村上宗隆の覚醒の秘密はタイミングにあった!なんjで騒がれた若き天才

村上宗隆 覚醒

清宮世代のもう一人の怪物。

それが村上宗隆。
高卒2年目ながらすでに20本塁打を放つなど、早くもその怪物ぶりを発揮。

間違いなく将来の日本球界を担うであろう逸材。
2年目ながらその覚醒ぶりに驚いている野球ファンも多いでしょう。

では、今回はなぜ?そんな村上宗隆選手が2年目ながら覚醒できたのか?
そんなことがなんjでも非常に騒がれていますね!

今回はその秘密をご紹介したいと思います。

菊池雄星の嫁(深津瑠美)はお金目当ての結婚?整形で大変貌を遂げた美女の真の姿とは?

2019.07.13

将来の日本球界を担う逸材・村上宗隆

プロフィール

名前:村上宗隆(むらかみむねたか)
生年月日:2000年2月2日
出身:熊本県 熊本市
学歴:九州学院高等学校
プロ入り: 2017年 ドラフト1位

熊本の強豪・九州学院高等学校では1年から一塁手のレギュラーに定着。

甲子園に出場したのは1年夏のみで、3番打者として出場するも無安打で初戦敗退。

しかし、その打撃力は全国でも有名で“肥後のベーブ・ルース“と呼ばれ、通算52本塁打を放っています。

そして、2017年10月26日のドラフト会議において、抽選で清宮幸太郎を外した東京ヤクルトスワローズと読売ジャイアンツと東北楽天ゴールデンイーグルスの3球団が競合。

抽選の末に東京ヤクルトスワローズが交渉権を獲得。

指名時は捕手でしたが、捕手としての守備には期待されておらず、打力を期待しての獲得であったことから即座に内野手にコンバート。

登録も内野手での入団でした。

衝撃のプロ初打席

そして、この村上宗隆選手の怪物を象徴するのがルーキーイヤーの初打席。

2018年の9月16日に一軍昇格後に早速6番・三塁手で先発出場。
初打席初本塁打を記録しました。

しかも、その打席での内容も素晴らしく、2ボールから速球を2球フルスイングでファールして追い込まれてからの変化球を捉えています。

高卒ルーキーの初打席じゃないですね,,,,,,(苦笑い)

高卒1年目とは思えない堂々たる風格。
この初打席でヤクルトのこの先10年以上の4番には困らなさそう。

そう安心したヤクルトファンは多いのではないでしょうか(笑)

ちなみに、高卒新人の初打席本塁打は2017年の細川成也(DeNA)以来7人目で、チームでは廣岡大志に次いで2人目。

なお、この本塁打は2000年生まれ選手の初本塁打となったそうです。

高卒2年目で2桁HR

村上宗隆 覚醒

オープン戦から結果を残し、6番・三塁手で自身初となる開幕スタメンを勝ち取りました。

そして、2019年5月11日の巨人戦で2リーグ制後では史上18人目となる高卒2年目以内での2ケタ本塁打となる10号本塁打を放ちます。

チーム38試合目での到達は高卒2年目以内では最速。

2019年の5月12日の巨人戦でプロ入り初の4番に座るなど、10代にして早くもヤクルトの打線を担う存在へと変貌。

早くも覚醒したスター誕生にヤクルトファンだけでなく全てのプロ野球ファンこの村上宗隆の今後の成長を楽しみにしていることでしょう。

高卒2年目で早くも覚醒!村上宗隆の覚醒の秘密とは?

そんな村上宗隆選手が今年覚醒した理由。
それは一体何なのでしょうか?

実は、それにはれっきとした理由があります。
それを今からご説明していきましょう。

覚醒の秘密はこれ!足を上げるタイミングを変えた

村上宗隆 なんJ

きっかけは2019年の4月9日の広島戦。

相手投手は2018年に11勝を挙げた広島の投手の主軸ジョンソン投手。

この試合で村上宗隆選手はあることを変えます。
それが、『足を上げるタイミング』

シーズン開幕のオープン戦までは相手投手が投げ始めてから足を上げていた村上宗隆選手。
この4月9日の広島戦で相手投手が足を上げた瞬間に足を自分も上げる。

いわゆる『始動』を早くした結果、格段にバッティングが変化しました。

村上宗隆 なんJ

このタイミングの取り方に変えたところ、格段にタイミングを取りやすくなった。
これにより、ボールが見えやすくなったと語っています。

この足を早く上げたこと=始動を早めたこと

これにより、『準備の時間』がしっかりと作れてボールがしっかりと見えるようになっただけでなく自分のスイングができるようになった。

それがこのホームラン量産に繋がっているのでしょう。

山田哲人からヒントを得た?

