求めすぎていたことだといいます。

シャワー後に服が用意されていないなど、元妻がルールを破った場合には「全〇のまま無言でリビングに(立っていた)。というほどの亭主関白ぶり。

いしだ壱成さんの本人の口から、元妻には自分が定めた「7つの掟」を守るように要求していたのだそう。

その「7つの掟」とは、「サラダドレッシングを7種類用意する」、「帰宅時に45度の風呂を準備する」など、元妻にとっては負担のかかるものばかりでした。

それに嫌気をさし別れを切り出したのは三宅えみさんの方からだったと言います。

しかし、離婚協議でトラブルは生じなかったといいます。

「若かったっていうのもあって、
お互いに弁護士やら何やらを通さないで、本人同士で。家具は向こうが要る物を持って行って、
僕は残った物を」

とのちに雑誌の取材でで三宅えみさんが語るように、慰謝料や養育費については、
子どもの親権を母親が持つことと引き換えに「一切は払わないで大丈夫」。

その代わり、子どもと面会する権利は与えられていないことを明かしました。

谷原章介と嫁・三宅えみの馴れ初めは?

谷原章介 嫁 

「救命病棟」で谷原章介と出会い

谷原章介 嫁

さて、いしだ壱成さんと離婚をした2006年の翌年の2007年に三宅えみさんは俳優の谷原章介さんと再婚を果たしています。

結婚時の谷原章介さんは34歳。三宅えみさんは29歳。

出会いは2001年のドラマ『救命病棟24時』(フジ系)で共演したことで、その後友人関係から交際へと発展したそうです。

谷原章介さんは外科医・城島俊役、三宅えみさんは看護師・見城一恵役で出演していました。

結婚の決め手は「一緒にいて心地よかったということ」と答えています。

しかし、三宅えみさんは2度目のできちゃった婚ということもあり、谷原章介さんよりも、三宅えみのほうに「1度ならず2度目もでき婚かよ!!節操がない!!」という突っ込みが多数あったことも事実です。

【Q1 お付き合いのきっかけは?】
2001年にドラマ『救命病棟24時』(フジ系)で共演し、その後ちょくちょく連絡を取っていて、去年僕が舞台をやっていた時に、食事に行ってそれから徐々に・・・という感じでしたね。

https://www.oricon.co.jp/news/41279/full/より引用

いしだ壱成と谷原章介は元々深い仲だった?

また、このいしだ壱成さんと谷原章介さんは1995年10月~12月の放送ドラマ「未成年」(野島伸司監督)で共演して以来、かなり親しい仲だそうです。

三宅えみさんが離婚から再婚まで、ここまで早かった理由に、前々から友達だったという関係以上に、自分といしだ壱成さんの双方をよく知っていた人物。

というのも非常に大きな要因でしょうね。

恐らく、離婚の前からずっと谷原章介さんに相談とかもしていたのでしょうね。

また、現在のいしだ壱成さんと谷原章介さんはこのような関係でもこじれることなく、「養育費は父親を意識してしまうためいらない」「本当の父親をカミングアウトをするタイミングは谷原章介さんが決める」など2人の間で交わした堅い約束を決めているのだそうです。

普通は、谷原章介さんからすると複雑な立場だと思いますが、しっかり父親としての責任を果たそうとする谷原章介さんの行動は内面もイケメンすぎますね……

「章介さんと話して、“本当の父親が誰なのか子供に告白するタイミングは章介さんたちに任せる”と決めたんです。子供のためにも、(告白の時が来るまでは)自分の子供として、これから生まれる子供たちと変わらず育てたいとの思いが章介さんにはあったみたいです。

養育費についても“受け取らない”と言われました。やっぱりぼくが養育費を払い続ける限り、父親はぼくだという感覚になってしまいますからね。“つらいかもしれないけど、子供のことは自分たちのほうに任せてくれないか”と言われて。ぼくも小さい頃に(子供の立場で)経験したので、(継父となる)章介さんの大変さはすごくよく理解できました。だから、“ぜひそうしてください”とお願いしたんです」(壱成)

https://www.news-postseven.com/archives/20121130_157534.htmlより引用

 

現在は6児の子沢山の母親の三宅えみ

谷原章介 嫁 

そんな三宅えみさんですが、谷原章介さんとの間に5人もの子供を授かっています。

2003年12月に長男(いしだ壱成さんとの子供)

2007年10月に長女

2009年4月に次女

2010年10月に次男

2012年2月に三男

2015年4月に三女

8年間の間になんと5人もの子供を授かるハイペースぶり。

いしだ壱成さんとの子供を含めて3男3女の大所帯。
めちゃくちゃ賑やかな家庭でしょうね〜。

三宅えみさんの現在も昔の面影そのままに永作博美のようなすごく優しそうな綺麗な女性ですね!

色々波乱万丈な人生を送られている三宅えみさんですが、今は子宝に恵まれ、すごく今はすごく幸せな人生を送られているのではないでしょうか。

これからも、子育てを頑張りつつ、谷原章介さんを支えていってあげてもらいたいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です