村上宗隆 なんJ

また、この『タイミングの取り方』
をかつて変えたことで大覚醒した選手がこのヤクルトにもう一人います。

それが山田哲人選手です。
山田哲人選手の活躍は野球ファンなら説明はもはや不要だと思います。

山田哲人選手も正確に言うと、『始動を早くしたこと』が覚醒へと繋がりました。

山田哲人選手の場合、足を上げる前に構えの段階でバットを一塁ベンチの方に少し倒してバットをチョコンッと立てる仕草

そんなフォームで有名ですよね。

このバットを立てる仕草は『タイミングを取る』ことに非常に効果的でした。

山田哲人選手もこの動作で始動が早まったことにより、タイミングが取りやすくなったでけでなく、ボールが見えやすくなり、ボールのインパクトの瞬間に最高スピードでバットを持ってこれるフォームへと変貌しました。

そして、この2人に共通すること。
それが『始動を早めたこと』なんですね。

また、余談ですがこの村上宗隆選手。
足の上げ方も若干山田哲人選手に似ており、そういう部分でも山田哲人選手を参考にしたのではないでしょうか?

同じチームメイトで毎日バッティングフォームを見ることが可能な環境。
教科書にするには十分すぎる人物でもあるでしょう。

ちょっとの差で格段に変わるのが野球のバッティング

村上宗隆 覚醒

野球を経験したことがない人は少し想像しづらいかもしれませんが野球のバッティング。
それは『ほんの少しの修正で格段に変化が起こる』ものでもあります。

それほど繊細なものであり、『バッティングは水物』などとも呼ばれています。

バットの構える角度を少し下げただけ・足の上げ方を少し変えただけ。
そんな素人からすればそれだけ?

なんて思う変化でで一気に首位打者を獲得した。
そんな例は山ほどあります。

そのプロ向きの性格も覚醒の秘密?

村上宗隆 覚醒

この村上宗隆選手の覚醒。
それは良くも悪くもアシストしているもう一つの要因。

それが『性格』ではないでしょうか?
それを象徴する2つのエピソードをご紹介したいと思います。

コーチの言うことは聞かない?

高卒ルーキーなら、いろんなコーチからアドバイスされることが多いプロ野球選手。

しかし、生真面目が故にあれもこれも聞いてしまい、自分自身を見失ってしまった。
そんな人も少なくはありません。

しかし、村上宗隆選手に関しては自分のバッティングを貫き。
自分のスタイルを頑なに貫くのだとか。

そもそも『言うことを聞かない』とコーチ陣に言われているほどの頑固さだそうです(笑)

「小川監督は『ゴチャゴチャ言うより、好きにやらせた方がいい』と。コーチに色々言われて自分の型を壊してしまう若手がいますが、村上は自分のバッティングを貫いてブレず、そもそも言うことを聞かない(笑)」(前出・記者)

https://bunshun.jp/articles/-/11947?page=2

 

チームでもお山の大将な振る舞い?

村上宗隆 覚醒

また、チーム内でも村上宗隆選手はルーキーらしからぬ態度でも有名だそう。

エラーをしてもケロっとしていていたり、年上の選手に物怖じせずに接しているそうで、そう言う部分からも大物ぶりを発揮しているそうです(笑)

プロの選手は図太いほど成功する。
なんて言われますがこの村上宗隆選手に関しても、もろに当てはまるのではないでしょうか(笑)

そういう意味でも、非常に将来が楽しみですね!

一方、守備はまだまだで、エラー6個はリーグワースト2位(5月13日現在)。「守備で迷惑を掛けている」が口癖だが、エラーしてベンチに戻っても悪びれず、平気な顔で素振りしているという。

「周りは、そうじゃないだろと思っているが、突っ込めない(笑)。ベテランの雄平がライトで好守備を見せると『ナイスプレー』って感じでグラブを叩くそうで、小川監督は『先輩相手によくあんなことできるよな』と苦笑いしていた。
性格は典型的な“田舎のお山の大将”。プロでもそのままやれているのは、彼の類稀な才能を周りが認めているからです」

https://bunshun.jp/articles/-/11947?page=2

『村上世代』へと呼ばれる日は近い?

村上宗隆 覚醒

村上宗隆選手は『清宮世代』と呼ばれるうちの一人。
高校時代を人気実力ともに牽引していたのが清宮幸太郎選手なのは間違いないです。

しかし、この『清宮世代』でいまトップを走っているのは村上宗隆選手なのは間違いないでしょう。

10代にしてすでにヤクルトの4番に座る村上宗隆選手。
この先三冠王・本塁打王・そしてメジャー挑戦。

その夢は果てしないものがありますね。
これからのご活躍を期待しています!

菊池雄星の嫁(深津瑠美)はお金目当ての結婚?整形で大変貌を遂げた美女の真の姿とは?

2019.07.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA